D850でAF Micro-Nikkor 60mm f/2.8DのAF微調整を行う2017年09月23日 07時04分

高画素機のカメラにとっては、AFの精度は解像感に大きく影響を及ぼすものですが、D810のときにAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRでフォーカス精度が気になり、AF微調整を行いました

結局、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは保証期間内ということもあり、メーカーに調整に出して、Nikon側は「ズレはないけど再調整した」ということで返却されるも、返却されたレンズは、AF微調整しなくてもジャスピンになったという経緯もあり、AF微調整は結構重要なのかなと思っています。

D850導入依頼、手持ちの様々なレンズを使用しましたが、AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dは、手持ちのレンズで数少なくなってきた、ボディ内蔵AF駆動の古いレンズとなります。
ボディからの機械式伝達なので、どうしても細かいフォーカス駆動では、バックラッシュの影響による精度誤差が避けられません。
なので、ある程度は仕方ないにしろ、やはりAF-Sレンズと比べると、少しジャスピン率が低い気がして、AF微調整を行うことに。

AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dを装着したD850

Nikon D300以降、D800、D810と、AF微調整ができるカメラでしたが、いずれも手動調整で、撮っては確認しの繰り返しでしたが、D850では、AF微調整の自動設定が可能となりました。
今回はこれを使って調整してみたいと思います。

ISO12233テストチャートでAF微調整調整

例によって、ISO12233テストチャートを用いて調整します。
まずはライブビューのスチル撮影モードに設定し(動画モードだとAF微調整の自動設定が出来ない)、ライブビューによるコントラストAFにてピントを合わせます。
200%に拡大表示し、フォーカスが合っていることを確認。
次に、AFモードボタンと動画撮影開始ボタンを同時に2秒以上押し続けると、AF微調整の自動設定メニューが表示されるので、「はい」を選択すると、自動で撮影が開始され、瞬時に微調整の値が設定されます。

ただ、何度かやったところ、かなりAF微調整はシビアなせいか、何度やってもピント位置の微調整は同じ値にはなりませんので、数回やって、その平均値か、頻度の高い値、中央値のいずれかを採用し、実写で更に追い込んでいくのが良いでしょう。
実際、D810のときでも痛感しましたが、±3位内の調整だと、殆ど結果の差がわからない感じです。

AF微調整は非常にシビアで難しく、フォーカス精度によほどの疑問を持たない限りは、下手に触るべきではなく、調整によって特定の距離の精度が良くなっても、遠景で悪化する可能性もあるので、注意が必要です。

AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D微調整後の数値

AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dは、必ずフォーカスを無限遠までずらし、そこからライブビューのコントラストAFで合わせて、AF微調整を行い、1回終わったらまた無限遠にフォーカスをずらし…というのを10回行いました。
その中で数値は-12~-2でしたが、ここは中央値かつ頻度の高い-7を採用。

あとは平面チャートだけではわからないので、3次元の被写体である実写で確認しようと思います。
それにしても、AF微調整の自動設定は楽ですね。

1998年のフィルムスキャン中2017年09月22日 06時29分

美々
1998年の、千歳市美々。自然豊かな場所です。今でもこの風景は変わらないはず。

この当時撮影したフィルムが、変色がフィルムシート右端の空気に触れやすいところから進行していて、現在スキャンしてデジタル化を推進中。

まだこの当時は今ほど写真は撮っていなかったけど、さすがに20年近く前の写真は、今見ると逆に新鮮ですね。
これが写真の醍醐味でしょう。

Nikon D850の不満点・ファインダー2017年09月21日 06時33分

秋の空になってきました
データ:Nikon D850 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2 Aモード(f/5.6 1/13)-0.7 RAW現像


Nikon D850にCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2を付ける。
元々このレンズは開放で収差が大きいレンズのため、ピントの山が見づらいレンズではあるものの、それを差し引いても、D850のピントの山は、D810と対して変わらず、見やすいものではなかったです。

確かにファインダ倍率は、Nikonのデジタル一眼レフでは一番大きな0.75倍ではあっても、それとピントの山の見やすさは別。

液晶通しのファインダーと言うのはあっても、金のかかり方はD一桁とは違うということですね。

古いF90Xのほうが見やすいんですよね。あちらは視野率92%しかなく、ファインダ倍率は0.75倍ですが、液晶のスーパーインポーズが無いF90XやF4なんかは、AF機でもピントは見やすいのです。

