【みいの寿】山廃にごり「美田」2019年04月21日 08時15分

先日群馬で買ってきたお酒ですが、これは福岡のお酒です。

【みいの寿】山廃にごり「美田」

みいの寿の山廃にごり「美田」、初めて見たお酒です。栃木の有名な鳳凰美田ではなく、「美田」
蔵付きの乳酸菌を育てた天然乳酸を使用しているそうです。
精米歩合は70%、アルコール度数は14度、山田錦を使った山廃仕込です。

【みいの寿】山廃にごり「美田」の澱

この澱! 沈殿していて、ちょっと揺すったくらいでは混ざらない。
鳳凰美田のスパークリングと同じ感じですが、あれよりさらに澱が多い。

山廃のお酒は、とても手間がかかるとか、辛口の古典的な味…というイメージです。
蓋にガス抜き穴のあるシュワシュワ系とのことで、慎重に開栓。

開栓したらシュワシュワとともに澱が浮揚!

おおお、吹き出しはしなかったけど、開栓と同時にシュワシュワに押し上げられて澱が浮揚してきた!
とりあえずこのまま注いでみることに。

注いでもシュワシュワ♪

シュワシュワがそのまま~。これはワイングラスに注いだほうが良かったかも!?
酵母が生きてる感半端ありませんね。

飲んでみると、フレッシュ~、でも甘すぎず、澱の苦味と辛さもちゃんと出ています。流石に澱が混ざりすぎてトロ~リ感が強い。
もう少し落ち着かせると、上澄みだけだと甘みが強く、いかにもフレッシュなお酒ですが、澱と混ぜることでバランスが絶妙に。

度数が低いのも相まって、スイスイ飲めちゃう系です。
この銘柄は、そんじょそこらじゃ買えなさそうなので、次出会えるのはいつになるやら。

【高井】巌(いわお) 雄町六十%純米原酒 瓶燗火入れ2019年04月04日 06時37分

先日群馬に行った際に買ってきたお酒。
地元以外のお酒も充実したお店でしたが、やはり地酒でしょうということで買ったのが、「巌(いわお)雄町六十%純米原酒 瓶燗火入れ」

巌(いわお)雄町六十%純米原酒 瓶燗火入れ

精米歩合は60%で、ぎりぎり吟醸酒に入るはずですが、あえて吟醸とは謳っていないようです。
酒米は雄町、無加水の原酒で火入れです。7号酵母系の協会701号酵母使用。

巌(いわお)雄町六十%純米原酒 瓶燗火入れ

瓶の蓋がとても硬い! でも吹き出し系ではないですよ。火入れですから。

口当たりはキリッと辛口ですが、余韻は柔らかい。華やか系ではなく、落ち着きのある辛さ、甘さ、香り。
甘さは程々で、いわゆる昔ながらの日本酒に近いですが、ただ辛いだけではなく、口当たりはまろやか。仕込み水がまろやかさを引き立てているのか?

ちなみに冷酒でも美味しかったのですが、これは燗にしても旨そうだと思ってやってみたら正解でした。
冷酒でも燗酒でも行けます。燗にしても変な癖がなく、力強いのにスーッと余韻が引くのが良いです。

【小林酒造】鳳凰美田 ワイン酵母スパークリング 純米吟醸2019年03月29日 06時15分

2月に栃木で購入した、鳳凰美田のスパークリング。
時期限定で、お店の方にも、すぐ売り切れます、と言われたこのお酒。

【小林酒造】鳳凰美田 ワイン酵母スパークリング 純米吟醸

ワイン酵母を使用した日本酒。

ワイン酵母を使用した鳳凰美田

ついに開栓のときが。

見事な澱

どうですこの澱。ちょっとやそっとじゃ混ざりません。
というより、お店の人には、吹き出し系なので混ぜないで、ゆっくり時間をかけて開栓してくださいとのお達し。

なので、ソロ~リ、ソロ~リとゆっくり開栓。


一瞬シュワーと来たような。


あれ?


あれれ?


あれれれれ?


吹き出さずに開栓できました(汗


もしや、少し時間を置きすぎたか?


ということで、若干拍子抜けしつつも、まずは上澄みをゆっくりと注ぎました。


鳳凰美田スパークリングの上澄み

上澄みの時点で、濁っていますね。

上品な香りです。芳香は爽やかで癖がない。
一口含むと、爽やかな甘さと、ほんのり辛さの後に、上質な余韻が。

ワイン酵母と言うと、以前長野の小布施ワイナリーが作ったワイン酵母の日本酒を飲んだことがありますが、あれとは全く別物。
ワインを彷彿とさせる酸味ではなく、日本酒そのものの酸味で、言われなければワイン酵母を使った日本酒とは思わないでしょう。

シュワシュワは若干残っていましたが、このお酒はもう少し早めに飲んだほうが良かったかな?


とにかくガス抜きはされていたので、次はやや温度が上がったのを見計らって、澱を混ぜて飲んでみました。

澱を混ぜた

完全な濁り!
とにかく澱が固まって混ざりにくい。

むむ! 普通澱を混ぜると、苦味が増す場合が多いのですが、こちらは甘さが増しました。
しかし強い甘さではなく、あくまで上品。温度が上がると甘みが増しますが、同時に辛さも増して、あくまでもバランスは保たれます。
強すぎることのない甘さと辛さ、そしてすっと引いていく余韻もよい。
これはベストなお酒です。

