栃木→北海道は函館に移動2018年08月15日 07時34分

13日の夜、栃木から青森のフェリー埠頭に向けて自走開始。
以前に昼寝していたこともあり、4時間半、休憩無しで東北道紫波SAまで到達。

ここで休憩しましたが、時間に余裕があったので、星空を撮影してみました。

紫波SAの星空1

紫波SAの星空2

流石に星空はきれいですが、難しい…。そして、AF-S 16-35mm f/4G ED VRは暗いレンズなので、あまりこうした撮影には向きませんね。AF-S 14-24mm f/2.8Gか単焦点レンズが欲しいところ。

紫波SAの星空3

紫波SAの星空4

そういや今回唯一持ってきた単焦点があったなぁと、AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8Dへ交換。
そうすると、今度はいろんなものが写り込んでしまうんですね。
サービスエリアなので、周辺には照明や、入ってくる車のヘッドライトなどの影響を受けてしまいます。角度によってフレアやゴーストが発生しますね。

津軽SAの夜明け

そしてこちらは津軽SA。夜明けがなかなか印象的。

津軽海峡フェリー ブルードルフィン

青森に到着してフェリーに乗ります。
流石に混んでいますね。

フェリー船上にて


函館に到着して、昼食は妻のリクエストでスープカレー。
いつも行っている吉田商店はお休みだったので、まだ行ったことのなかった、これまた函館で人気のお店、奥芝商店に行ってみました。個人的に、幼少期はこのお店の周辺地域に住んでいたので、今はこんなに変わったのかぁと感慨深かったです。
昔友人が住んでいた隣のお店は、今はカフェと雀荘(笑

奥芝商店

開店からそんなに時間経たずに入店しましたが、結局1時間半くらい待ちました。ちょっと人手不足な感じですね。

チキンレッグカレー(辛さ15度)

チキンレッグカレーで辛さは25段階の15をチョイス。
口の中が痛くなる辛さではなく、あとからじわっと来る辛さでなかなか。そして具沢山ですね。
次は25辛に挑戦したいな。

そんなこんなで函館初日でした。今日から明日にかけては、両親当地の家族でお泊りしてくるので、16日のブログはお休みかな? 更新できたら更新します。

秩父・長瀞で流しそうめんと桃狩り2018年07月15日 07時23分

去年行った秩父での流しそうめんと桃狩り、今年は娘の早い誕生日祝ということで、一気に2つのイベントを敢行してきました。

まずは流しそうめん。長瀞岩畳のすぐ近くにある長生館で食べられます。
それにしても暑い! この日の気温は36℃超え。

流しそうめんの順番予約はタブレットで

去年はなかった流しそうめんの受付機。元々予約は出来なくて、先着順でしたが、今年は本館にこの受付機が設置されているようです。順番が近づくと、電話で知らせてくれるシステムです。
なかなか人気のようで、今年からこうなったのでしょうね。

順番が近づいたので、流しそうめん会場へ移動。

長生館

流しそうめん以外も食べられます

流しそうめん以外も食べられますが、メインは流しそうめんなので、これを頼む人あまりいなそうですね。
流しそうめん以外は、屋内のレストランでも食べられます。

順番待ちの間川を眺める

会場隣で川を眺めながら順番待ち。ここはそれほど待たず、10~15分程度で呼ばれました。

流しそうめん

こんな感じです。薬味やつゆはおかわり出来ます。

流しそうめん開始

奥からお兄さんが流してくれます。食べ放題なので、好きなだけ流してくれますよ。

締はミニトマト

もうお腹いっぱい、と宣言すれば、〆のお口直し、流しミニトマトが出てきます(笑

流しそうめん終了

長生館の流しそうめん


せっかくなので、長瀞といえば岩畳。見てきましたが暑いのなんの! 岩の照り返しで、体温超えの気温、汗ダラダラです。

長瀞 岩畳

長瀞 岩畳


次は娘のリクエストで桃狩り。去年も行った富田農園です。

富田農園で桃狩り

桃試食

桃狩りのあとは、桃の試食。いや暑かった、とにかく暑かった。それでも子供らは楽しんだようでよかった。
でも暑すぎて、あまり屋外では遊べないですね。
熱中症にはご注意を!

