関東もちょっとした雪国に2018年01月25日 06時41分

一昨日(1/23)の朝の撮影。
カラーじゃ何か違うと思って、モノクロ化してみました。
本当は、GX7MK2のL.モノクロームがいいのですが、この時はJPG撮影だったので、PhotoshopからNik Collectionのプラグイン、Silver Efex Pro2でモノクロ化。

雪の公園

裏路地

植え込み

この日の日中には、日当たりの良い部分は雪解けしましたが、日当たりの悪い裏路地は溶けずに凍ってを繰り返して、道路はガッタガタです。
今週いっぱい寒いので、凍結路面に注意が必要ですね。

関東降雪につき2018年01月23日 06時25分

週末、娘がインフルエンザになってしまい、娘とお出かけの予定が急遽息子になったりと、色々バタバタしていまして、昨日もまだ娘の熱が少し高かったので、仕事はお休みしました。

結果的に仕事を休んで正解な天気でしたね。
関東では4年ぶりとなる大雪。北国では普通ですが、普段全く雪が降らない関東で、20cm以上積もると、これはもう交通機関は麻痺しますね。多分出社していても、早期帰宅命令が出ているはずです。

娘の看病で家から出られないので、確定申告のデータ入力をしたり、写真撮ったり。

日曜のTweetで…
studio9さんのこんな記事があったので、これを見て早速実践。

降雪をスピードライトで表現

Nikon D850 + Carl Zeiss Planar 1.4/50 ZF.2に、スピードライトSB-900をマニュアルでフル発光。
雪っぽい写真が撮れました。絞りはf5です。

ちなみに絞り開放だと…

絞り開放だとボケすぎて雪が表現できず

古典的なレンズ故、口径食で雪がラグビーボールのような形になっていますね。また被写界深度も浅すぎて、雪もボケすぎてあまりわからない感じに。50mmの場合、適度に絞ったほうが良さそうですね。
夜も撮ってみましたが、現在カメラをタイムラプスでベランダに出しっぱなしなので、データをまだ拾えていません。

D850のタイムラプスで雪景色を撮る

こんな感じで昨日夜からタイムラプス撮影中。さて結果はどうなるやら…。

2018年あけましておめでとうございます2018年01月01日 07時01分

我が家から望む富士山

新年あけましておめでとうございます!

2018年がスタートしました。

年末年始はバタバタしまして、仕事が終わって実家に帰省した頃から体調が思わしくなかった妻、熱が38℃オーバーとなり、一度下がってホッとしたと思ったら、再び38℃超え。

これはと、大晦日の夜、救急病院へ行き、見事インフルエンザB型の診断。
吸入薬を処方してもらい、しばらく安静です。
なので、初詣も行かず、まったりしています。

今年の目標は、インフルエンザにかからないこと!

そんなこんなで、本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

年の瀬に魚眼で遊ぶ2017年12月30日 07時25分

昨日は、子供らも冬休みに入り、妻だけが仕事だったので、娘のリクエストで練馬の光が丘公園へ行ってきました。
子供はすぐ他のこと仲良くなっていいですね。

子供らを見ながら、写真もちょこちょこ、120枚程度に動画を。
サブ機でも4K動画が高画質で撮れるようになり、PEN E-P5の時は画質の悪さとAFの抜けがひどくてあまり撮らなくなっていた動画も頻度が増えました。よってHDDを圧迫しています(汗

今回は、GX7MK2を導入してまだ使っていなかった、SAMYANGの魚眼で撮ってみました。

光が丘公園にて

光芒が斜めなのは、絞り羽根も斜めになっているから…

PEN E-P5と違い、LUMIX G7MK2は、非CPUレンズだと、電源入れるたびに毎回レンズの焦点距離を聞いてきます。
これはボディ内蔵手振れ補正の最適化のために使用するようですが、撮影データのExifには、PENもLUMIXも記録されないんですね。
ちなみにG7MK2には、NO-LENSと記録されます。レンズなしレリーズを許可する設定にすることで、非CPUレンズで撮影可能です。

光が丘公園にて

最近お気に入りのL.モノクロームで現像。
魚眼レンズは、どうしても見上げるアングルになりがちで、使いこなしが難しいですね。
そうそう、昔のNikonが魚眼レンズ天国だったのは、学術的用途や、工事現場(トンネル工事など)のように業務用途で使われることが多かったからだそうです、って受け売りですが。

自分の影 指が写った

木と自分の影。面白いのが撮れたかな、と右下を見たら指が写っていました(笑
魚眼レンズに限らず、超広角レンズでありがちな失敗ですが、これもまた味ということで。


今日から栃木の妻の実家に帰省です。
PCは持っていくので、当ブログは変わらず投稿できる…かな?

