EN-EL18bをキャリブレーションした2018年04月14日 08時27分

EN-EL18bをキャリブレーション


バッテリのEN-EL18b、初めてキャリブレーションしました。
D850+MB-D18で使用してる、バッテリのEN-EL18bですが、これはボディ側で使用しているEN-EL15/15aとは違い、キャリブレーションが可能なバッテリとなっています。
ボディ側で残量確認した際に、キャリブレーションの欄にビックリマークが表示されたので、バッテリを充電器に接続すると、CALのランプが点滅したので、CALIBRATIONの緑色のボタンを押すことで、放電が開始されます。

EN-EL18bももちろんリチウムイオンバッテリですが、リチウムイオンバッテリは、ニッケルカドミウム・ニッケル水素バッテリのようにメモリー効果はなく、継ぎ足し充電可能と思っていました。
EN-EL18bには、メモリー効果を是正するためなのか、はたまた残量表示の調整を行うためなのか、CALIBRATIONがあります。

なお、手持ちの充電器は、オークションで買った、D4付属の未使用品のMH-26ですが、現行品は、EN-EL4系もアダプタ経由で充電可能な、MH-26aになっています。

MH-26aの新品は非常に高価なため、互換品も売られていますが、互換品ですら比較的高価な部類に入るのは、純正を真似て2個充電可能だからでしょうかね?

互換充電器の場合、このCALIBRATIONが機能しない物が多いようで、上記リンクの商品も、機能しない、あるいは数分で終わってしまう(実質機能していない?)ようです。実際分解して中身と放電機能を確認された方のブログもありました。

純正充電器MH-26/26aの場合は、CALIBRATIONボタンを押すことで、まず残量を0%付近まで放電した上で、充電を行います。放電は時間がかかるので、すぐに充電したい場合は、CALは後回しにしたほうが良さそうです。

サブカメラのPanasonic GX7MK2はROWAの互換バッテリも使っていますが、メインカメラのD850やD810は、安全安心のため純正バッテリのみを使っています。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E EV VR2018年04月13日 06時20分

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E EV VRの開放で

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E EV VRを導入して1年。

何でしょうね、それまでAF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDをつけっぱなしだったのが、今はこの大きくて重い標準ズームがメインに。

軽快さでは35mmに敵いませんが、単焦点に負けない描写力と個性持っているのが、この24-70mm f/2.8Eです。

それまで使っていたGタイプも良いレンズで、D800登場以前の設計ながら、解像度やボケ味は文句なしでした。

新しいEタイプになり、フィルムカメラでは事実上使用できなくなりましたが、Gタイプではいわゆるプロ用レンズらしく、強い個性はなく、全域で安定した描写でした。
ともすると、それを良しとしている方には、新しいEタイプは少し描写に主張が感じられるかもしれません。

でも、解像度重視のレンズが近年多い中、解像度命ではなく、ぼかしたときと絞った時の描写の差、ぼかした時のピントの合っている部分の解像感と、そこからボケていく部分のなだらかさなど、このEタイプの標準ズームは、他の標準ズームにない個性を持っています。

個性と書くと、この手のズームにはむしろ不要と感じる方もいるかも知れませんが、強い個性ではありません。あくまでGタイプと比較すると、の話です。


もちろん、VR搭載による歩留まりアップ、動画撮影時のVRの効きの良さもこのレンズの良さです。

一眼レフ終焉が見えてきたこの時代ですが、恐らく近い将来、Nikonからフルサイズミラーレスでも、マウントアダプタでこのレンズが使えるはずですから、ぜひ手にして欲しい1本。
ズームだから、単焦点だからという単純な比較を超えた、このレンズならではの良さは、他にない個性と言えます。



面白いことに、お気に入りのこのAF-S 24-70mmのEタイプも、従来のGタイプも、そしてAF-S 35mm f/1.8Gも、同じ設計者のレンズなんですよね。

http://photo.yodobashi.com/nikon/100th/interview/

フォトヨドバシに、このレンズの設計者の原田氏のインタビューが掲載されています。

NIKKOR-H Auto 85mm 1:1.8 + D8502018年04月08日 07時25分

NIKKOR-H Auto 85mm 1:1.8 + D850で娘を撮る

表題のNIKKOR-H Auto 85mm 1:1.8で撮っています。
https://www.yamaro.info/mycam/lenses/auto85/auto85.html

