関東降雪につき2018年01月23日 06時25分

週末、娘がインフルエンザになってしまい、娘とお出かけの予定が急遽息子になったりと、色々バタバタしていまして、昨日もまだ娘の熱が少し高かったので、仕事はお休みしました。

結果的に仕事を休んで正解な天気でしたね。
関東では4年ぶりとなる大雪。北国では普通ですが、普段全く雪が降らない関東で、20cm以上積もると、これはもう交通機関は麻痺しますね。多分出社していても、早期帰宅命令が出ているはずです。

娘の看病で家から出られないので、確定申告のデータ入力をしたり、写真撮ったり。

日曜のTweetで…
studio9さんのこんな記事があったので、これを見て早速実践。

降雪をスピードライトで表現

Nikon D850 + Carl Zeiss Planar 1.4/50 ZF.2に、スピードライトSB-900をマニュアルでフル発光。
雪っぽい写真が撮れました。絞りはf5です。

ちなみに絞り開放だと…

絞り開放だとボケすぎて雪が表現できず

古典的なレンズ故、口径食で雪がラグビーボールのような形になっていますね。また被写界深度も浅すぎて、雪もボケすぎてあまりわからない感じに。50mmの場合、適度に絞ったほうが良さそうですね。
夜も撮ってみましたが、現在カメラをタイムラプスでベランダに出しっぱなしなので、データをまだ拾えていません。

D850のタイムラプスで雪景色を撮る

こんな感じで昨日夜からタイムラプス撮影中。さて結果はどうなるやら…。

クリスマス~2017年12月25日 06時25分

クリスマスイブは、妻が料理やら準備のため、子供らを連れ出して小さな動物公園へ。
小さいサンタになっていただきました。

動物公園にて

羊もふもふ

固まる2人

ちょっと怖がってたけど、モフモフの羊に触って楽しそうでした。


ローストチキン

クリスマスケーキ

美味しかったよ!

Nikon D850 + MB-D18導入2017年09月09日 06時33分

主役の登場です。

Nikon D850

これまで、デジタル一眼レフはD300とD800、その後D300とD810という2台体制でした。
サブ機としては、OLYMPUS PEN E-P5もあるものの、操作性の違いや、レンズがマイクロフォーザーズ用で別に必要など、フォーマットの違うカメラをD810と同時にサブに使うのは難しく、これはD300のDXフォーマットとD800/D810のFXフォーマットにも言えることでした。
まだD300は同じFマントなので、レンズのやりくりは出来るものの、同じレンズでも、お互い画角が変わってしまうことが最大の悩みでした。

Nikon D850 + MB-D18

今回はD810は手元に残すことで、D850と共に使用していきます。
これで、FX機2台体制となりました。
MB-D18とEN-EL18bも導入し、これで最初から秒9コマ連写も可能です。

では両者を比較してみましょう。
使い勝手の面で、大きく変わった点は以下の通り。

・画素数アップ(3635万画素→4575万画素)
・液晶が高画素化、タッチパネル化、チルト式に
・D800/D810では内蔵していたフラッシュが非搭載に
・ボタン配列がD5/D500シリーズと同様になり、イルミネーション搭載に
・4K/30p動画対応(フルHDまではフォーカスピーキング対応)
・最大秒9コマ連写へ高速化
・CF/UHS-I SDカードスロットから、XQD/UHS-II SDカードスロットルへ変更
・D5/D500譲りの153点AF搭載
・RAW-S/M搭載(12bitのみ)
・Nikonデジタル一眼レフ最大のファインダ倍率0.75倍
・WiFi/Bluetooth搭載でSnapBridge対応

もっとたくさん違いはありますが、大きな変化点はこんな感じ。

画質については、D810で何ら不満はないので、D850で不満が出ようはずもなく、むしろ余裕のある画素数を活かして、航空機撮影のDXクロップはもちろん、状況に応じてRAW-M(2556万画素)やRAW-S(1136万画素)を設定できるので、データ量の節約もできます。
D810もRAW-Sはあったのですが、中間のRAW-Mができたことで、より使いやすくなったと思います。RAW-Sだけだと画素削りすぎですから。

