2018年中央観閲式予行(その5)2018年10月13日 06時47分

続きです。

●F-2A
F-2A

●F-15J/DJ
F-15J/DJ


いよいよ初めて関東の空を飛ぶライトニングIIです!

●F-35A(69-8702/8704)
F-35A(69-8702/8704)

F-35A(69-8702)

なんと! 予想外の展開! ブレイクした。

F-35A(69-8702)

機首上げのまま…

F-35A(69-8702)

ギアダウンして超低速飛行。ものすごくゆっくり飛べるのです。驚きました。

F-35A(69-8702)

ギアダウンのまま再び会場に低速進入。


F-35A(69-8702)

F-35A(69-8704)

これ本番でもやるのかな? 本番見る方はご参考に。

続いて車両の観閲行進。

●96式装輪装甲車
96式装輪装甲車

●輸送防護車
輸送防護車

●3 1/2トントラック
3 1/2トントラック

こういうときしか見られない、トラックのオープン状態。

●地上レーダ装置1号(改)JTPS-P23
地上レーダ装置1号(改)JTPS-P23

●11式地対空誘導弾
11式地対空誘導弾

●不明車両
?

ウネウネパイプ

1トン半トラックに搭載されたこのウネウネパイプが何だか分からない。コメントに情報お待ちしております。


●偵察用オートバイ(KLX250)
偵察用オートバイ(KLX250)

●AAV7
AAV7

AAV7の隊員

●16式機動戦闘車
16式機動戦闘車の隊員

●89式装甲戦闘車
89式装甲戦闘車の隊員

●坑道掘削装置
坑道掘削装置

●NBC偵察車
NBC偵察車

●99式自走榴弾砲
99式自走榴弾砲

●10式戦車
10式戦車

●90式戦車
90式戦車の隊員

●AAV7
AAV7の隊員

以上、観閲式予行でした。

2018年中央観閲式予行(その4)2018年10月12日 06時59分

観閲飛行です。
まずは観閲飛行部隊指揮官機のCHから。

●CH-47JA(52983)
CH-47JA(52983)

●OH-6D
OH-6D

OH-6D(81288)

徐々に数を減らしつつあるOH-6D、OH-1は未だ飛べず、練習機はエンストロムで代替が始まっています。
このクラスの機体は練習機にも観測機にも最適と思うのですが、MD-500シリーズなんかも良さげなんですけどね。

●AH-1S
AH-1S

AH-1S(73449)

こちらも同様に退役が迫りつつあるAH-1S、AH-64Dアパッチは例の墜落事故があって未だ飛べず、後継機は決まらぬまま。
陸上自衛隊はヘリ部隊の危機なんて囁かれていますが、高価なオスプレイより先に買うものがあるのでは…。

●UH-1J
UH-1J

UH-1Jは後継機が同じUH-1系の富士/ベル412EPXの軍用型に決まっているので、こちらは安泰?

●UH-60JA
UH-60JA

UH-60JA(43105)

高価な機体であるJH-60JAですが、それなりに数を増やしつつあるのかな? この機体も長く使われそうです。

●CH-47JA
CH-47JA

CH-47JA(52956)

CHはこれからも長く採用されるので安泰かな。先ごろF型に準じた機体も納入されたようですし。


●LR-2
LR-2

●US-2(9901)
US-2(9901)

なかなか普段見れないUS-2、迫力あるね。

●P-3C(5095)
P-3C(5095)


●P-1(5517)
P-1(5517)

新旧哨戒機。P-3Cのほうがスマートな感じで好きだな…。P-1はずんぐり。

●C-2(88-1207)
C-2(88-1207)

C-2もこの角度で見るとずんぐりが強調されますね。

戦闘機以降は次回。

2006年11月3日の入間基地航空祭から2018年09月27日 06時36分

唐突にアップする一昔前の写真シリーズ(んなシリーズあったのか?

10年一昔とはよく言うけど、12年も前となると、物持ちの良い自衛隊機でも、今は現存しない機体も多いですね。

●F-1 (70-8201)
F-1 (70-8201)

F-1はこの年の3月に全機退役していて、三菱F-1の量産1号機である201号機も、保管機として入間基地に置かれていました。


●F-4EJ改(57-8354)
F-4EJ改(57-8354)

懐かしい。三沢の8SQ時代の支援戦闘機として使用されていた、洋上迷彩ファントムです。
今でこそ洋上迷彩といえば、501SQのRF-4Eの901号機が定常塗装になっていますが、この時代、F-1戦闘機退役とF-2A/B戦闘機配備のつなぎとして、洋上迷彩の戦闘機型ファントムが飛んでいました。
この354号機は、後に301SQ→302SQと配置換えされて、2017年までは飛んでいるのを確認していますが、今年に入ってからのフライトは確認できていません。もう退役している?