HPでも紹介しています。Yamaroが学生時代に作成したコンテンツなので、軽く20年近く前だったりしますが、高画素機のD850でも、ちゃんと使えるレンズであることがわかります。

コントラストは、やはり半世紀以上前の設計のレンズ故に、今一歩の感があり、それはファインダで見ていてもわかります。
なので、それを逆手に取り、ポートレートに向いたレンズですかね。

ボケは硬め、と当時のHPには書きましたが、この作例に限れば、それほど硬さは感じないですね。

絞り開放ですが、少しふわっとした収差はあるものの、ピントの芯は出ていて、解像度はそこそこあります。
このレンズは絞り開放で撮るのが楽しいですね。ちょっと絞ると、ぐっと解像度も増します。

今時のレンズだと、絞り開放からカリカリに解像度が高いレンズも多いですが、それだとレンズの特性の変化が楽しめない、ただ被写界深度コントロールのための絞りになってしまいがちです。
こうした収差の変化など、特性が変わるオールドレンズも、レンズコントロールの楽しみだったりします。


ピクチャーコントロールはポートレートで、JPG撮って出し、解像度のみブログサイズに。

【百里基地】18/4/2の記録32018年04月07日 08時05分

この日はランチェンもなく、アラハン前は離陸前の機体が並んでは飛ぶ、あるいは着陸のアプローチのみの写真となりました。

302SQのF-4EJ改

●F-4EJ改(97-8417)
F-4EJ改(97-8417)

カッコイイよねえ。

302SQのF-4EJ改

302SQのファントム、来年度はF-35Aへの機種改変に伴い、三沢に移動と言われていますので、オジロファントムも今年度が最後になるのか?

この日はタッチアンドゴーを繰り返していました。

F-4EJ改(97-8417)


もちろん百里といえば、301SQも。

301SQのF-4EJ改



さらに501SQのRF。こちらはRF-4EとRF-4EJ。

501SQのRF-4E


救難のU-125Aとオジロファントムコラボ。

●U-125A(02-3015)
U-125A(02-3015)


●F-4EJ改(37-8320)
F-4EJ改(37-8320)

現役EJ改古参となる320号機、御年45歳。どうせなら50周年…は流石にないか。

●Tiger Air A320-200(B-50018)
Tiger Air A320-200(B-50018)

この3月末から定期就航した台湾のLCC、タイガーエア、派手な外装ですね。

Tiger Air A320-200(B-50018)

Tiger Air A320-200(B-50018)

Tiger Air A320-200(B-50018)

カーネーション開花2018年04月06日 06時55分

去年の母の日に買ったカーネーション、しぶとく生きていて、昨年も秋に咲きましたが、この春また蕾を付けたので、開花状況を追ってみました。

18/3/28のカーネーション

こちらは18/3/28の様子で。蕾の中から赤い花びらが確認できます。
開花する様子をタイムラプスで撮ってやろうと、毎日D850をベランダに出して、日中撮影していたのですが…うまくいかない!
何故か日中は開花が進行しないのです。
もしかして夜中に開花している?


18/4/2のカーネーション

こちらは18/4/2の様子で、3/28から見るとかなり開花してはいますが、数日でこの開花具合なので、日中のタイムラプスではまず無理ですね。かと言って、花はだんだん垂れてきていて、雲台の向きもセットし直したりしているので、連続撮影は難しい。
この日はD850を百里基地撮影で使うため、代わりにGX7MK2をセットしましたが、バッテリ容量が少なくすぐ音を上げてしまうので、300枚程度のコマ撮りをした時点でバッテリ終了でした。
もっとも、撮影開始時と最後のコマで、開花具合に変化なし…。


18/4/4のカーネーション

こちらが18/4/4の様子で、完全に開花しました! 日中のタイムラプスで変化ないところを見ると、やはり夜に開花しているのでしょうね。
こちらは夜のように見えますが、早朝の撮影です。
Nikon D850に、SB-900を花の下側からワイヤレス発光させています。コマンダーにNissin Di866 MarkIIを使用。
本当はDi866IIを上から当てて、花びらの影はなくしたかったのですけどね。
それをやるなら、内蔵スピードライトをコマンダーに出来るD810を使用しなければなりませんね。あるいは、赤外線か電波式のコマンダーを用意するか。