Nikon D850

サイズは殆ど変わりませんが、重量は980→1005gと少し重くなりました。
最近D7500やD5600などで採用しているモノコックではなく、従来からのマグネシウム外装のため、軽量化はできなかったのでしょう。
また、ファインダ倍率0.75倍という、Nikonデジタル一眼レフで最も高い倍率のため、ペンタプリズムも大きくなっているのも重量増の1つでしょう。

フィールドでの使用はまだ先ですが、D810との比較で家でちょいと触ってみた限りの印象は…

・重くなったようだけど、ほとんど誤差範疇(レンズの重量差のほうが大きい)
・ファインダ大きい!見やすい!
・AF爆速!(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRとの組合せで)
・暗所AFが大幅に向上(AF補助光がなくなったが、中央のセンサは正確にフォーカスしている)
・秒9コマ連写できるので、単写でもミラーのスピードがアップしている
・シャッター音はD810より少し大きめで甲高い
・高感度耐性は1段分は向上している
・ライブビュー時のAFは相変わらず行ったり来たりで速くはない(D810よりは少し速い程度)
・フルHDでしか使えないが、電子手振れ補正は恐ろしいほどよく効く
・あれ、4K動画ではフォーカスピーキング出来ないの?
・とは言え、液晶解像度が上がったため、ライブビューでのMFのピント合わせが快適に
・液晶周りが、D300~D810までとは変わっているので、何か違和感
・内蔵フラッシュがなくなったので、D810では出来た赤外線による外部ストロボのワイヤレス発光できないな

ライブビューや動画時のAFは、相変わらず改善の余地ありですが、フォーカスピーキングが出来るようになったため、MFでのピント合せもしやすくなりました。
SnapBridgeの使い勝手は、追々書いていきたいと思います。とりあえずスマホ転送できることは確認しましたが、ちょっと重たいアプリかな。

まだ出たばかりの機種ですが、次(D860?)があるとしたら、こんな改良を望みたい、というのもあります。

・ライブビューのAF速度向上
コントラスト式でも、もう少し速く出来るはず。像面位相差は画質への影響があるが、最小限に留まるなら採用を考えても良い?

・ボディ内蔵手ブレ補正
一眼レフの光学ファインダの像と実際撮れる像が不一致になるリスクはあれど、PENTAXが既に実現していて、既存のレンズ側のVRと連携して、より強力な手ブレ補正を形成すれば、鬼に金棒と思う。

・4K60P
これはどのメーカーも次の機種で出してきそう。

・4K動画のフォーカスピーキング
ファームアップでD850も対応してくれ。

というわけで、新しい相棒を迎えましたので、早く慣れていきたいと思います。

Nikon D850

まずはストラップ付けて、D810と同じカスタム設定しないと…。

夏っぽくない雲2017年07月31日 06時28分

巻雲?
データ:Nikon D810 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED Aモード(f/8 1/125) RAW現像


早朝に洗濯物を干そうとベランダに出たら、夏っぽくない雲でした。
雲は詳しくないですが、巻雲なのかな?
春や秋によく見る感じです。

飛行機雲もクロスしてよい感じだったので撮ってみました。

レンズは久々のAF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDを。
ここ最近、重量級のAF-S 24-70mm f/2.8E ED VRをメインに使っていたので、2回りも軽くコンパクトな本レンズもまた使いやすくて良いですね。
画質も安定したレンズなので、1本持っていて損がないレンズです。

旧日立航空機立川工場変電所2014年12月15日 23時59分

仕事がお休み、かつ天気も良いので、撮影に行ってきました。ヒコーキも撮りたかったですが、今日は廃墟撮影に決めました。
といっても、保存されている建物です。

旧日立航空機立川工場変電所

旧日立航空機立川工場変電所、東京都は東大和市の市民体育館そばの公園に保存されている戦争史跡です。
1938年に建造された、日立航空機のエンジン工場の変電所として建てられたもので、戦時中は何度か米軍による攻撃にさらされています。