フィルムでも撮影していますが、この時の写真はまだスキャンしていないようです。そのうちスキャンしないと。
こちらに掲載の写真はCOOLPIX5400ですが、今見ると発色があっさりですね。
動画も撮っていますが、あまりに画質が悪く鑑賞に耐えないので、掲載は控えます。当時のデジカメの動画は、おまけみたいなもので、まだまだ実用に耐えなかったですね。

【百里基地】18/8/31の記録 その42018年09月10日 06時38分

画像編集に夢中で、昨日はブログアップし忘れました(笑
今回で最後です。

オジロ302SQ、今日は見ないなぁと思ったら、上がっていきました。

●F-4EJ改(17-8437)
F-4EJ改(17-8437)

●F-4EJ改(07-8436)
F-4EJ改(07-8436)

●F-4EJ改(37-8315)
F-4EJ改(37-8315)

F-35A導入で、第302飛行隊は今年度中に三沢基地へ移動となるため、オジロファントムを見られるのも今年度内となっています。
そのせいなのかわかりませんが、オジロマークの塗装が剥がれている機体が多い印象。
現役EJ改、最古参の315号機は何時まで飛ぶのか? 先ごろ320号機が引退したようなので、315号機も今年度いっぱいなのか?
オジロファントムも、一部は301SQに移動すると思いますが、退役する機体も多いでしょうね。

RFが戻ってきました。

501SQのRF-4E

●RF-4E改(47-6901)
RF-4E改(47-6901)

偵察型なのでスパローミサイル搭載箇所のくぼみはないですね。ECMポッド、AN/ALQ-131(V)を吊り下げています。

RF-4E改(47-6901)

戦闘機からの転用型のRFも降りてきました。

●RF-4EJ改(47-6335)
RF-4EJ改(47-6335)


オジロは戻ってきてタッチアンドゴーです。

●F-4EJ改(37-8315)
F-4EJ改(37-8315)

雲が多めだったので、モノクロにしてみました。

F-4EJ改(37-8315)

F-4EJ改(37-8315)

Twitterにも書きましたが、今この機体を眼の前で見て、撮れることに感謝です。
学生時代函館で過ごし、戦闘機撮影なんてのは無縁でしたし、大学で千歳に住むようになっても、そこはすでにイーグルのみの飛行隊。ファントムはもう20年前でも旧式機でしたし、本当はF-22Aが導入されていたとしたとすると、とっくに退役していた機体です。
F-22Aが米国外に輸出できないことが決まり、F-XがF-35Aに決まるまで時間がかかったことから、F-4EJ改も現代まで使うこととなりました。
防衛上は、旧式機を使うことはリスクですが、機体は古くともしっかり整備していて、米軍の最新鋭機よりきれい、と言われているだけに、今もしっかり飛んでいるわけです。

F-4EJ改(37-8315)

315号機、その勇姿をたくさん撮りました。1973年生まれのファントム、私より年上です。

F-4EJ改(37-8315)

青空が戻ってきました。この日は午後雨予報でしたが、奇跡的な晴れ!

F-4EJ改(37-8315)

似たような写真ばかりですみません。もう次は撮れないかもと思って撮っています。
たまにしか撮影に来れないので、退役の日に遭遇できることは難しいと思っています。

F-4EJ改(37-8315)

機体ディテールをしっかり写真に収めます。
この日はD850メンテ中につき、5年目に突入したD810での撮影でしたが、画質は十分。高画素機の解像力をいかんなく発揮できました。

F-4EJ改(37-8315)

着陸。
陽炎がひどいので、偶然このコマのみ、まともに写りました。

ちょうど帰宅時間となりましたが、オジロ着陸直後、黒い雨雲が急速に百里基地に近づいてきたので、このあとの306SQのフライトはキャンセルになったようです。格納庫に仕舞い始めたので、撮影もお開きに。

帰りは雨雲に追いつかれ、激しい雷雨でした。撮影中じゃなくて運が良かったです。
この日の撮影は以上となります。

【百里基地】18/8/31の記録 その32018年09月08日 09時02分

306SQの上がりの次は、501SQのファントムの上がり。

●RF-4EJ改(47-6335)
RF-4EJ改(47-6335)

まずは戦闘機から偵察機転用の335号機が上がり…(上がりの写真はいまいちだったので載せません)

●RF-4E改(47-6901)(57-6914)
RF-4E改(47-6901)

RF-4E改(47-6901)

RF-4E改(47-6901)(57-6914)