【油長酒造】風の森 愛山 笊籬採り(いかきどり)2018年06月24日 07時14分

噂に聞いていた、販売している酒の種類がとても多いという酒店、練馬にある「うえも商店」に初めて行ってきました。
本当に種類が多くて目移りしちゃいました。

うえも商店

1本は買うものが決まっていました。
今回はそのお酒から開けました。

【油長酒造】風の森 愛山 笊籬採り

油長酒造の「風の森 愛山 笊籬採り」です。限定販売品です。
酒米の愛山を100%使用、精米歩合はなんと80%。協会7号酵母使用。

開栓すると、シュポッとガスが抜けます。注ぐとシュワシュワ系。しかもとても透明度が高く、日本酒というより炭酸ジュースじゃないかと思えます。香りは爽やか。

一口含むと、これはもう葡萄ジュースですね(笑)
精米歩合80%なのに、まるで吟醸酒かのようなさっぱり感…ちょっと物足りない…いや待て、温度が上がってくると、米の味がじわじわ出てきた。それでも、精米歩合80%から想像させる雑味感は殆どないですね。
これだけ爽やかでスイスイ飲める、精米歩合80%のお酒はなかなかないですよ(多分)。

角上魚類で買ってきた牡蠣とともに風の森を呑む

角上魚類で買ってきた牡蠣。こんなに身が大きいのに、なんと1個200円。外食だったら1個600円はするでしょう。
濃厚な味で、まさに海のミルクでした。

美味しいお酒に美味しい海の幸、至福のひと時。

竹下製菓の「フローレット」2018年06月14日 06時33分

竹下製菓の「フローレット」

皆さん、フローレットというお菓子をご存知ですか?

Weblioによると、「卵白またはゼラチン加えて浮かし砂糖水飴の煮詰まったシロップを急激に撹拌しながら徐々に加えスタ-チの型に流し乾燥させたもの。任意の香料等を加えて味付けする。」
とあります。
お盆の時期には、かつては落雁に並んでそれなりにメジャーだったお供え物のお菓子でした。

ちなみにWikipediaにも記載はなく、かなりマイナーなお菓子に感じますが、昔は割とどこのお菓子コーナーにもおいてあったし、100円ショップにも昔は置いてありました。
ここ20年で製造するメーカーがどんどんなくなってしまい、気がつけば売っているお店もほとんどなくなりました。

個人的に好きなんですよね、カリカリしてて甘くて、落雁のように口の中の水分持って行かれる感もないので。
。人工的な甘味料と着色料が、近年敬遠されてマイナーになってしまったのかもしれませんが、世の中そうと思わせないで人工的な甘味料や着色料なんて、多く使われていますからね。


それはともかく、今回はたまたま栃木に行った際のスーパー、ベイシアに置いていまして、買ってきました。ベイシアやるなぁ。
製造は竹下製菓株式会社、主にアイスを中心としたお菓子メーカーで、「ブラックモンブラン」というアイスが主力商品のようです。
ただ、佐賀のメーカーだからか、あまり関東圏や私の地元の函館応りでは、あまり見かけた記憶がないです。

竹下製菓のフローレット、150円と今となっては良心的価格です。他にフローレットを販売するメーカーもいくつかあるようですが、主力製品でもなく、またHPを持たない昔ながらのメーカーも有るため、現在どの程度製造流通しているかは謎です。

Amazonではフローレットの流通なし、楽天で検索するとヒットしましたが、竹下製菓とおかし企画というところの2種類のみです。


売れないから撤退するメーカーが多いのでしょうが、昔ながらのお菓子として、残って欲しいものですねぇ。
何なら自分が作ろうか(笑

コスパ高し! 大山のヤジニ2018年06月11日 06時35分

大山 YAZHINI
昨日は所要があり、ハッピーロードで有名な大山に行ってきまして、そこで以前行ったことのあるハンバーガーショップに行こうとしたらお休み。

たまたま目についたカレーショップに入ったらビンゴでした。
ヤジニ(https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13218553/)というお店でしたが、大人980円、5歳までの子供無料のカレービュッフェ、ドリンクバー付き。

カレーも4種類あり、サラダにご飯にナン、辛さはほどほど、子供らにはちょっとだけ辛かったかな、という感じでしたが、激辛でもないので、万人向けです。
それでいて、独特のスパイスも効いていて美味しかったです。
食べ過ぎちゃいました(笑) 腹持ちはかなり良いです。


大山は良いお店がたくさんあっていいですね。

シュラスコを食べてきた2018年06月02日 06時46分

先日、職場の新人歓迎会があり、シュラスコを食べてきました。
このあたりでは割と有名なお店かな? 自分は2回目です。

ブラジルのガラナ?

