NikonのAIオート接写リングPK-12を買ってみた2018年01月07日 06時49分

先日妻の実家に行った栃木の某リサイクルショップに、安価に転がっていたのでゲットした、NikonのAIオート接写リングPK-12。

接写リングとは、レンズとボディの間に取り付ける、中は空洞の筒状のもので、これを取り付けることで、レンズの最短撮影距離を、レンズ単体状態より短くすることが出来ます。それによって、撮影倍率が上がるという仕組みです。
このリングの厚みが大きい(長い)ほど、最短撮影距離が短くなって撮影倍率は上がりますが、比例して露出倍数も大きくなり、つまりは暗くなります。

ちなみにAIオート接写リングという名称ですが、AIは人工知能の方ではなく、Nikonの機械式の絞り伝達用ガイドのことです。
Nikonも現行レンズは多くが絞りリングのないGタイプ、最近は電磁絞りのEタイプに移行しつつあり、AIってなに?となるまえに、補足しておきました。
また、名称のオートも、自動絞りに対応するという意味です。シャッターを切るまでは絞り設定にかかわらず、絞り開放となります。大昔はオートじゃない接写リングばかりだったので、あえてオートと書いているのでしょう。

なお、接写リングを付けた状態では、レンズの無限遠が出なくなるため、接写専用のアクセサリとお考えください。

Nikon接写リングPK-12

Nikonからは大昔から販売されていて、今に至るも販売され続ける現行品です。

接写リングのAiガイド

AIガイドのクローズアップです。
このオート接写リングは大昔からあるため、CPUの伝達接点などはなく、またボディ内蔵AFモーターの伝達機構もなく、単純にマスターレンズの絞りリングの設定を機械伝達するためのものAIガイドが搭載されています。
したがって、Gタイプレンズ、Eタイプレンズでは、このオート接写リングは絞り開放撮影しかできません。

ちなみに、社外品では、ケンコートキナーから、信号接点付きの接写リングが発売されています。こちらは、AIガイド、ボディ内蔵AFモータ駆動接点、CPU接点を備えて、Gタイプレンズでも使用可能(Eタイプは微妙かも)ですが、その分高価です。

PK-12を装着したAiAF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D

接写リングを、AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dに取り付けた状態。
この接写リングは、型番の横に14と書かれているように、厚さ(高さ)が14mmとなります。
Nikonには、他に厚さ8mmのPK-11A、27.5mmのPK-13も存在します。
注意点として、PK-11Aは、信号接点が接触するため、AF-Sレンズは使用できないのと、焦点距離が200mmまでのレンズとなります。
PK-12とPK-13は300mmまでのレンズに対応します(AI AF-Sレンズにも対応)

このリングを取り付けることで、CPU内蔵レンズであっても、CPU非内蔵のAI Nikkorと同様の扱いになります。

D810の

そのままカメラに装着しても撮影できますが、撮影データのExifにレンズ情報や絞り値を残せるのと、より露出計の精度を上げるため、非CPUレンズのレンズ手動設定を行います。
NikonのAI方式対応のデジタルカメラであれば、大抵の機種が対応しています。
そこでレンズ情報を入力していくと…60mmが選択できない。これは、Nikonの非CPUレンズは、過去に60mmという焦点距離がなかったからでしょう。Ai Micro Nikkorも55mmでしたし。

そこで、一案近い58mmを入力しておきました。58mmといえば、私もTwitterのIDなんかで使っている、Ai Noct Nikkor 58mm f/1.2Sという銘玉が該当します。IDに使っておきながら、本物は持っていません。いつか欲しいレンズですね。

さて、AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D単体と、PK-12装着時とで、最大撮影倍率がどの程度変わるか比較してみましょう。今年のディズニー年賀状を接写してみました。

Micro 60mm単体の接写
▲AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D単体での接写

Micro 60mm + PK12の接写
▲AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D + PK-12での接写

14mmの厚さの接写リングだと、少し撮影倍率が高くなる程度ですね。
それでも、より接写できるのは魅力です。画質も思ったより落ちていませんが、被写界深度はより浅くなるので、かなり絞らなければなりません。

リングをより厚くすることで、さらに撮影倍率が稼げます。リングの重ね付けという方法もあります。これを発展させると、ベローズを使用するという方法もありますが、撮影倍率を自由に変えられる反面、かなり大掛かりになるので、気軽には接写リングに軍配です。

他に接写する方法としては、レンズを前後反対にボディに取り付けるリバースアダプタ(当方も所有しているNikon BR-2A)があり、広角レンズほど撮影倍率が上がります。
これが一番手っ取り早く撮影倍率も高く接写できる反面、使い勝手は悪いです。

クローズアップレンズも手軽ですが、あまり画質は乏しくなかったりします。

接写の世界はなかなか面白く、また取り上げてみたいと思います。

カーネーション咲いた2017年10月26日 06時33分

カーネーション咲いた
我が家のカーネーション、先日蕾だけの写真でしたが、ついに咲きました!