うーんカッコいい。これがもう2,3年後には見られなくなるのです。でもむしろ、こんな年代まで飛んでいることが凄いというべきか。

RF-4E改(47-6901)

RF-4E改(57-6914)

陽炎が出るので、やっぱりこの時期は地上の撮影は厳しいですね。

そうこうしていると、306SQが戻ってきました。

●F-15J(02-8918)(72-8960)
F-15J(02-8918)(72-8960)

F-15J(02-8918)(72-8960)

うーん、晴れているんですが、光の状態というか、薄曇りの影響というか、湿度が高いからか、なかなかにホワイトバランスが難しい。

F-15J(02-8918)

降りてくるときの光線状態は良かったんですけどね。
この日はもともと午後から雨の予報だったのが、奇跡的に晴れてはいましたが、薄雲だったり湿度が高くて、スッキリ抜けのよう画像がなかなか撮れない。


●F-15J(52-8952)
F-15J(52-8952)

●F-15J(92-8912)
F-15J(92-8912)

F-15J(92-8912)


●F-15J(22-8805)(62-8868)
F-15J(22-8805)(62-8868)

こちらは機体が重ならなかったけど、光の状態は良かった!


●F-15J(52-8952)
F-15J(52-8952)

●F-15J(62-8868)
F-15J(62-8868)

●F-15J(22-8805)
F-15J(22-8805)

雨が降らなかっただけ良かったですね。

【百里基地】18/8/31の記録 その22018年09月07日 06時43分

午後は北門に移動。

●春秋航空 A320-200(B-6902)
春秋航空 A320-200(B-6902)

春秋航空 A320-200(B-6902)

ブッキングドットコムの広告ラッピング機体です。普通の春秋航空のカラーリングよりいいですね。

弁当を食べ終わると、306SQが再び上がります。

306SQのF-15J

●F-15J(62-8868)
F-15J(62-8868)

F-15J(62-8868)

F-15J(62-8868)

この日は気温が高くて、滑走路は陽炎出まくっていますね。
ファントムとは違うエンジン音、直線基調のシルエット、イーグルもいいですねぇ。

SJ型に続いての4機はMJ型。たまたまなのか、あえてSJとMJで分けて訓練しているのかわかりませんが、同じ飛行隊で新旧混在していると、能力の違いも訓練に影響するのかな?

306SQのF-15J

F-15J(92-8912)

●F-15J(52-8952)
F-15J(52-8952)

この機体はIEWS関連アンテナがありません。4機のうち2機のみ、IEWSのアンテナがありました。
MJ型でも、近代改修の度合いで差異があります。
早いところ、2040仕様に相当する改修を決めていただきたいところですね。MJ型はあと20年は使うでしょうから。

【百里基地】18/8/31の記録 その12018年09月05日 06時33分

8月最終日、またまた百里基地に出向きました。小松基地の第306飛行隊(以下306SQ)のF-15Jが来ていました。やったー!
この日のカメラはD850がメーカーメンテナンス中で手元になかったため、久々にD810をメインとし、サブは妻のD5000(飛行機は撮らず)でした。
連写が遅いD810ですが、D850導入前までは、これでずっと撮っていたし、特に問題ないでしょう。

●CH-47J/LR(77-4497)
CH-47J/LR(77-4497)

ブレちゃった…。

遠くでは…

●F-15J(92-8912)
F-15J(92-8912)

いたいた、306SQのF-15J。
この日は21L滑走路からの上がりでした。これらが上がったので、この場所からは降りるところを撮ることにするとして。

RF-4E改

501SQのRFも2機やってきました。この日の天気は、湿度が高く午後から雨との予報でした。晴れても霞がかっていて、この写真はヌケが悪いですね。

●RF-4E改(57-6914)
RF-4E改(57-6914)

RFの最終号機、そして現役で唯一?の偶数号機、914号機です。AN/ALQ-131(V)を下げて降りてきました。

●RF-4E改(47-6901)
RF-4E改(47-6901)

RF-4E改(47-6901)

RF初号機の901号機。洋上迷彩も板についたこの機体も、何時まで飛んでくれるやら。


●RF-4EJ改(47-6335)
RF-4EJ改(47-6335)

戦闘機から偵察機への転用型の335号機、センターは偵察ポッドではなく通常のタンクに見えます。


続いて301SQのカエルさんが降りてきました。

●F-4EJ改(17-8440)
F-4EJ改(17-8440)

戦闘機型ファントムの最終号機にして、世界でも最後に生産されたE型のファントム、440号機。
もちろん健在。

●F-4EJ改(97-8422)
F-4EJ改(97-8422)

●F-4EJ改(57-8369)
F-4EJ改(57-8369)

●F-4EJ改(57-8356)
F-4EJ改(57-8356)


