岩畳~からの~八幡家でかき氷2019年09月03日 06時41分

流しそうめんをたらふく食べて、またまた子供達のリクエストで岩畳へ。好きねぇ。

岩畳

AI Nikkor 24mm f/2の絞り開放

AI Nikkor 24mm f/2の絞り開放で、被写体の変なポーズは気にしないでくださいw
このレンズ、開放でも中心部の解像力は高く、逆に周辺はf2.8までは収差の影響が出ますが、この特性を逆手に取って、広角レンズだけど日の丸構図のポートレイトなんかに良いのではないかと思います。

で、もう腹が減ったとか抜かすので(散々流しそうめんで食べたのに…)、デザート食べにまた並ぶ。

八幡家で並ぶ

長瀞では有名店なのかな? 一番並んでいるのでそうなんでしょう。
大きなかき氷が出てくる「八幡家」へ。

八幡家

八幡家店内

かき氷メニュー

かき氷いちご

娘はいちごをチョイス。

かき氷黒蜜ミルク

妻は黒糖ミルクを。

うーんあま~い!

長瀞に流しそうめん食べに行ってきた2019年09月02日 06時20分

毎年恒例になりつつある、長瀞の流しそうめんに行ってきました。
本当は、娘の誕生日にあわせて7月後半あたりに行く予定だったのですが、まさかの胃腸炎からの入院となってしまい、先送りとなっていました。
でも、この時期の気温のほうが過ごしやすいかな。

長瀞の岩畳

順番待ちの間、長瀞名物、岩畳を観光。去年は釣れない感じだった子供達が何故か今年はハマるw
割とあちこち見て回りました。
岩畳の上はさすがに暑い。岩が熱を持つんでしょうねぇ。

長瀞の岩畳

もう少し晴れていたらね。

長瀞長生館の流しそうめん

長瀞長生館の流しそうめん。
予約はできませんが、その場でタブレットで番号を発券して、順番が近くなったらメールでの呼び出しも可能です。
自分が来た時点で20組近くの待ちでしたが、客回転は割と早めなので、待ち時間は1時間弱。
その間に、観光するのもよいかと。

流しそうめんの薬味

順番が来ました。
流しそうめんは食べ放題、薬味もなくなったら追加できます。
飽きたら味変出来るので、結構楽しめるかと思います。

茹でたそうめんをどんどん流してくれます

こんな感じで、向こうの番台?ブース?で茹でた麺を流してくれます。
対岸にも同じ用に竹筒があり、同時に8組程度が楽しめます。

ほとんどのお客さんは、15分くらいで終わってしまうっぽいですが、我が家は1時間近くいましたw

流しそうめん中

流しそうめん堪能中

流れた麺は桶に貯まる

流しそうめんの麺をすくうのは難しい

流れてくる麺のキャッチ、全部は無理! 箸から流れてしまいます。
流れた麺は桶に貯まるので、すくい上げて頂きます。

流しそうめんの流し撮り

流しそうめんの流し撮りにチャレンジ! 戦闘機の流し撮りより難しいです。なぜなら麺の塊は動くから! 被写体ブレするんですね。

お口直しのミニトマト

お腹いっぱいになったら、その旨を番台に告げると、最後にお口直しのミニトマトが流れてきて終了です。
もう9月ですが、まだまだ暑いので、涼し気な流しそうめんはおすすめです。

娘、入院する2019年07月26日 06時56分

先週から胃腸炎で発熱嘔吐していた娘、今週半ばには熱も下がって回復に向かっていた…矢先に今度は激しい頭痛、そして救急病院の待合室で大リバースorz
昨日も午前中に小児科にかかった結果、長引いているので一度入院することに。
症状自体は重症ではないので、そんなに長くは入院しないとは思うのですが、それでも入院ともなるといろいろ大変ですね。
自分も今週は2日しか仕事行っていません。

とりあえず焼肉ランチで腹ごしらえ

入院が決まって、娘は病棟へ、一旦妻と引き上げてきて腹ごしらえに焼肉ランチ(笑
A5ランクの和牛肉、写真のランチセットでハラミが980円、カルビが1080円。でもこの量の肉って微妙に物足りない…

ちなみにこの写真は、Xperia 1の標準レンズ(26mm f/1.6・1/2.6型センサ)で撮影。f/1.6とは明るいレンズですね。
スマホのカメラもここまで来たか、といった具合で、このセンササイズからすると、ディテールも豊富で、ノイズ感も少ないですね。
Xperia XZのカメラだと、もう少しモヤモヤとしたノイズが出ます。基本感度であっても。