LEDリングライトもありますが、それだと背景も明るくなってしまうので、難しいところで、ライティングは本当に奥が深いです。

【百里基地】18/4/2の記録22018年04月04日 06時49分

百里基地の撮影スポットの1つ、アラートハンガー(通称アラハン)といえば、離陸前の航空機が反転する様子も見られるので、こうした正面写真も撮れます。

●SKYMARK B737-800(JA73NP)
SKYMARK B737-800(JA73NP)


続いては501SQのRFがタッチアンドゴー。

●RF-4EJ改(47-6335)
RF-4EJ改(47-6335)

桜と絡めてみましたが、いまいちでした…

RF-4EJ改(47-6335)


●RF-4EJ改(07-6433)
RF-4EJ改(07-6433)

この日はRFのEJ型が結構飛んでくれました。

次は洋上迷彩のRF。

●RF-4E改(47-6905)
RF-4E改(47-6905)

RF-4E改(47-6905)

こいつは露出が難しい。
ALQ-131(V)に3本タンクのフル装備でした。

天気予報は晴れだったのに、霞と雲で午前中はいまいちだったな。

【百里基地】18/4/2の記録12018年04月03日 06時35分

2月の写真を編集し終えるやいなや、またまた足を運んだ百里基地。今回はアラハンから。

●F-4EJ改(57-8356)
F-4EJ改(57-8356)

後ろちょっと切れちゃったな。
背景の桜とコラボ…と行きたいところでしたが、ここはそんなに咲いてないですね。

F-4EJ改(57-8356)

タイヤ煙祭り~。タッチアンドゴーで離陸。最近タッチアンドゴー多くやってますね。
再び着陸して…

F-4EJ改(57-8356)

また戻ってきました。
こちらのほうが、背景若干桜が多い? しかし天気が微妙でした。

F-4EJ改(57-8356)

先ほどとほぼ同じ位置でタッチダウンの煙~。

手な感じでまだボチボチ上げていきます。

【百里基地】18/2/15の記録82018年04月02日 06時32分

引張に引っ張りぬいた18/2/15の撮影記録も、今回が最後です。
って、また次の撮影に行くんですけどね。

最後は301と302SQのファントムで。

●F-4EJ改(97-8423)(97-8426)
F-4EJ改(97-8423)(97-8426)

F-4EJ改(97-8423)(97-8426)

F-4EJ改(97-8423)(97-8426)

ゲストの303SQのイーグルが降りてくる中、2機編隊で上がっていく301SQのファントム。
陽炎で解像度が出ていないのはご容赦。


●T-4(16-5670)
T-4(16-5670)

T-4も上がりました。後席には計器飛行用の赤幕がついていますね。


●F-4EJ改(87-8415)
F-4EJ改(87-8415)

F-4EJ改(87-8415)

続いて415号機も上がり、逆に降りてくるのが…

●F-4EJ改(97-8427)
F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

手前に降りてくてくれまして、アップで撮影。撮影しつつ、ファインダ越しに目にも焼き付けます。


●F-4EJ改(97-8423)
F-4EJ改(97-8423)

F-4EJ改(97-8423)

F-4EJ改(97-8423)

塗装の汚れ具合がまたカッコイイんだな。
423号機、上がってわりと早く降りてきました。


●F-4EJ改(97-8426)
F-4EJ改(97-8426)

F-4EJ改(97-8426)

コパイの目線いただきました(感謝!)

F-4EJ改(97-8426)

手前降りはついついシャッター枚数も多くなります(笑)

F-4EJ改(97-8426)


今度は302SQのオジロがタッチアンドゴーで上がります。

●F-4EJ改(37-8320)
F-4EJ改(37-8320)

F-4EJ改(37-8320)

現役のEJ改では古参機体となる320号機、飛ぶところを見られる期間は限られるかもしれません。
苦手な流し撮りですが、これはまあまあ上手く行った?