元気なカエルさんの続いて、撮影開始直後に上がった306SQのF-15Jが戻ってきたようです

●F-15J(92-8912)
F-15J(92-8912)

F-15J(92-8912)

一度フライパス後、旋回して進入。

F-15J(92-8912)

F-15J(92-8912)

F-15J(92-8912)

912号機はMJ型の近代改修形態二型で、IEWS(統合電子戦システム)のECMアンテナフェアリングが、エアインテイク横に搭載されている他、左側垂直尾翼の付け根(エンジン付近)にもIEWSのアンテナフェアリングが搭載されています。

今度は3機編隊で進入してきました。

306SQのF-15J

ブレイク!


●F-15J(62-8868)
F-15J(62-8868)

F-15J(62-8868)

こちらはSJ型で、搭載ミサイルもAAM-3ではなく、古いAIM-9Lです。まだあるんだね…。

●F-15J(52-8952)
F-15J(52-8952)

MJ型ですが、こちらはIEWS関連のアンテナはありません。
せめてMJ型は、最新のアップデートを全機体に適用してほしいところです。

●F-15J(22-8805)
F-15J(22-8805)


SJ型でも初期の機体です。こちらもAIM-9Lを搭載。1982年導入の古い機体だけに、頑丈なイーグルとはいえ、電子関連装備のアップデートもなく、いずれはF-35Aと交代するのでしょうか?

午前の撮影はこれで終了。
太陽の向きが変わるため、午後は反対側に移動します。最近はこんな感じでの撮影が多いです。
午前の21降り、ひねりも撮ってみたいですね。次回は撮影ポイントも探しますか。

百里基地に小松のF-15J展開中2018年09月01日 06時31分

小松の第306飛行隊のF-15J
久々に百里でイーグルの轟音を聞けた!

ファントムの爆音に対して、イーグルは轟音といった感じですね。

写真は編集中につき、ぼちぼちアップしていきます。

ではニコンファンミーティングへ行ってきます。

【百里基地】18/8/6の記録 その32018年08月10日 06時36分

この日の午後は、場所を変えてアラハンへ。
どうせ天気も悪いし、03上がりなので、転がりを撮るのもいいかなと。

カエルさんが降りてきました。

●F-4EJ改(57-8356)
F-4EJ改(57-8356)

●F-4EJ改(17-8439)
F-4EJ改(17-8439)

最終号機440号機の1つ前の439号機。そういや最近440号機は見ていませんね。

●F-4EJ改(77-8395)
F-4EJ改(77-8395)


続いて飛行救難団のU-125A

●U-125A(02-3015)
U-125A(02-3015)

U-125A(02-3015)

真正面が近くで見られるのが、この撮影ポイントの見どころの1つ。


●春秋航空 A320-200(B-6852)
春秋航空 A320-200(B-6852)

百里スパイ航空(笑)も上がります。この場所で180度回転するんです。旅客機は小回りが効きますね。


●T-4(56-5739) F-4EJ改(37-8315)
T-4(56-5739) F-4EJ

オジロのT-4とファントムがスタンバイ。こうして並ぶと、T-4は子供のようですね。

【百里基地】18/8/6の記録 その22018年08月08日 06時39分

この日は台風接近の影響で、どうにも天気が怪しかった。予報では雨は降らないとなっていたけど、どんどん黒い雲が来て、これはだめかなぁと。
とは言え、せっかく来たので雨天覚悟で挑んだ午前は、雨は降らなかったけど写真的には少々残念な結果に。

●T-4(06-5631)
T-4(06-5631)

501SQのT-4、501SQもいつか解隊となるであろうから、この機体は次どこに行くのかな?
ところでT-4は後継機の話が全く聞こえないけど、まだ機体寿命に相当余裕があるのだろうか?
この機体だけ、唯一ひねってくれました。


●F-4EJ改(37-8315)
F-4EJ改(37-8315)

さっき上がった315号機タッチダウン。
古参機体ながら、割とよく飛んでいる315号機、1973年製の古い機体だけに、後どれくらい飛んでくれるかが関心事。
次来るときにはもう退役しているかもしれないですからね。


●F-4EJ改(17-8439)
F-4EJ改(17-8439)

残念! カエルさんはひねってくれず。
でも個人的にファントムはこのアングルが好きだったりします。重厚感ありますからね。ファントム乗りが、ダンプカーというのもなんとなく分かる気がします。


●F-4EJ改(57-8356)
F-4EJ改(57-8356)

曇天で映えないのでモノクロ化する愚行(笑) Nik CollectionのSilver Efex Pro2で、怪鳥の名がピッタリな感じに仕上げてみました。