惜しむらくは、期間限定でまずも少ないので、なかなか手に入らないこと。
ぜひ来年の1月、また買って飲んでみたいお酒です。


日本酒定例会2019年03月17日 08時07分


いつものお店です。
先日金曜日に行ってきました。

写真の天青 千峰 純米吟醸は締めに飲んだお酒。九号酵母使用。

グッとくる深みのある味わい、苦味も程々あるので、スーッとキレていく感じです。

このお店のお酒はどれも外れがないのですが、一際印象に残るお酒でした。

【小林酒造】鳳凰美田 初しぼり 純米吟醸酒2019年03月06日 06時39分

【小林酒造】鳳凰美田 初しぼり 純米吟醸酒

栃木で買ってきた鳳凰美田(ほうおうびでん)の初しぼり 純米吟醸酒。

初しぼりは初めて飲みましたが、開栓初日の冷やした状態では、正直薄味。
スーッと入っていく印象ですが、美田らしい華やかな甘さと辛さのバランスが薄い。
若いお酒だなぁと思いましたが、温度が少し上がると、俄然味が出てきました。
このお酒は冷酒で飲むより、少し置いて温度を上げたほうが、味わいがしっかり出てくる印象です。

そして、2,3日経過すると、俄然鳳凰美田らしい華やかさが出てきました。
そうそうこれこれ、って感じです。

なるほど、最初から鳳凰美田らしさを味わいたければ、定常的に販売されているものを買ったほうが良いですね。

もちろん、これはこれで変化を楽しめるお酒として良いです。

【飯沼銘醸】姿 Black Impact 純米吟醸生原酒2019年02月28日 06時40分

【飯沼銘醸】姿 Black Impact 純米吟醸生原酒
前日妻の直栃木に行った際に買ってきたお酒の1つ。

栃木市の飯沼銘醸、姿 Black Impact 純米吟醸生原酒です。

どっしりとしています。
生原酒らしく、加水していないため濃いです。
開栓後一口目は、独特の味でした。甘さより辛さがでてきますが、日本酒度はそれほど高くなく、淡麗辛口ではなく饒舌辛口? 後味の苦味もやや強め。

独特の味でしたが、2,3日経過し、やや常温に近い温度で飲むと、どっしり感は相変わらずですが、米の甘みと辛さ、後味の苦味のバランスが良くなりました。

これは酒好き向けな商品ですね。

【千代むすび酒造】千代むすび 一際 特別純米2019年02月08日 06時29分

【千代むすび酒造】千代むすび 一際 特別純米

技術展の帰りに寄ったお店で飲んだ1本。

千代むすびの一際(ひときわ)、初めて飲みましたが、一口含むと華やかな甘さなのに、スーッと引いていく。
芳醇な方かと思いますが、後味はわりとすっきり。

これは素晴らしいお酒です。

【松屋酒造】流輝 純吟 初搾りおりがらみ生2019年02月05日 06時37分

【松屋酒造】流輝 純吟 初搾りおりがらみ生
群馬の流輝(るか)の新酒♪

流輝のおりがらみに間違いはありません!

フルーティな甘さがまず来るのはもちろん、後味はしっかり辛さと苦味も出ていて、絶妙バランス。
甘すぎることは決してなく、ギリギリの線でバランスを保っています。
スイスイ飲めます。
開栓初日はごく僅かなガス感も残っていて、これがまたキレ感を出していますが、ドライ系なキレ味ではなく、後味を長引かせない、といった言い方が適切かな?

まあとにかく美味いです。
流輝のおりがらみは、味の七変化で楽しめます。このあとの変化が楽しみなお酒です。

【大和川酒造店】弥右衛門 純米吟醸 寒月2019年02月03日 06時29分

【大和川酒造店】弥右衛門 純米吟醸 寒月
なんとも生活感のある背景ですが(笑)、それは置いといて、弥右衛門 純米吟醸 寒月をいただきました。

火入れ酒ですが、割と変化が楽しめます。
初日は辛さと甘さのバランスが絶妙、香りは華やかではないですが、押し付けがましくない程度の爽やかな感じ。上品です。

そして日が経つと、甘さ味が引き立ってきます。それも、いかにも甘い~という感じではなく、あとに惹かないスッキリ上品な甘さ。辛さより甘さが出てくる感じですね。

あとにひかないので、食中酒にぴったりです。

【朝日酒造】純米大吟醸「洗心」2019年01月26日 06時43分

【朝日酒造】純米大吟醸「洗心」

職場の先輩から頂いたお酒です。

朝日酒造という酒造名そのものよりも、「久保田」といったほうがわかりやすいでしょう。
そう、有名な日本酒「久保田」を出している朝日酒造の季節限定酒が、この純米大吟醸「洗心」です。

https://www.asahi-shuzo.co.jp/season/senshin/

久保田の萬寿より高価な、四合瓶でなんと5千円!
普段一升瓶で3千円前後のお酒しか買わない自分としては、高級酒です。

精米歩合は28%と、削りに削っています。
一般的にここまで究極に削ったお酒は、獺祭に見られるように、ややスッキリしすぎるきらいがありますが、この「洗心」に関しては、精米歩合から感じるほどはすっきり系ではなく、割とどっしり(精米歩合にしては)です。

もちろん、何も情報なく飲んだならば、大吟醸らしいしっくりした味わい、と言えますが、しっかり感もあって、良い意味で日本酒らしい。

口に含んだ瞬間は淡麗なのですが、後味がしっかり日本酒、それでいて辛すぎない。

純米大吟醸は値段の割に…と思うことが多い自分も、これはなかなかと思います。
そしてスイスイ飲めてしまう。


ただ、自分でこの値段を出して買うかというと…そこまではないかなぁ。
というのがこの商品に限らず、この値段の日本酒に対する感想です。

酒でも食べ物でも、最後は個人個人の好みなので、値段と味は比例しないのです。
金持ちのトランプ氏がマック好きなのもそういうこと(笑