相変わらず、フォーカスエイドやライブビューの拡大表示に頼るしかないです。

1998年9月北千歳駐屯地祭2017年09月20日 06時38分

懐かしの写真シリーズ。
1998年9月(何日かは不明)の北千歳駐屯地祭。ここは当時住んでいた場所からチャリンコで行った記憶がある。
当時のカメラはまだYashica TL Electro Xだった。

90式戦車

当時はまだ最新鋭だった90式戦車。まだまだ現役なので、全然懐かしくない(笑
脚立が横に置いてあり、ここを登って子供らは見学していました。
今だと、こういう乗せ方はしないような気がします。昔はのどかでした。

88式地対艦ミサイル

こちらは88式地対艦誘導弾。
後継の12式地対艦誘導弾がまだここには配備されていないはずで、まだ現役と思われます。

改良ホーク(改善II型?)

こちらはちょっと懐かしい改良ホーク地対空ミサイル。多分改善II型。運搬パレットに載せられた状態で、ここからは直接発射せず、専用の発射機に移されます。
後継の03式地対空誘導弾が高価すぎて配備が進まず、まだ現役なのかな?

この時は多分訓練展示は撮影せず、ちょっと見に行っただけな気がします。
この次の年以降ですかね、本格的に撮り始めたのは。

噂に聞いていたNikonのSnapBridgeは、便利だがなかなかの曲者だった2017年09月18日 06時01分

D850に搭載されているSnapBridgeは、Nikonがここ最近のカメラに搭載している、スマホやタブレットと連携し、Bluetooth経由で画像を転送したり、スマホのGPSデータや時計データをカメラに反映させる、リモートでカメラを操作する、と言った機能を提供してくれます。

SnapBridge

従来から、Wi-Fiによるスマホへの画像転送や接続機能は、他社も含め一般的になりつつありますが、SnapBridgeの面白いところは、Bluetoothを使用し、常時カメラと接続しようというもので、画像転送もBluetoothを使用し、シームレスに転送可能というものです。

ところが、現実は…

一眼レフではD3400を皮切りに、搭載されだしたSnapBridge、完成度が低く、繋がらない、画像転送されないトラブルが相次いでいました。
特に、アクションカメラKeyMissionでは、その評判がとても悪く、元々さほど評判が良くないKeyMissionに更に悪印象を与えることに。
その後少しづつ改善はされているようですが、現実は甘くなかった。

D850…繋がらない!

いや、正確には初期設定ではすんなり繋がったし、その後は暫く撮った画像は自動転送する設定にしていて、試し撮りしていたらバンバン画像が転送されていて、

「割と使えるじゃん♪」

と思いました。その時は。

が、1日たって、今度は「リモート撮影」を試そうとしたところ、カメラとスマホが繋がらない。いつまでも繋がらない。全く繋がらない。

待機中のままつながらない

いつまでも待機中のまま…
何をやってもダメなので、一度カメラ側、スマホ側共に設定を消してペアリングし直すと、ちゃんと繋がった。

ところで、D850はBluetoothとWi-Fi両方搭載されていて、スマホとのペアリングと画像転送はBluetoothを使用するので、Wi-Fiってなんのためにあるんだろう、と思っていたら、「リモート撮影」のライブビュー画像の転送のような、速度が要求される場合はWi-Fi接続になるらしい。
また、「お好み画像転送」で、カメラ内の画像をサムネイル表示させる際もまた、Wi-Fi接続しているようです。
このあたり一貫性がない気がしますが、極力普段はWi-Fiを使えわないでBluetoothとすることで、省電力にしたいようですね。

リモート撮影するにも繋がらなければ

ただ「リモート撮影」については、今使っているスマホのXperia Z2が3年以上前の古い機種ということを考慮しても、転送速度が遅く使い物になりません。

さて実際に屋外で撮影した限り、例えば先日行った横田基地での撮影は、前半は画像転送、GPSデータの付与は行えていたようです。
ただし、スマホのGPSは、収納場所によって精度は左右される感覚があり、ちゃんとGPSデータを捕捉、付与したい場合は、これまでと同様、GP-1/1Aやその他GPSユニットを搭載したほうが確実な気がします。
またDAWN di-GPSを買ったほうがよいかな? GP-1も持っているので、暫くはこちらも活用します。ケーブルが邪魔だけど。
で、横田基地での撮影でしたが、午後からはSnapBridgeが全く繋がらなくなりました。