入院道具持って再び病院へ。

ベッドからプリキュアのDVD閲覧中

病室内はタブレット端末やPCは持ち込み禁止、スマホで動画見せるのはOK(タブレットとスマホの境目がよくわからないのだが)、ですが、小児病棟はおもちゃやDVDの無料貸出があるので、今回はDVDを借りてみました。
ただし、テレビ自体はテレビカードを購入(1000分1000円)しないと表示しないので、ここは仕方なくテレビカード購入。余ったテレビカードの残度数は、退院の際に精算できるので、まあ仕方ないか…

この写真は、超広角レンズ(16mm f/2.4・1/3.4型センサ)で撮影。
歪みは気になりますが、狭い場所では引けないことも多々ありますし、何より超広角レンズをスマホで気軽に撮れることは素晴らしい。歪みが気になる場合は、歪補正を強めにかけることも可能です(その代わり画像処理なので画質は落ちます)
このくらいの広角レンズだと、フルサイズセンサでも被写界深度は深いので、小さなセンサとほぼパンフォーカス。実焦点距離は2mm!ですから。
超広角レンズのセンサは1/3.4型で、標準レンズのセンサより小さくなるため、画質は落ちる印象。一昔前のスマホのカメラくらいのディテールの潰れは感じますね。


というわけで、娘は3~5日程度の入院になりそうです。
この週末の予定は吹き飛びましたが、子供のためなので仕方ないですね…。

【松屋酒造】流輝 純米 夏囲い 無ろ過生2019年07月17日 06時24分

久しぶりに流輝(るか)買ってきたぞ~

【松屋酒造】流輝 純米 夏囲い 無ろ過生

流輝 純米 夏囲い 無ろ過生です。この時期限定の夏酒。

夏は日本酒が一番売れなくなる季節です。なので、夏酒といえば、さっぱりすっきり下味に仕上げる酒蔵は多いのです。
流輝も夏酒は例年、(流輝の中では)さっぱり系な感じになるはずですが、今年はどっこい結構どっしり、それでいながら流輝らしい甘さは健在。酸味と苦味は少なめ。
ガス感もあり、開栓初日は微発泡。日にちが経過するにつれ、甘みがぐっと増してきました。

毛ガニ!

なお、今回は毛ガニがお供でした♪

青梅の「手打ち蕎麦 玉川屋」に行ってきた2019年06月02日 07時42分

何だか、ラーメンもいいけど、うどんや蕎麦も食べたい、ってことで思いつきで行ってきた奥多摩方面。

最初行ったお店が「1」がつく日がお休みで、ガーンとなって、もう1つの候補のお店に行きました。
奥多摩手前の青梅市にある、ここも有名店かな、手打ち蕎麦 玉川屋です。

手打ち蕎麦 玉川屋

既視感あるな…と思ったら、3,4年前くらいに行ってますね。茅葺屋根の古民家なお店です。

毛の生えたダルマさん

ああ思い出した。長い毛の生えてるだるまがあるんだ。きっとあの毛は伸びるんですね。
この写真は、AI Nikkor 24mm f/2の絞り開放で。
中央部分は十分解像力があり、照明はフレアっぽくなりますが、40年以上前のレンズと考えると、それほどフレアはひどくはないですね。デジタルでもちゃんと使えます。
周辺はやや解像力は低下するものの、ピントの芯は出ていて、これも40年前のレンズであることを考えると立派です。
そして、以前使っていたAI AF Nikkor 24mm f/2.8Dと同様、広角スナップ単焦点レンズとして、この画角は使い勝手がとても良いです。
今カメラ界隈で人気のRICOH GR3のような28mm広角レンズは、スナップ写真にも適していると言われていますが、35mmが標準な自分にとっては、もう一歩広角よりの24mmが使いやすいですね。

手打ち蕎麦 玉川屋の店内

こちらは魚眼で。お昼ちょっと前に入店しましたが、この後すぐ待ちの人たちが。
早めの入店をおすすめします。
海外の方もいらっしゃいました。お蕎麦もポピュラーなジャパニーズヌードルですからね。

天ざる

天ざるいただきました。
ちなみに麺の量はやや少なめだったので、男性なら大盛りがおすすめかな。
お蕎麦は王道の蕎麦といった印象。

鴨うどん

子供らはとりわけで鴨汁うどん。あまりメニューには大きく書いていませんが、蕎麦だけでなくうどんも選択できます。
下の子はまだ3歳、多分蕎麦アレルギーはないはず(蕎麦と同じ釜で茹でたうどんなら多分食べている)ですが、あまり小さい頃から蕎麦を食べさせることもないので、ここはうどんで。
うどんも王道な感じのうどんでしたが、美味しかったですよ。

肉汁そば

妻は肉汁蕎麦。豚肉と、もう一種類お肉が入ってたっぽいけど、猪とかかしら?