牛・豚・鶏のシュラスコ食べ放題、ただ肉が来るのが割と時間がかかるので、その間にビュッフェでサラダやシチューなんかも食べられます。

牛すじ煮込みシチュー

食べ放題のサラダやシチュー、美味いのですが食べ過ぎ厳禁。肉が入らなくなります。
写真の牛すじ煮込みシチューも具だくさんですが、これを食べすぎると他が食べられなくなるので、1食でぐっと我慢。


ハツ

ハツうまい~。でもなかなか出てきません。一人1個です。

これぞシュラスコ 鶏肉

シュラスコといえばこれ。肉を好きなサイズにカットしてくれます。
ただ、食べ過ぎは後が入らなくなるので禁物。かと言って、そこそこの量だとすぐなくなるので、バランスが難しい(笑

牛肉は塊でもらった

どーんと塊でもらった牛肉。こいつは表面は硬いけど、中は柔らかジューシ~

流石に肉を大量に食べると腹いっぱいです。
若い頃ならもっと食べられたのになぁ、と最後には若干もたれ気味のおじさんでありました。

肉フェス東京2018に行ってきた2018年05月03日 08時08分

GW中日の平日、ちょうど妻とワタシは仕事が休み、子供らは保育園、ということで、2人目が生まれて以来久々に、夫婦だけの時間が出来たので、お台場の肉フェス2018に行ってきました。

肉フェス東京2018

肉フェスの店舗

写真は11時前なので、まだ人はそれほど多くは並んでいませんが、連休後半の昼くらいはかなり混むと思います。
商品購入は、チケットを別途購入するか、そのまま直接電子マネーで購入するかのいずれかとなり、時代ですから電子マネー利用で。
なお、ドコモの電子マネーiDを使用するのであれば、優先的に購入可能なファストレーンを無料で使用できるそうです。
自分もiDを登録しようと思ったら、カード会社に申請して1週間程度かかってしまうため、泣く泣く断念。
iDってそれほど使える場面がないから、今までノーマークでした。
なので、iDを持っていれば、並び時間もそれほどかかりませんので、おすすめです。

●ゼスト キャンティーナ 発光熟成肉ガリバタステーキ
ゼスト・キャンティーナ ガリバタステーキ

●肉バル Carne Tribe 幻のみなせ牛 秋田育ちの黒毛和牛ステーキ
肉バル Carne Tribe 幻のみなせ牛 秋田育ちの黒毛和牛ステーキ

●DHCビール 飲み比べ
DHCビール飲み比べ

せっかくなのでビールも買っていただきました。
ホワイトとブラックは甘め、ビターはにが目、ラガーは定番らしい感じで、肉にはビターかラガーが合う感じですね。

●肉屋 格之進R 門崎熟成肉塊焼&格之進ハンバーグ
肉屋 格之進R 門崎熟成肉塊焼&格之進ハンバーグ

肉屋 格之進R 門崎熟成肉塊焼&格之進ハンバーグ

熟成肉は、たまたまお店で在庫していた賞味期限切れの肉を食べてみたら、柔らかく美味しかった、というエピソードを持つ格之進。個人的にはハンバーグのほうがスパイシーで美味しかったです。

●肉処 天穂 熟成佐賀牛A4・A5 厚切りステーキ&焼きしゃぶ
肉処 天穂 熟成佐賀牛A4・A5 厚切りステーキ&焼きしゃぶ

熟成肉が流行りなんですね。こちらはしゃぶしゃぶの肉がとても柔らかく、舌の上でとろけました。


肉フェスだけに、ちょくちょくイベントも有り、ちょうど「甘党男子」がライブをやっていました。

甘党男子

甘党男子と女子カメ

最近は女子も大きな望遠レンズが当たり前に。右の子はSIGMAの100-400mmらしきレンズで撮っていました。

甘党男子ライブを魚眼で

魚眼でも撮ってみました。広角なのでライブの雰囲気は伝わるかな?