現在は保存されている

公園横に保存されており、周辺は綺麗に整備されています。


旧日立航空機立川工場変電所正面

ご覧のとおり、外壁には無数の銃弾跡があり、攻撃にさらされながらも生きながらえた建物の勇姿を確認できます。


現在は立入禁止に

戦後は所有会社が変わりながらも、変電所として外壁は攻撃を受けた当時のまま稼働し、1993年と近年まで使用されていました。
その後、市が史跡として保存することが決まり、現在に至っています。
入り口は閉ざされ、現状は中に入ることはできません。


無数の弾痕と古い階段

近づくと、無数の弾痕。機銃掃射や爆風に耐え、70年以上の時を経て現在もなお佇む姿は、感慨深いものがあります。
窓越しに古びた階段が確認できます。


奥にはマンションも

奥にはマンションも見え、東大和市の生活圏に保存されているのが興味深い。不思議な対比。


抜けるような青空

2階建てだがなかなかの存在感

クリスマスの装い

周りはこのようにガーデニングされています。


変電所らしき設備が見える

内部の様子は窺い知れませんが、変電所だったと思しき設備は残されています。


変電所の設備が無造作に並べられている建物後ろ

最後に建物の後ろ側を。
碍子など、変電所の設備の一部が無造作に並べられています。建物の後ろには送電線の跡も残っていますね。

小粒ながら、なかなか良い物件でした。
都内は戦争史跡が多く残っているので、せっかく都内住みになったのだから、少しずつ開拓したいです。

この後行った立川の送信所は、ほぼ解体済で、工事の真っ最中でした。少しずつ消えていくだろうから、写真に残したいですね。

道南を観光する2014年04月30日 23時40分

函館に来て、まず行きたかった所。

吉田商店「大地の恵みキノコベジタブルカレー

大地の恵みキノコベジタブルカレーに、チキンレッグをトッピング。辛さは10段階の8のKENSHIで。
具だくさんかつ、汗が吹き出しながらも爽快なスパイスの辛さが染み渡ります。
スープカレーといえば札幌のイメージですが、ぜひここのスープカレーもお試しを。


五稜郭公園の桜

五稜郭公園は桜の名所としても有名ですが、惜しい! この日開花宣言だったようで、まだ一部しか咲いていませんでしたが、久々に五稜郭の桜を見れたのでよしとしましょう。


箱館奉行所

五稜郭公園内にできた箱館奉行所は、未だ観覧できず。子供が今度は下痢のようで…早々に帰宅。
翌日は病院にかかることに。
幸い症状は軽く、本人はいたって元気。


重要文化財「旧中村家住宅」

うちの両親とともに江差に1泊。写真は重要文化財旧中村家から。
昔のものは頑丈で、大事に扱われていたのがよく分かります。


大沼公園

大沼公園も久々。天気がこの日は曇りなのが残念。


大沼公園近くの水芭蕉

大沼近くの水芭蕉群は、今年の雨の少なさで、地面が乾いていて、湿地っぽくなかったです。


宿泊地はさらに移動して、洞爺湖からさらに奥に入った北湯沢温泉の「名水亭」へ。

北湯沢温泉「湯元名水亭」

客室から望む

ここは穴場でした。予想以上に良かった。
スタッフは接客も丁寧、ビュッフェも食べ放題にしては毛ガニ(カニミソ付き)やステーキ(ちゃんと厚みがある)など、質もよく、温泉も広くて、特に露天風呂が素晴らしい。
洞爺湖のホテルにありがちな、宿泊客の過半数が中国人で騒がしいといったこともなく、日本人客も多く、落ち着いて過ごせます。
周辺に何もないのが欠点ですが、純粋にホテルと温泉を楽しむなら、こちらがいいですね。