個人的には、肉汁と鴨汁がおすすめかな。ざるは、ややつゆがしょっぱいかな~。


手打ち蕎麦 玉川屋の店内

美味しくいただきました。
ちなみに、会計はスマホの電子決済も可能に。今時ですねぇ。

上の写真はAF-S 35mm f/1.8G EDの絞り開放。やっぱり現代のレンズ。開放でもそつなくきちんと写ります。

結婚披露宴じゃないけどリビエラで食事した2019年05月26日 07時26分

週末、職場の懇親会で、一般的には結婚披露宴とかパーティで使うんじゃないかな、というリビエラでお食事してきました。
一般的には、職場の懇親会的なものは居酒屋とかホテルでやるんでしょうけど、幹事曰く、申請したら通っちゃったので、だそうです(笑

●本日のメニュー
本日のメニュー

●前菜
前菜

●甘鯛うろこ焼き
甘鯛うろこ焼き

●お造り 旬の鮮魚より
お造り

●鯛めし
鯛めし

●本日のデザート
本日のデザート


個人的には、鯛めしが一番ホッとする味でした。

こういうのはなかなか自腹では食べに行かないし、もう披露宴にお呼ばれする機会は少なそうなので、たまにはこういうのもいいかな。

それにしても、食べ物って撮るの難しいわ~

サイボクハムでAI 24mmを試す2019年05月13日 06時26分

家族でサイボクハムに行ってきました。
子供を遊ばせられるアスレチックがあり、ハムやらソーセージやらステーキやらも売っています。レストランもあるし、テイクアウトで食べる場所もあって、温泉まで付いています。

サイボクのアスレチック

家族連れに良い場所ですよ。

Nikon FnoT

Nikon FのTシャツ来たのに、ボディはNikon F2 Photomic(笑
AI Nikkor 24mm f/2をフィルムで試すべく、F2に装着。
Photomicファインダーですが、不具合で絞り値に連動しないので、露出計も持参。アイレベルファインダーと変わらない…。

とは言え、使い心地はFよりもF2なんですよね。洗練されているというか。


母の日セット

撮影のメインはF2だったので、デジタル写真はスマホで。この日は母の日だったので、ソーセージやステーキのセットは「母の日セット」という限定メニューがありまして、それをチョイス。妻にはコエドビールを、自分はドライバーなのでノンアルコールビールで。プラス「もつ焼き」「ソーセージセット」も。

AI 50mm f/1.2Sにセコニック

途中AI Nikkor 50mm f/1.2Sに交換。当然ながら、焦点距離が長く、Fマウントでも明るいレンズなので、ピントの山が見やすいですね。
露出計はセコニックのL-188。そろそろ電池がなくなってきました。そう言えば前回変えたのって何年前だろう?

フィルム1本撮り終えました。NEOPAN ACROS100。
NEOPANは復活するとの話もちらっと出ているようですが、富士フィルムはフィルム関連商品を30%程度値上げしました。
高級品になってきていますね…。

端午の節句&こどもの日スペシャル2019年05月06日 06時34分

連休に絡んでしまうせいか、ひな祭りと比べるとちょっと影の薄い"端午の節句"であり、"こどもの日”ですが、妻が頑張ってスメシャルな夕食を作ってくれました。

鯉のぼりと兜

何?

兜は春巻の皮で

すごい~
春巻の皮で兜が折れるのね。

函館→栃木へ戻りました2019年05月03日 08時51分

3泊4日の帰省も終わり、2日夕方のフェリーで青森へ。

津軽海峡フェリー 函館フェリー埠頭

当たり前ですが、混んでいますね。
関東圏の車も多いですが、関西や九州の車もチラホラ見かけました。皆さん、自走で来てたんですね。

函館は強風に小雨

夕方の函館は風が強く、小雨もちらつく天候。
これは船が揺れることが予想されます。妻は船酔いするので、戦々恐々。
出港して前半は揺れましたが、後半は揺れが収まりました。