スマホやカメラ側のBluetoothを一度切って入れ直すも、全くダメ。もう困りものです。
仕方ないので、また設定を一旦消して、接続し直すも、今度はスマホからカメラの型番と製造番号が法事され、接続開始をすると、いつまでも接続中のままで一向に繋がらず、タイムアウトする始末。

どうもBluetoothが不安定です。
繋がってしまえば結構快適に画像転送もされて便利なのですが、繋がらないので話になりません。

個人的な使い方としては、何でもかんでもスマホに転送させるというより、転送したいものだけ選んで転送させたいので、その時に繋がらないというのは結構イライラ来ます。
最も、D810用に導入した東芝の無線LAN内蔵SDカード、FlashAirも時々繋がらなくなったりする気まぐれさがあるので、電波モノの宿命か…と思いたいところですが、普段持ちカメラのOLYMPUS PEN E-P5は接続できなかったということはなく、割と快適(画像転送中に途切れてしまったとか、GPSデータをなかなか画像に付与してくれないということはたまにある)なので、せめてそれくらいに熟成させてほしいですね。

SnapBridge自体は、なかなか良いアイディアだと思うので、接続性をもっと改善して下さいね、Nikonさん。
この手のデジタルガジェットは、今後もっと力を入れるべき分野ですから、リストラばかりでなく、デジタル型の開発人員も強化すべきでしょう。

Nikon D850 4K TimeLapse Test2017年09月17日 06時11分

Nikon D850の4Kタイムラプス動画のテストをしてみました。
D810はフルHDの60pに対応していましたが、D850は4Kの30pに対応(タイムラプスだけなら60pに対応しても良かったのでは?)。

発売前の噂では8Kのタイムラプスもできるという話でしたが、実際には8Kタイムラプスの素材撮りができるだけで、タイムラプス動画自体は別途編集ソフトで行う、ということでした。
まあ8Kはまだまだ再生環境もなく一般的ではないので、現時点では4Kで楽しみましょう。
って、うちも4K環境はなく、今使っているPCのディスプレイを入れ替える際には、4Kのハードウェアキャリブレーション対応のものに換えたいですね。

マンションのベランダからただ撮っただけの、何の変哲もないタイムラプス動画です。
なお、レンズはCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2です。






雲の動きはよく分かるけど、絵的に映えない…


D810のときに撮ったこういうのをまた撮ってみたいですね。



自然が相手なので、何度もチャレンジですかね。
幸い、D850のタイムラプスは、電子シャッターでの撮影が可能になりましたので、シャッターの消耗がなくてよいです。
D810だと、シャッターの消耗が気になって、それだけであまり使わなかったですからね。

横田基地FSD前日2017年09月16日 07時30分

前来てからン年ぶり? 覚えていないくらい、大昔に行ったっきりの横田基地。
本日から始まるフレンドシップディの前日は、展示機が集結すると見込み、久々に行ってみました。
Nikon D850のテストも兼ねています。

C-130J(15-5810)

C-130J(15-5810)
C-130J(15-5810)

午前中は瑞穂町R/W18側から。今日はこちらは上がり側でしたね。
にしても、C-130Jがたまに上がるくらいで、割と静か…

ATLAS B767-300ER(N641GT)

ATLAS B767-300ER(N641GT)
ATLAS航空 B767-300ER(N641GT)

横田への定期便です。こちらは貨物と人員輸送かな?