時間がなくて三脚据えられなかったので、カメラとスピードライト手持ちです。
撮り方は適当です。

一輪だけ咲きそうなカーネーションの蕾を撮ってみた2017年10月23日 06時24分

日曜日は台風の影響で大雨。
子供のスイミングに行く以外は、家でおとなしくしていましたが、今年の母の日にかったカーネーションが、一度枯れかけた後復活し、今一輪だけ蕾ができているので、マイクロニッコールで撮影してみました。

D810 + SB-900ワイヤレスで撮影

カメラはD850ではなく、D810です。何故かと言うと、このようにスピードライトSB-900を、カメラに装着ではなくワイヤレスで発光させるには、D810の内蔵スピードライトがコマンダーになるため、D850のような内蔵スピードライトがないカメラは、カメラ単体では出来ないんですよね。
内蔵スピードライトがない方が、ペンタプリズム周りのデザインもスッキリして、PCニッコールのようなシフトレンズとの干渉が抑えられるという利点もありますが、いざという時の発光や、ワイヤレス発光のコマンダーとして使えるので、有無は一長一短だと思っています。

D850で同じことをしようとすると、SB-5000にWR-R10/A10、またはSB-5000以外のフラッシュをD850に装着して、コマンダーとして使用しなければなりません。
従来の赤外線制御のワイヤレス制御から、電波制御に対応となって、一見便利で確実性は増したものの、別売りのアクセサリが必要となっていて、一概に便利とはいえなくなっています。

さて、SB-900はカメラにクリップオンだと、マクロ撮影では光を被写体に当てられないので、上の写真のようにワイヤレスで直接光が被写体に当たるような撮り方をしています。

これから3つの作例を掲載しますが、光の当て方、調光一つでこれだけ変わります。

いずれも、Nikon D810にAiAF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D + SB-900(ワイヤレス発光)です。
絞りはマクロ撮影故に絞込みF29、シャッタースピードは1/250秒でマニュアル撮影です。

TTL調光
●TTL-BL調光

こちらはTTL調光。背景の露出も考慮するため、全体的に均一な露光にはなりますが、主体がぼやけてしまう印象。


マニュアル発光

マニュアル発光
●マニュアル発光(1/64)

SB-900のからの光の向きを変えて撮ってみました。
マニュアル発光で、背景は絞り込んでシャッタースピードも上げているために暗くなっていて、被写体のみにフラッシュ光が当たり、蕾が浮かび上がるように撮ってみました。
光の当て方だけでも、これだけ表情が変わります。面白いです。絞ってもまだ被写界深度が浅く感じます。
同じ状況でも、ここまで写り方は変わるのです。

これはSB-900一灯のみですが、これを複数にして、あらゆる方向から当てれば、表情も更に変わってきます。
ライティングは本当に奥が深いですね。

中目黒 伊勢五本店にて2017年10月17日 06時38分

昨日、口唇裂手術をした息子の経過観察で大学病院へ行ってきまして、その帰りに寄ったのが、中目黒の伊勢五本店という老舗の酒屋さん。

中目黒 伊勢五本店

たまたま検索してヒットしたお店でしたが、病院までの電車の沿線沿いにこんなお店があるとは。
伊勢五本店自体は、300年以上続く老舗の酒屋とのことですが、中目黒のこのお店は2015年にできた、新しい店舗のようです。

お店の方に、好きな銘柄を言うと、ちゃんと置いてあって説明してくれる、素晴らしい。
東京に住んで、もう5年以上ですが、埼玉寄りの東京ですし、普段都心部に行かないので、東京らしい生活は全然していないのですが、たまにこういうお店に寄れるのが東京のメリットでもあります。

菊鷹と鳳凰美田の桃

お店にはカウンターバーもあり、1杯引っ掛けました。
自分は辛口かつ芳醇とのオーダーに菊鷹 -雄飛- 山廃 純米吟醸 無濾過生酒を、妻はライトに鳳凰美田の桃を。

菊鷹 -雄飛- 山廃 純米吟醸 無濾過生酒

いやぁ確かに辛口かつ芳醇だ! +10という日本酒度はかなり辛口のはずですが、芳醇さも兼ね備えていて、いわゆる淡麗辛口とは違い、ちゃんと米の甘みも出ています。食事の邪魔をしない淡麗なお酒ももちろん好きですが、こちらは1杯目に飲むにふさわしい芳醇さですね。
妻の飲んだ鳳凰美田の桃は、果肉たっぷりで、こりゃジュースだ(笑


ちえびじん 新政 作(ZAKU)

もちろん酒屋さんなので、お酒買ってきました。
ちえびじん、新政、作(ZAKU)、これから少しずつ堪能したいと思います。
写真中央の新政x-typeは、開栓初日がベストらしい(笑
スイスイ行けるそうです。楽しみです。

D850でAF Micro-Nikkor 60mm f/2.8DのAF微調整を行う2017年09月23日 07時04分

高画素機のカメラにとっては、AFの精度は解像感に大きく影響を及ぼすものですが、D810のときにAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRでフォーカス精度が気になり、AF微調整を行いました