10年前の湯西川の星空2017年12月18日 06時28分

湯西川の星空
COOLPIX5400のRAW現像はあまりいじれないけど、さすがにD300世代ともなると話は別で、この世代のカメラからNikonはピクチャーコントロールやアクティブDライティングなど、現代に通じるものが搭載され始めました。

というわけで、今でもRAW現像すれば結構使えるのがD300。

写真は約10年前の2008年1月、湯西川のかまくら祭りに行った際に撮影。
平家の残党が隠れ住んだ里、という趣は今でもあり、栃木でも秘境みたいな感じ。

最近は道が整備されて広くなりましたが、この当時はまだ川沿いの細いグネグネの道を通っていかなければならず、またこの辺りは北国と変わらない積雪なので、栃木県民でも慣れないと走行が辛いかも。
今はそんなことはないですけどね。

D300にレンズはAF-S 18-70mm f/3.5-4.5G。
当時はD300を買ったばかりで、広角はこのズームの18-70mmしかなかったけど、このレンズ、秀でている部分もない代わりに、大きな欠点もなく、使いやすいレンズでした。
今となってはVRがないのが辛いところですかね。

ISO1000で30秒、絞りはf8でしたが、開放にして感度落とすかシャッター速度上げたほうが良かったかも。
30秒でも、微妙に星はブレてしまいます。
今回はこれを再度RAW現像してみました。当時のCapture NXより処理は良くなっているのかな?

D810やD850では、星を撮ったことはなく、一度撮影に行ってみたいですね。

一輪だけ咲きそうなカーネーションの蕾を撮ってみた2017年10月23日 06時24分

日曜日は台風の影響で大雨。
子供のスイミングに行く以外は、家でおとなしくしていましたが、今年の母の日にかったカーネーションが、一度枯れかけた後復活し、今一輪だけ蕾ができているので、マイクロニッコールで撮影してみました。

D810 + SB-900ワイヤレスで撮影

カメラはD850ではなく、D810です。何故かと言うと、このようにスピードライトSB-900を、カメラに装着ではなくワイヤレスで発光させるには、D810の内蔵スピードライトがコマンダーになるため、D850のような内蔵スピードライトがないカメラは、カメラ単体では出来ないんですよね。
内蔵スピードライトがない方が、ペンタプリズム周りのデザインもスッキリして、PCニッコールのようなシフトレンズとの干渉が抑えられるという利点もありますが、いざという時の発光や、ワイヤレス発光のコマンダーとして使えるので、有無は一長一短だと思っています。

D850で同じことをしようとすると、SB-5000にWR-R10/A10、またはSB-5000以外のフラッシュをD850に装着して、コマンダーとして使用しなければなりません。
従来の赤外線制御のワイヤレス制御から、電波制御に対応となって、一見便利で確実性は増したものの、別売りのアクセサリが必要となっていて、一概に便利とはいえなくなっています。

さて、SB-900はカメラにクリップオンだと、マクロ撮影では光を被写体に当てられないので、上の写真のようにワイヤレスで直接光が被写体に当たるような撮り方をしています。

これから3つの作例を掲載しますが、光の当て方、調光一つでこれだけ変わります。

いずれも、Nikon D810にAiAF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D + SB-900(ワイヤレス発光)です。
絞りはマクロ撮影故に絞込みF29、シャッタースピードは1/250秒でマニュアル撮影です。

TTL調光
●TTL-BL調光

こちらはTTL調光。背景の露出も考慮するため、全体的に均一な露光にはなりますが、主体がぼやけてしまう印象。


マニュアル発光

マニュアル発光
●マニュアル発光(1/64)

SB-900のからの光の向きを変えて撮ってみました。
マニュアル発光で、背景は絞り込んでシャッタースピードも上げているために暗くなっていて、被写体のみにフラッシュ光が当たり、蕾が浮かび上がるように撮ってみました。
光の当て方だけでも、これだけ表情が変わります。面白いです。絞ってもまだ被写界深度が浅く感じます。
同じ状況でも、ここまで写り方は変わるのです。

