セスナT206H2018年04月24日 07時03分

先日日曜日、上空を何度もセスナT206Hが行き来していたのでパチリ。

セスナT206H

さすがにLUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH.の望遠側、35mm判換算280mm相当では、豆粒です。
というか、1000mm以上の望遠でもこの距離では無理ですね。

セスナT206H トリミング

等倍切り出しすると、機体の形は何となくわかりますが、レジ番号までは識別できません。
それでも、ローパスフィルターレスのGX7MK2だけあり、マイクロフォーサーズの小さなセンサでも、ここまで解像感があるのですね。

【百里基地】18/4/2の記録32018年04月07日 08時05分

この日はランチェンもなく、アラハン前は離陸前の機体が並んでは飛ぶ、あるいは着陸のアプローチのみの写真となりました。

302SQのF-4EJ改

●F-4EJ改(97-8417)
F-4EJ改(97-8417)

カッコイイよねえ。

302SQのF-4EJ改

302SQのファントム、来年度はF-35Aへの機種改変に伴い、三沢に移動と言われていますので、オジロファントムも今年度が最後になるのか?

この日はタッチアンドゴーを繰り返していました。

F-4EJ改(97-8417)


もちろん百里といえば、301SQも。

301SQのF-4EJ改



さらに501SQのRF。こちらはRF-4EとRF-4EJ。

501SQのRF-4E


救難のU-125Aとオジロファントムコラボ。

●U-125A(02-3015)
U-125A(02-3015)


●F-4EJ改(37-8320)
F-4EJ改(37-8320)

現役EJ改古参となる320号機、御年45歳。どうせなら50周年…は流石にないか。

●Tiger Air A320-200(B-50018)
Tiger Air A320-200(B-50018)

この3月末から定期就航した台湾のLCC、タイガーエア、派手な外装ですね。

Tiger Air A320-200(B-50018)

Tiger Air A320-200(B-50018)

Tiger Air A320-200(B-50018)

【百里基地】18/4/2の記録22018年04月04日 06時49分

百里基地の撮影スポットの1つ、アラートハンガー(通称アラハン)といえば、離陸前の航空機が反転する様子も見られるので、こうした正面写真も撮れます。

●SKYMARK B737-800(JA73NP)
SKYMARK B737-800(JA73NP)


続いては501SQのRFがタッチアンドゴー。

●RF-4EJ改(47-6335)
RF-4EJ改(47-6335)

桜と絡めてみましたが、いまいちでした…

RF-4EJ改(47-6335)


●RF-4EJ改(07-6433)
RF-4EJ改(07-6433)

この日はRFのEJ型が結構飛んでくれました。

次は洋上迷彩のRF。

●RF-4E改(47-6905)
RF-4E改(47-6905)

RF-4E改(47-6905)

こいつは露出が難しい。
ALQ-131(V)に3本タンクのフル装備でした。

天気予報は晴れだったのに、霞と雲で午前中はいまいちだったな。

【百里基地】18/4/2の記録12018年04月03日 06時35分

2月の写真を編集し終えるやいなや、またまた足を運んだ百里基地。今回はアラハンから。

●F-4EJ改(57-8356)
F-4EJ改(57-8356)

後ろちょっと切れちゃったな。
背景の桜とコラボ…と行きたいところでしたが、ここはそんなに咲いてないですね。

F-4EJ改(57-8356)

タイヤ煙祭り~。タッチアンドゴーで離陸。最近タッチアンドゴー多くやってますね。
再び着陸して…

F-4EJ改(57-8356)

また戻ってきました。
こちらのほうが、背景若干桜が多い? しかし天気が微妙でした。

F-4EJ改(57-8356)

先ほどとほぼ同じ位置でタッチダウンの煙~。

手な感じでまだボチボチ上げていきます。

【百里基地】18/2/15の記録82018年04月02日 06時32分

引張に引っ張りぬいた18/2/15の撮影記録も、今回が最後です。
って、また次の撮影に行くんですけどね。

最後は301と302SQのファントムで。

●F-4EJ改(97-8423)(97-8426)
F-4EJ改(97-8423)(97-8426)

F-4EJ改(97-8423)(97-8426)

F-4EJ改(97-8423)(97-8426)

ゲストの303SQのイーグルが降りてくる中、2機編隊で上がっていく301SQのファントム。
陽炎で解像度が出ていないのはご容赦。


●T-4(16-5670)
T-4(16-5670)

T-4も上がりました。後席には計器飛行用の赤幕がついていますね。


●F-4EJ改(87-8415)
F-4EJ改(87-8415)

F-4EJ改(87-8415)

続いて415号機も上がり、逆に降りてくるのが…

●F-4EJ改(97-8427)
F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

手前に降りてくてくれまして、アップで撮影。撮影しつつ、ファインダ越しに目にも焼き付けます。


●F-4EJ改(97-8423)
F-4EJ改(97-8423)

F-4EJ改(97-8423)

F-4EJ改(97-8423)

塗装の汚れ具合がまたカッコイイんだな。
423号機、上がってわりと早く降りてきました。


●F-4EJ改(97-8426)
F-4EJ改(97-8426)

F-4EJ改(97-8426)

コパイの目線いただきました(感謝!)