結局、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは保証期間内ということもあり、メーカーに調整に出して、Nikon側は「ズレはないけど再調整した」ということで返却されるも、返却されたレンズは、AF微調整しなくてもジャスピンになったという経緯もあり、AF微調整は結構重要なのかなと思っています。

D850導入依頼、手持ちの様々なレンズを使用しましたが、AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dは、手持ちのレンズで数少なくなってきた、ボディ内蔵AF駆動の古いレンズとなります。
ボディからの機械式伝達なので、どうしても細かいフォーカス駆動では、バックラッシュの影響による精度誤差が避けられません。
なので、ある程度は仕方ないにしろ、やはりAF-Sレンズと比べると、少しジャスピン率が低い気がして、AF微調整を行うことに。

AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dを装着したD850

Nikon D300以降、D800、D810と、AF微調整ができるカメラでしたが、いずれも手動調整で、撮っては確認しの繰り返しでしたが、D850では、AF微調整の自動設定が可能となりました。
今回はこれを使って調整してみたいと思います。

ISO12233テストチャートでAF微調整調整

例によって、ISO12233テストチャートを用いて調整します。
まずはライブビューのスチル撮影モードに設定し(動画モードだとAF微調整の自動設定が出来ない)、ライブビューによるコントラストAFにてピントを合わせます。
200%に拡大表示し、フォーカスが合っていることを確認。
次に、AFモードボタンと動画撮影開始ボタンを同時に2秒以上押し続けると、AF微調整の自動設定メニューが表示されるので、「はい」を選択すると、自動で撮影が開始され、瞬時に微調整の値が設定されます。

ただ、何度かやったところ、かなりAF微調整はシビアなせいか、何度やってもピント位置の微調整は同じ値にはなりませんので、数回やって、その平均値か、頻度の高い値、中央値のいずれかを採用し、実写で更に追い込んでいくのが良いでしょう。
実際、D810のときでも痛感しましたが、±3位内の調整だと、殆ど結果の差がわからない感じです。

AF微調整は非常にシビアで難しく、フォーカス精度によほどの疑問を持たない限りは、下手に触るべきではなく、調整によって特定の距離の精度が良くなっても、遠景で悪化する可能性もあるので、注意が必要です。

AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D微調整後の数値

AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dは、必ずフォーカスを無限遠までずらし、そこからライブビューのコントラストAFで合わせて、AF微調整を行い、1回終わったらまた無限遠にフォーカスをずらし…というのを10回行いました。
その中で数値は-12~-2でしたが、ここは中央値かつ頻度の高い-7を採用。

あとは平面チャートだけではわからないので、3次元の被写体である実写で確認しようと思います。
それにしても、AF微調整の自動設定は楽ですね。

京菓子2017年02月15日 06時21分

京菓子

手作りクッキーとは別に妻から頂いた京菓子。
こういうの好きなんです。でも高いでしょう? 普段は買えないんです。
ありがたいことです。

ところで娘もwktkしちゃって、「パパこんぺいとう一緒に食べようね」とか言ってるのが微笑ましいです。
「どれ食べよっかな」とか言ってるし。
えっと、パパのなんですが…。


ちなみにこの写真、中華マクロリングライトにMicro 60mmで撮っていますが、ちょっと光が硬いですね。
拡散板が付属されていたので、今度は付け替えて撮影してみますかね。

今年も手作り2017年02月14日 06時10分

アンパンマンクッキー

今年も娘と妻が手作りしてくれました。
こんな嬉しいことはない。

アンパンマンクッキー頂きますっ!

お菓子作り2017年02月12日 06時28分

スコーン作ってます

3歳も半ばを過ぎた娘。もうお菓子作りとかママのお手伝いで出来ちゃうんですよ。
成長したなぁ…。


最近お気に入りのMicro-Nikkor 60mmで撮影。
すでにAF-Sの60mmも出ていますが、まだ現行かつDタイプもなかなか良い画質です。
何より絞りリングがあるので、Nikon Fから使えますし。

【土田酒造】誉国光 初しぼり 純米吟醸2017年02月11日 06時50分

【土田酒造】誉国光 初しぼり 純米吟醸
土田酒造の誉国光(ほまれこっこう) 初しぼり 純米吟醸です。

これも先日の群馬はみなかみで買ってきたもの。

初しぼりってだけで胸がときめくわけですが(笑)、この日本酒は日本酒度が-15の甘口。
甘口の酒ってのは結構自分にとって鬼門でして、好き嫌いが別れるところですが、こちらは甘さの中にも酸味があるため、口に残る嫌な甘さではないのが良かったです。

結構強めの甘口なので、どちらかと言うと食前酒としてよいかな。

群馬のお酒も侮れませんね。

息子、順調に体重増えてるそうです2016年04月15日 23時59分

長女と長男

生まれて1週間で小児ICUに入院してしまった息子ですが、哺乳瓶の乳首をあれこれ病院側で試してもらって、ミルクも飲めるようになり、体重も増えていっているようです。
早ければ日曜日に退院かな。

写真は、息子が入院する前、出産退院して嫁さん実家に連れてきたとこのもの。長女も弟ができて嬉しそうでした。
早くこのシーンをもう一度…