これはSB-900一灯のみですが、これを複数にして、あらゆる方向から当てれば、表情も更に変わってきます。
ライティングは本当に奥が深いですね。

長瀞スナップ22017年10月03日 06時28分

引き続き長瀞のスナップを。

鮎の塩焼き

ちょっと周りの色が雑然としていたので、Nik CollectionのSilver Efex Pro2でモノクロ化。
モノクロにすると、余計な色情報がないので、ボケ味がよくわかります。
38mm付近で絞り開放ですが、適度なボケ味が心地よいです(一人懐

岩畳

JPG撮って出し、-0.3ですが、デジカメにありがちな、マイナス側への露出補正に対して、中間階調を持ち上げすぎてあまり明るさが変わらない、ということがD850ではないようで、割と素直に露出補正に反応してくれます。アクティブDライティングはAUTOになっているのですけどね。
リバーサルフィルムで撮っているような感覚。

岩畳

ピクチャーコントロールはスタンダードで、彩度はデフォルトでは濃いと感じたので-0.5に、それ以外はデフォルトで撮っていますが、少しコントラストも強いように感じます。絵が硬いように感じるのはそのせいかな?
D810ではコントラストAUTOに設定していたので、D850もAUTOを試してみようかな。

岩畳

露出補正なし。この情景だと、もう少し露出を落とせばよかったです。
4600万画素のカメラですが、等倍では樹の葉のような高周波数の画像は、解像感はもう一歩で、ここはベイヤーセンサの限界とも感じられます。解像感は、SIGMAのFoveonセンサには敵いませんね。
もっとも、Foveonセンサは、解像度と引き換えに、センサが多層になっているので、奥のセンサになるに従い光量低下するためノイズ的に厳しい、色分離が悪いと言った問題点も抱えているようで、一長一短なんでしょうね。

岩畳と荒川

もう1ヶ月もすると、この辺りも紅葉シーズンですね。

長瀞スナップ12017年10月02日 06時26分

流しそうめんの後は、久々に訪れた長瀞をスナップ。

写ルンです!あります

当時モノの看板。最近復権しつつある「写ルンです」、デジタルで育った若い世代には、実態としての頃フィルムは逆に新鮮でしょうね。

はやしそば

次は蕎麦屋に行きたいな。
D850、撮影時に背面の液晶画面で見ると、黒つぶれしているように見えても、PCのモニタで見るとちゃんと階調が出ています。
-1.0補正しましたが、もっと落としても良かったな。

日本酒ラベル

ああっ、なかなか良いラインアップです。而今に風の杜とか十四代とか義侠とか、いいねぇ。

花が好き

子供らは酒より花。当たり前か(笑

いずれの写真も、f2.8~3.5と、開放か少し絞っただけの撮影ですが、AF-S 24-70mm f/2.8E ED VRは、どの絞りでも描写が基本的に安定しているGタイプと違い、開放にするほど味と立体感が出ますね。
解像度命の最近の風潮とは一味違うレンズです。もちろんピントの合ったところはちゃんと解像度は出ます。
雰囲気がよく表現できるレンズです。

1999年3月建造中の市立函館病院2017年09月27日 06時22分

1999年3月建造中の市立函館病院

ここ最近、フィルムのスキャンを積極的に進めていますが、ここでは1999年3月12日における、建造中の市立函館病院の写真を。

五稜郭駅に向かう跨線橋からの撮影。
カメラは、日付が入っているので、多分実家にあったFijifilmのカルディアズームだったかと思う。
写っている車が、まだセダンが多いのが時代を感じさせます。

元々は国鉄の官舎が建っていた場所で、この近所に越してきたときは、官舎を壊して更地になった後でした。
この建物は2000年に完成しているので、今年で17年。早いものです。

1998年のフィルムスキャン中2017年09月22日 06時29分

美々
1998年の、千歳市美々。自然豊かな場所です。今でもこの風景は変わらないはず。

この当時撮影したフィルムが、変色がフィルムシート右端の空気に触れやすいところから進行していて、現在スキャンしてデジタル化を推進中。

まだこの当時は今ほど写真は撮っていなかったけど、さすがに20年近く前の写真は、今見ると逆に新鮮ですね。
これが写真の醍醐味でしょう。