F-4EJ改(97-8426)

手前降りはついついシャッター枚数も多くなります(笑)

F-4EJ改(97-8426)


今度は302SQのオジロがタッチアンドゴーで上がります。

●F-4EJ改(37-8320)
F-4EJ改(37-8320)

F-4EJ改(37-8320)

現役のEJ改では古参機体となる320号機、飛ぶところを見られる期間は限られるかもしれません。
苦手な流し撮りですが、これはまあまあ上手く行った?


●F-4EJ改(87-8407)
F-4EJ改(87-8407)

F-4EJ改(87-8407)


●F-4EJ改(97-8417)
F-4EJ改(97-8417)

F-4EJ改(97-8417)


最後に、301SQの415号機が降りてきて、この日の撮影を締めくくりました。

●F-4EJ改(87-8415)
F-4EJ改(87-8415)

タッチアンドゴーで一度上がり…着陸。

F-4EJ改(87-8415)

F-4EJ改(87-8415)

夕暮れ時のファントムイイなぁと、一人懐に入って百里を後にしました。

【百里基地】18/2/15の記録72018年04月01日 06時57分

年度始めです。
いやぁもう4月なんですね。桜なんかもうピークを過ぎています(笑
なのにまだまだ引っ張る2月の写真。ほとんど記録撮影みたいなものですが、F-35Aも配備され始め、ファントムもどんどん数を減らしているので、少しでも写真に収められたらと。

と言いながら、303SQのゲスト機のイーグルから。

●F-15DJ(82-8063)
F-15DJ(82-8063)

F-15DJ(82-8063)

F-15DJ(82-8063)

百里も午後2時を過ぎると、撮影地点からは順光になりますが、光線状態は機体の方向でコロコロ変わるので、ホワイトバランスとかが難しいですね。
無理に同じ色にはせず、基本AWBベースで少補正しています。

●F-15J(82-8897)
F-15J(82-8897)

午後はスッキリ晴れたけど、若干霞がかったりでした。ちょうどこの時はいい塩梅の空に。

F-15J(82-8897)

F-15J(82-8897)

エンジンテスト棟からのスモーク激しいね。


●F-15J(72-8885)
F-15J(72-8885)

よく見ると、奥の格納庫手前にAIM-9Lっぽいミサイルのキャプティブ弾が写っていますね。格納庫の中はボケているので、この写真はセーフかなと。


●F-15J(22-8813)
F-15J(22-8813)

ちょっとベイパーが薄かったな…

●F-15J(32-8819)
F-15J(32-8819)

F-15J(32-8819)

こちらはベイパーきれいに出てくれました。

F-15J(32-8819)


●F-15J(32-8816)
F-15J(32-8816)

F-15J(32-8816)


●F-15J(62-8878)
F-15J(62-8878)

878号機は、この日の撮影分では初めての掲載のようです。


●F-15J(42-8833)
F-15J(42-8833)

この時間の光線状態は難しい。霞が出始めている時期だったので、背景が映えず、モノクロ化してみました。

F-15J(42-8833)


あれれ、ファントムを上げられなかった。最終回はファントム掲載ということで。

【百里基地】18/2/15の記録62018年03月19日 06時42分

ああ、撮影から1ヶ月以上経過してしまったのね…

というわけで、ゆっくり現像しています百里基地シリーズ。

●UH-60J(SP)(58-4581)
UH-60J(SP)(58-4581)

Wipikediaによれば、空中給油プローブは588号機から、とされているUH-60Jですが、それより前の機体も改修されているようですね。

●F-15DJ(82-8063)とF-15J(22-8813)
F-15DJ(82-8063)とF-15J(22-8813)

小松基地のゲスト、303SQのこの2機が、上空フライパスしてタッチアンドゴーを行っていました。

F-15DJ(82-8063)とF-15J(22-8813)

F-15J(22-8813)

色が出なかったのでモノクロ化で誤魔化す(笑

●F-15J(22-8813)
F-15J(22-8813)

●F-15DJ(82-8063)
F-15DJ(82-8063)

DJ063号機はセンターにALQ-131(V)を搭載。


F-15J(22-8813)

F-15J(22-8813)


F-15DJ(82-8063)

F-15DJ(82-8063)

F-15DJ(82-8063)

光線状態でちょっと夕暮れチックな色になりますね。無理にWB補正せず。
ファントムもいいけど、イーグルもカッコイイぜ!