ラッキーピエロのテイクアウト

夕飯はラッキーピエロでテイクアウトしたものでしたが、いつもの一番近いお店は、午後1時に電話した時点で、お渡しが最短で19時以降になります、と言われ、もう1つの近場の店舗は電話が通話中で全くつながらず、ちょっと離れた函館市街のお店で注文しました。
こんなことは以前のGWや夏休みにもなかったことで、びっくりしましたが、テイクアウトも早めにオーダーしたほうが良さそうですね。

青森県内のPAは桜が

今回は、函館で桜はちょうど満開であちこちで見ましたが、桜家族写真は撮れず。
写真は、フェリーを降りて、青森県内のPAで撮影した桜。
シャープネスは落としています。やや散りつつあります。東北や函館も、そろそろ桜が散り始める感じですね。

早朝、無事栃木に到着しました。
明日には東京へ戻ります。

函館初日は良い天気でした2019年04月30日 06時35分

というわけで、はるばる来たぜ函館。4日滞在します。

昨日は午前7時40分発の津軽海峡フェリー、ブルードルフィンで青森を出港しました。

青森を出港

青森を出港

青森を出港

山はまだ雪が

山はまだ雪が残っていますね。


子供はプレイルームで遊びっぱなし

船に弱い妻は客室で寝ていましたが、子供らはプレイルームがあるので、函館に着くまでず~っと遊んでいました。
見てるこっちはどっと疲れますね。

ウミネコと並走

それでもプレイルームが見える窓の近くの甲板でちょこっと撮影を。
ウミネコがフェリーと並走。

ウミネコ

ちなみにカモメとウミネコの違いは、くちばし先端が赤く、尾っぽが黒いのがウミネコなんですって。

海峡を眺める


函館に近づくと…

セレブリティ・ミレニアム

お、大型客船です。セレブリティ・ミレニアムでした。世界の艦船読者なので、紙面では何度か見たことのあるこの船も、実物を見るのは初めて。

函館についてすぐに食べに行く、恒例の吉田商店

スープカレー吉田商店

ところでHP見ると、"スープカリー"と"スープカレー"どちらの表記もしていて、どっちなんだといったところですが…

昭和風味な店内

12時前に滑り込みセーフ。このあとすぐどっとお客が来ました。
子供連れだったので、小上がりに。
そういや子供と来るのは、まだ娘が小さかった頃ですね。

お子様カレー

お子様カレーはなんと480円。にしてこの内容はかなりお安いでしょう。
ただ、娘はカレー自体がそれほど…、息子は普通のカレーは好きですが、スープカレーは所見が苦手なのか、ご飯他食べたけどカレー自体は余り進みませんでしたけどね(汗

チキンレッグカレー(辛さKATSUMI)

自分は定番チキンレッグカレーで、辛さは10段階中9のKATSUMI、トッピングでチャッチャ背脂に岩のりを。
背脂なのか岩のりなのか、どちらの効果かわかりませんが、いつもならドッと汗が吹き出す辛さですが、今回はこれがだいぶ和らいだ感じです。
これなら一番辛いのでも行けそうです!


腹ごしらえが済んだら、せっかくなのでセレブリティ・ミレニアムを近くまで見に行くことに。
港町埠頭に停泊していました。

セレブリティ・ミレニアム

セレブリティ・ミレニアム

でかくて1枚に収まらない!
セレブリティ・ミレニアムは総トン数9万トンクラスの客船なので、それでもまだこの手の客船としては中型でしょうか。
2000年就航だけに、あの都市流行の「ミレニアム」を冠したのでしょう。
世界初の、ディーゼル&ガスタービン発電+排熱利用蒸気タービン発電による電動モータ推進の船です。
非常に複雑な機関ですね。
この日の朝に着岸し、夕方には出港したようです。

セレブリティ・ミレニアムとナッチャンWorld

写真左下に見えるのが、ナッチャンWorld。かつては青函航路の高速フェリーでしたが、紆余曲折あり、現在では防衛省のチャータ線となっています。
このブログでも度々取り上げてきましたが、ナッチャンWorldは、最終的には防衛省使用の鞘に納めた形です。
もともと距離の短い青函航路では、不採算になるのは目に見えていたことですから…


実家に帰って、依然元気な子供らと親父とで、実家近くの公園へ。大きな公園です。

親父と子供と公園へ

山を駆け上る

いや元気だねぇ。

天気が良いのはこの日だけで、今日からは下降気味。
五稜郭の桜は見られるかな…