さて、明日は、登別辺りを観光して、苫小牧からさんふらわぁで帰途につきます。
長かった旅行も、結構あっという間です。

NIKKOR 35mm対決! f/1.8G vs f/2D 絞り開放 夜景編2014年02月19日 23時42分

先日予告したNIKKOR 35mm対決ですが…

撮り直ししなければ(汗

というのも、微妙にピントを外している写真、露出のばらつき、場所が簡単に特定されそうな看板が映り込むなどしているためです。
いやぁ、こういうテストは難しいですね。

というわけで、ブログにて簡単なテスト結果のみ掲載しておきます。

ボディはD800、絞り優先、ISO100です。



●AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 絞り開放
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 絞り開放

●AiAF Nikkor 35mm f/2D 絞り開放
AiAF Nikkor 35mm f/2D 絞り開放

サイズの関係で、長辺2048ドットに解像度を落としています。
まずパッと見での違いは、同じ公称35mmのレンズですが、f/1.8Gのほうが若干画角が広いですね。

また、このサイズでもすぐわかるのが、f/2Dのフレアの多さと解像度の甘さ。
街灯の強い光が入っている部分では、f/2Dはかなりフレアっぽくなっていますが、f/1.8Gはフレアはほとんど発生していません。

コマフレアはどちらのレンズも発生していますが、f/2Dのほうがより顕著です。


●AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 絞り開放 中心部等倍切り出し
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 絞り開放 中心部等倍


●AiAF Nikkor 35mm f/2D 絞り開放 中心部等倍切り出し
AiAF Nikkor 35mm f/2D 絞り開放 中心部等倍

中心部を等倍に切り出したものです。
解像度の違いは一目瞭然。ただ、f/2Dのほうは、ピントが外れている可能性があります。何故か画面周辺の方が解像度が高かったりするので。

フレアの出方の違いも顕著です。ここはf/1.8Gはさすが新しいレンズだけあり、抜けがいいということになります。

パープルフリンジ、と言うよりは軸上色収差でしょうか。光の縁に紫色が出ていますが、これはどちらもそこそこ出ていますが、やはり古いf/2Dのほうが多めです。RAW現像での軸上色収差補正は切ってありますので、素の特性です。

ちなみに、このパープルフリンジ、もしくは軸上色収差は、どちらのレンズもf/4まで絞るとほとんど解消されます。


夜景での絞り開放撮影はまずないでしょうが、これが星の撮影で、絞りを開放にしなければならない条件では、差が出てくるでしょうね。

いずれにしろ、新しいf/1.8Gは、絞り開放からそこそこの解像度が出ています。最近のSIGMAのように開放からカリカリというほどではないですが、ボケ味や階調表現、フレアの少なさは評価できますね。

Hakodate Snap Vol.42013年01月07日 23時57分

何の変哲もない函館の日常風景をただただ紹介するコーナーその4。最終回です。
Vol.3からの続き。

すべてNikon D5000 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G にて撮影。

昔から門がなかった門柱

絞りはほぼ開放のf2.2。
ここまで開けると、浅い被写界深度が立体感を生み出しますね。
この門柱、もう四半世紀前から門は付いていない。何の門柱だったのかは不明。
通学路だったので、毎日ここを通ってたな。

ここは通れなくなったらしい

が、元通学路、現在は柵に閉ざされていた。
ここは通れないが、迂回路が出来ているようです。

立ち並ぶ家も変わったなぁ

ここも昔は左側にも家があったのですが、再開発でなくなってしまったのもだいぶ昔の話。
右側の家も、一部新しくなっているのが時の流れを感じさせます。

昔遊んだ公園

ガキの頃遊んだ公園。ここは昔から変わらない。雪だるま発見!

息を吹き返したアパート

数年前は、アパート群の廃墟だったここ、手前にはマンションが立ち、奥のアパートは建て替えではなく改装されていますね。窓が小さめなのが設計の古さを感じさせるけど、きれいにリフォームされて蘇ったのがちょっと嬉しい。

母校正面の通り

こちらは母校前の通り。
正月時期は人気もなく暗いですね。

校庭から函館山を望む

校庭からの眺めは、昔と変わらない。函館山も見えます。

ここは昔からあったかどうか思い出せない

シューウインドウ。夜のショーウインドウは意味もなく絞りを開けて撮りたくなりますね。
ここは昔からあったようななかったような…。

五稜郭タワー

五稜郭のシンボル、五稜郭タワー。
まだ新しいこのタワー、自分が死ぬまでこのままでいるかな?