C-310J(15-5817)
C-130J(15-5817)

こちらは何度も上がっていたので、離発着訓練でしょう。

P-8A(168857)
P-8A(168857)

やっと外来機お出まし。海軍からP-8Aポセイドン、最新の哨戒機です。


MC-130H(87-0024)

MC-130H(87-0024)
MC-130H(87-0024)

MC-130HコンバットタロンII、特殊作戦など行う機体だけあって、レーダー・アンテナがゴテゴテ着いていますね。


ATLAS B767-300ER(N641GT)

午後は国道16号側に移動、ギャラリーの多いこと!
でも基地は静かです。

気がついたら、ATLAS航空が上がっていきました。

この後しばらくぼーっとしていたら…


ブルーインパルス

ブルーインパルス

ブルーインパルスが現れた!
八王子市の市制100周年記念で、16日(土)に飛ぶ予定で、この日前日は、予行でのフライト。
横田基地からもよく見えたようですが、残念ながら、自分のいた場所は木が多くて見えず。これ、移動しないで瑞穂町側にいたほうが見えてたかも。
とは言え、最後に横田基地上空をフライパスするサービスを見せてくれました。


F-2B(43-8125)
F-2B(43-8125)

アレレ? ゲスト機と思われていた、空自のF-2Bが上がっていきました。何故でしょう?

ここで終わり。
夕方になっても、これと言ったフライトなし。
B-1B爆撃機も、やはりこの日の朝の北朝鮮のミサイル発射の影響か、来れなくなったようで。
F-15CやF-16など、三沢や沖縄の機体も、ミサイルの影響や台風の影響で来ないようです。

本日からFSDですが、当方は行けないので、皆様楽しんできてください。

チルト液晶の角が2017年09月14日 06時39分

液晶の角がサブセレクターに接触
Nikon D850は大満足ですが、1つ気になったことが。

チルト式の液晶画面になり、色んな角度で遊んでいたら、フォーカスポイントが勝手に移動していく!
不具合か!?と思ったら、液晶画面の角が、サブセレクターに接触して押されていました。

これは気をつけないとだな…。

D850のRAW-M , RAW-Sを試す2017年09月13日 06時30分

Nikon D850では、D810にあったRAW S(約904万画素/D810・約1136万画素/D850)だけではなく、その中間であるRAW M(2556万画素)が設定できるようになりました。
D810でRAW Sは、あまりに解像度が違いすぎて、使用する場面が想定できなかったので、使ったことはないです。

ところが、D850のRAW Mは、D810以外のFX機、D5やD750などよりも、画素数が多いわけで、フル画素の4544万画素まで必要ない場合、メモリカードを節約したい場合には、積極的にRAW Mを使うのも1つの手です。
RAW MやRAW Sでは、14bit記録はできず、可逆圧縮の12bitのみとなりますが、現実的に現代のディスプレイやプリンタが、12bitと14bitの差を表現できませんし、殆ど差はわからないと思われます。

とりあえず手持ち撮影で試してみました。
が、ブログでは解像度を横方向1280ドットに落としているので、差はわからないですね…

D850 RAW L
●D850 RAW L

D850RAW M
●D850 RAW M

D850 RAW S
●D850 RAW S

スミマセン、解像度落としていると差がわかりませんね。
ただ、解像度を落とす前の画像を見た限り、問題なく使えそうな画質でした。

航空機撮影のように、連写コマ数が多い場合は、RAW Mを使うのもありですね。
ところで、面白いことに、同じ12bitロスレス圧縮の場合、RAW Lの連続撮影枚数が170コマに対し、RAW Mで94コマ、RAW Sで56コマと、データ量は落ちるのに、コマ数も減るんです。
ということは、実際には内部でフル画素で撮ったものをリサイズしているんでしょうね。

D850の暗部の諧調は結構良いかも2017年09月12日 06時40分

昨日載せた写真のちょっと前の時間、ちょうど横浜は野毛についたときに撮ったもの。
夕方だけど、いずれもISO64で撮ったもの。

野毛

串焼き居酒屋陽だまり

これを見ると、D850のダイナミックレンジはD810に劣ることはなさそうな気がしてきました。
むしろ、暗部の階調は良くなっている印象で、これは裏面照射型CMOSセンサのおかげでしょうか?
それでもまだ2年前のSONY α7RIIのダイナミックレンジには届かないという記事も出ていて、今回のD850のセンサは、Nikon設計のSONY製造と言われていますが、設計もSONYのほうが上手なんでしょうね。
α7RIIは、現時点では秒5コマ連写ですが、おそらく次のモデルでは、D850を意識して、連写速度も上げてくるでしょうね。


上の写真のレンズは、久々に使ったAF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDですが、やっぱり軽くていいです。
立体感もよくでています。