【百里基地】18/2/15の記録52018年03月06日 06時41分

ボチボチ上げていく百里の写真シリーズ。
もう今は帰ってしまいましたが、第303飛行隊(303SQ)のF-15を上げましょう。
午後になって、徐々に順光に近くなって、写真的には良かったのですが、この日は天気が良い反面風が強く、気温のわりに体感が相当寒かった…。

●F-15J(32-8816)
F-15J(32-8816)


●F-15J(22-8813)
F-15J(22-8813)

機番の若い機体が多いですね。ファントムも古い古いといいますが、イーグルも初期の機体は35年選手なわけです。
頑丈な機体なので、まだ機体寿命はあるのでしょうが、電子機材が古く、こちらも改修せずにF-35Aに置き換わるのではと言われています。
先ごろF-3戦闘機の国産化断念の話も出ていますが、F-3が国際共同開発になったとしても、イーグルの初期型に置き換えるまでには時間がかかりすぎ、恐らくはF-35Aになるのでしょうね。


●F-15DJ(82-8063)
F-15DJ(82-8063)

F-15DJ(82-8063)


●F-15J(72-8885)
F-15J(72-8885)


●F-15J(82-8897)
 ●F-15J(82-8897)


●F-15J(32-8819)
F-15J(32-8819)

A/Bの炎の輪っかがうっすら撮れました。
イーグルはパワフルでいいですね。機体性能はまだまだ一線級、電子機材の更新は高いのでしょうけど、何とかならないものかな?

この後無線を聞いていたら、ランチェンするとのこと。

●RF-4E改(47-6901)
RF-4E改(47-6901)

百里は21側から降りるのは少ないですからね。風は横風でしたが。

【百里基地】18/2/15の記録42018年02月27日 06時36分

ちょいちょい続けます百里の写真。

今度はオジロファントムの降りを。

●F-4EJ改(57-8367)
F-4EJ改(57-8367)

F-4EJ改(57-8367)

冬でも天気が良いので陽炎が出てきています。
手前に降りてくれたので、1枚目の写真もギリギリ陽炎の影響がない感じです。


●F-4EJ改(87-8407)
F-4EJ改(87-8407)

F-4EJ改(87-8407)

こちらはご覧の通り陽炎メラメラ、でもそれがまたいい感じ。機体の塗装が荒れているのもまた良い感じです。
AAM-3にAN/ALQ-131(V)を吊り下げています。ファントムは向こう10年内にF-35AライトニングIIに入れ替わるので、新人パイロット育成は行っていないようで、ベテランパイロット揃いと言われています。F-15J Pre-MSIP機相手であれば、良い勝負になりそうです。
もっとも、F-35Aが主流になれば、戦闘機の戦いも変わるでしょう。視程外戦闘のキルレシオは、よりレーダーの優れたF-15E相手ですら、16:1でF-35Aが有利だそうです。


●F-4EJ改(87-8417)
F-4EJ改(87-8417)

F-4EJ改(87-8417)

百里基地のタワーを背景に。
三沢にF-35Aが揃ってきたら、百里にはF-2Aが移転してきて、F-4EJは退役が進みます。その状況を撮っていければと思います。

【百里基地】18/2/15の記録32018年02月25日 07時00分

時間帯的に真っ青な空ではなく、イマイチ映えない色だったのでモノクロ化。

●F-15J(82-8897)
F-15J(82-8897)

この日は全部隊飛んでくれました。
百里といえば、501SQのRFでしょう。残り少ないフライトを目に焼き付け、カメラに残します。

●RF-4E改(57-6907)
RF-4E改(57-6907)

●RF-4E改(47-6905)
RF-4E改(47-6905)

すっかり定着した洋上迷彩RFもいいですが、やっぱりRFは907号機のような緑と枯れ葉色の迷彩が好きですね。


そして302SQも上がります。

●F-4EJ改(57-8367)
F-4EJ改(57-8367)

●F-4EJ改(87-8407)
F-4EJ改(87-8407)

T-4が見切れていますね。
天気は良いので、冬とは言え地表は陽炎が出て全然解像感が出ないですね。