Hakodate Snap Vol.32013年01月05日 18時05分

何の変哲もない函館の日常風景をただただ紹介するコーナーその3。
こちらは夜。飲み会に行く前に撮ったものだ。以前住んでいた場所の周辺。
個人的に思い出のある場所で、変わったところもあれば、昔のままのところも。

すべてNikon D5000 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G にて撮影。
絞りを開け気味で撮影、明るいレンズは夜でも手持ち撮影を可能にする。

ホリタ名が入った旧グルメシティ五稜郭店のシャッター

閉店して何年か経つ、旧グルメシティ五稜郭店。グルメシティと呼ばれる前はダイエーで、その前はホリタだった。
シャッターは昔のホリタのままだ。このマークも懐かしい。ホリタと呼ばれていたのは80年代までだったような。
ここは再開発で、早ければ2014年4月から取り壊しし、複合商業施設+集合住宅のビルになるというあんも出ているようです。
参考:http://www.ehako.com/news/news2011a/5013_index_msg.shtml

五稜郭電停と丸井今井

その向かいにある丸井今井。ここの入口は、帰省時期の格好の待ち合わせ場所になっていて、この日も人は入れど買い物している客は少ない。
まだグルメシティがやっていた頃は、そちらで待ち合わせで、入口にあるパーラーで小腹を満たすということもやっていましたね。

ラインナップが素敵なカメラのカナミさん

昔よく行ったカメラのカナミ。
もう最近のデジタルカメラはあまり売る気は無さそうで、何故かアクセサリー類がショーウインドウに並び、反対側にはクラシックカメラが。
このラインナップがなかなかいいです。マミヤのレンジファインダーとかマニアックよね。

某結婚式場から

旧国鉄官舎跡の土地は長らく空き地だったのですが、この結婚式場が出来てもう結構経ちますね。
今風のなかなか立派な式場です。

結婚式場の教会

併設された教会のステンドグラスもこれまた豪華。

昔住んでいた場所の近く

ここはもう昔住んでいた場所に極めて近い場所。ちなみにその住んでいたところは、今は取り壊されて駐車場です。
奥に見えるのが市民プール。

母校

母校です。ここは昔のままです。
昔からボロかったですが、今でも当時のままなので、とても懐かしいですね。

何度も通った道

ここを通ったものです。
冬休み中、夜なので人気はありませんが。

南に戻りました2013年01月04日 12時43分

AIR DOの機上から
データ:Nikon D5000 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G Aモード(f6.3 1/800) RAW現像


早朝の飛行機で帰って参りました。
今日も函館は朝からガンガン雪が積もっていて。到着便も遅れたけど、出発はなんとか定刻通り。

それにしても、日本って同じ国なのにこうも天候が違うのね。
飛行機はちょうど海岸線沿いを飛行していて、福島あたりまでは雲に覆われ、雲の切れ間から雪が積もっているのが見えたけど、栃木に入って一転、すっきり晴れている。

上空からはツインリンクもてぎ、筑波山、常磐道、アクアラインに富士山がバッチリ見えました。今回はナイスな航路と座席でした。

写真は高度を下げつつ羽田へのアプローチ中の写真。富士山もバッチリ見えます。
若干写真が不鮮明なのは、離陸前に機体に散布された除氷剤で、少し窓が曇っているからで。

この時点ではまだ電子機器使用OK。機械式のフィルムカメラなら関係ないけどね。

さてこれから嫁さんを迎えに行って、いよいよ引越して以来、4ヶ月ぶりの一緒の生活です。

このブログも、スマホのテザリングでノートPCから書いてます。
便利になったものですね。