●F-4EJ改(87-8407)
F-4EJ改(87-8407)

F-4EJ改(87-8407)


●F-4EJ改(97-8417)
F-4EJ改(97-8417)

F-4EJ改(97-8417)


最後に、301SQの415号機が降りてきて、この日の撮影を締めくくりました。

●F-4EJ改(87-8415)
F-4EJ改(87-8415)

タッチアンドゴーで一度上がり…着陸。

F-4EJ改(87-8415)

F-4EJ改(87-8415)

夕暮れ時のファントムイイなぁと、一人懐に入って百里を後にしました。

【百里基地】18/2/15の記録72018年04月01日 06時57分

年度始めです。
いやぁもう4月なんですね。桜なんかもうピークを過ぎています(笑
なのにまだまだ引っ張る2月の写真。ほとんど記録撮影みたいなものですが、F-35Aも配備され始め、ファントムもどんどん数を減らしているので、少しでも写真に収められたらと。

と言いながら、303SQのゲスト機のイーグルから。

●F-15DJ(82-8063)
F-15DJ(82-8063)

F-15DJ(82-8063)

F-15DJ(82-8063)

百里も午後2時を過ぎると、撮影地点からは順光になりますが、光線状態は機体の方向でコロコロ変わるので、ホワイトバランスとかが難しいですね。
無理に同じ色にはせず、基本AWBベースで少補正しています。

●F-15J(82-8897)
F-15J(82-8897)

午後はスッキリ晴れたけど、若干霞がかったりでした。ちょうどこの時はいい塩梅の空に。

F-15J(82-8897)

F-15J(82-8897)

エンジンテスト棟からのスモーク激しいね。


●F-15J(72-8885)
F-15J(72-8885)

よく見ると、奥の格納庫手前にAIM-9Lっぽいミサイルのキャプティブ弾が写っていますね。格納庫の中はボケているので、この写真はセーフかなと。


●F-15J(22-8813)
F-15J(22-8813)

ちょっとベイパーが薄かったな…

●F-15J(32-8819)
F-15J(32-8819)

F-15J(32-8819)

こちらはベイパーきれいに出てくれました。

F-15J(32-8819)


●F-15J(32-8816)
F-15J(32-8816)

F-15J(32-8816)


●F-15J(62-8878)
F-15J(62-8878)

878号機は、この日の撮影分では初めての掲載のようです。


●F-15J(42-8833)
F-15J(42-8833)

この時間の光線状態は難しい。霞が出始めている時期だったので、背景が映えず、モノクロ化してみました。

F-15J(42-8833)


あれれ、ファントムを上げられなかった。最終回はファントム掲載ということで。

思いがけず花見2018年03月28日 06時24分

先週Yamaroが結膜炎になってしまったのが、家族間で次々と発症して、最期に娘が発症。
娘を眼科に連れて行ってから出社しようと思ったら、近所の眼科がまさかの休み! 仕方なくちょっと離れた眼科にいったら激混み。
結局出社するには遅くなってしまったので、娘の保育園共々お休みにして、午後は光が丘公園で遊んできました。

あまり桜が多くないというイメージだった光が丘公園ですが、場所によっては桜の木が多いんですね。

光が丘公園の桜

天気は悪くなかったのですが、午後からは薄曇りに。コントラスト上げてみたらこんな写真に。これはちとやりすぎ。

カニ?ジャンプ

スピードライトを持っていったので、日中シンクロで撮っています。光って重要です。
娘はカニ?ジャンプ(笑

八分咲き

場所によりますが、まだ一部つぼみもあるので、全体的には八分咲きくらいでしょうか。
今週がピークでしょうね。

控えめな桜

まだまだ蕾

ここからはPlanarで撮影。日中シンクロで。
この桜は、まだつぼみが多く、咲いている花の数は控えめ。
PlanarはZF.2のCPU内蔵レンズですが、距離エンコーダは無いため、i-TTL調光では調光精度が落ちます。
加えて、Planar 1.4/50 ZF.2は絞り開放にすると、実露出が落ちてアンダー目に降られてしまうので、絞り開放のみ補出補正をプラス側に振る必要があります。
なので、開放だとなかなかうまく行かず、上の2枚はf2.5~2.8で撮影しています。

どんぐりたくさん

娘は桜よりもどんぐり集めに夢中。
絞り開放で撮ってみたら、地面の松の落葉が何かのテクスチャのような描写に。

Planarを絞り開放、日中シンクロで

こちらもPlanar 1.4/50 ZF.2の絞り開放の日中シンクロ。
Planar、近接だと収差の影響でふわっとした描写ですが、遠景になるほどこのふわっと感が薄まります。
この作例の距離だと、まだふわっと感が残っていますね。

ねりまの名木を背景に

集めたどんぐりを、何故かこの木の下に詰めている娘。背景はねりまの名木だそうですが、ぼかしています(笑

光が丘公園にて

光が丘公園の桜

曇ってしまいましたが、春休みとあって、平日でもたくさんの花見客で賑わっていました。