魚眼で動画も撮ってみました。
Nikon D850 + AI AF Fisheye-NIKKOR 16mm f/2.8D

電子手振れ補正を使用するため、4KではなくフルHD60pにて撮影してみました。
魚眼だと場の雰囲気がよく伝わるかと思います。でも画角が広すぎて難しいですね。


正直、ちょっと肉の値段は高めですが、まあフェスなので仕方ないかな。割と楽しめた肉フェス東京2018でした。

一人暮らし最終日は小料理屋でしっぽりと2018年01月08日 07時06分

一人暮らし最終日の昨日の夜は、しっぽりと小料理屋で呑んできました。

あおりイカの刺し身

あおりイカの刺し身、なかなか外では食べないんですよ。大抵がっかりなので。
でも、このお店なら安心して食べられます。

ふきのとうの天ぷら

ふきのとうの時期になってきました。
大人になってから分かる良さ。子供の頃は、こんな苦いのが美味しいの?って感じでしたよねぇ。

天茶漬け

最後は天茶漬けで〆ました。

立ち飲みで焼鳥2018年01月06日 07時27分

焼鳥~

一人暮らし3夜目は、リーズナブルに立ち飲みの焼鳥。
久々に行けてよかった。
かるーく飲んで帰りました。

そろそろシーズンオフの流しそうめんを食べに長瀞へ2017年10月01日 06時40分

娘の「流しそうめん食べたい」のリクエストに答え、時期外れな気はしましたが、あと少しでシーズンオフとなる、流しそうめんが食べられるところを調べたところ、埼玉は長瀞にある長生館で食べられるということで、行ってきました。

長生館の囲炉裏庵

長生館は、長瀞で有名な岩畳のすぐ近くにある旅館ですが、その旅館に併設されているレストランの外の一画で、この時期は流しそうめんを行っているようです。

受付に名前を書いて待ちます

受付に名前を書いて暫く待つと、案内されます。
ちょうど12時前に着いたので、それほど待たずに通されましたが、真夏だともっと混んでいると思いますので、早めに行くに越したことはないですね。

ここから麺を流していく

竹筒と桶


席は5,6人まで座れる丸テーブルに、竹筒を半分に割ったレーン?が4つ。反対側にも同じような感じで席がありました。
格子の向こうで麺を茹でて、竹筒に流していきます。
食べ放題なので、声掛けするまで、タイミングを見計らって流してくれます。
麺は竹筒を流れていって、水の溜まった桶に貯まる方式です。

薬味はお代わり可能

薬味は5種類。味に変化をつけられます。なお、薬味はおかわり可能です。

麺はかなり速く流れてきます

キャッチ不可能

麺はかなり速く流れてくる上に、量もそれなりにあって、よくイメージする、流れてくる麺を箸でキャッチする、ってのは不可能でした(笑
掴もうとしても、スルッと抜けてしまうんですよね。なので、桶に溜まった麺をすくって食べる感じです。
もちろん、清涼感があるので、普通にそうめんを食べるのとは違いますね。


1/3200秒 ISO16000で切り取る

1/3200秒 ISO16000で切り取る

せっかくNikon D850を持ってきたので、シャッタースピード優先1/3200秒で撮ってみました。
この時ISO16000、それなりにノイズは載るものの、ブログのサイズだとあまり気にならないのは流石です。
JPG撮って出しの高感度、少なくともD810よりノイズ処理も良くなっていて、特にカラーノイズが出にくいようです。

子どもたちも楽しんでいました

子どもたちも楽しんでいました。あー息子かぶりついてる(笑

すぐ下には荒川が見える最高のロケーション

食べ終わった子どもたちは、お庭で遊んでいました。長女が下の息子の面倒を見てくれるので、ここからが大人の本番です(笑
柵の向こうは、長瀞名物川下りやラフティング、カヌーでおなじみの荒川です。ロケーションはなかなかです。

〆はミニトマト

〆はお口直しのミニトマト。

なかなか楽しかった流しそうめんでした

実はYamaroにとっても人生初の流しそうめんでしたが、なかなか楽しめました。
今シーズンの流しそうめんは、10月上旬で終わりです。

長瀞も、あと1ヶ月もすれば紅葉シーズンですね。