男前(?)なレッサーパンダをL.モノクロームで仕上げる2018年05月01日 06時47分

那須どうぶつ王国のレッサーパンダ

那須どうぶつ王国のレッサーパンダが男前(この子が女の子だったらごめんなさい)過ぎて、思わずRAWで撮影してL.モノクロームで仕上げてみました。

LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH.で撮りましたが、なかなか使えるレンズです。画質も、ボケ味は高倍率ズームなので少々硬く二線ボケ傾向にありますが、背景を選べば気になりません。
GX7系ユーザーなら、1本持っておいて損のないズームレンズですね。

那須どうぶつ王国に行ってきた2018年04月30日 06時42分

いやぁ…GWだから仕方ないですが、舐めていました。手前6kmからの大渋滞。着いたのはお昼に。
今回は職場から割引チケットをゲットしてきて、BBQ付きのチケットを購入。

ここは屋内と屋外で食べられるBBQ付きのチケットがあるんですね。
鉄板なので、焼きそばも出来て、お得なチケットでした。

那須どうぶつ王国のBBQ

BBQのテラス

今回は案内されたのが屋内でしたが、この日の天気くらいなら、屋外でのBBQも楽しそうですね。景色も良いですよ。

カピバラさん

初カピバラの息子

カピバラさんに餌やり

2歳息子はちゃんとした動物園は初めてでしたが、思いの外動物は好きなようで、結構楽しめたようです。

亀さん

亀は「コワイヨ~」と言いつつ長いこと見ていました。

レッサーパンダなんか、カメラ慣れしちゃっていて、ちゃんと留まってポーズするんですよ。

レッサーパンダ

レッサーパンダ

レッサーパンダに餌やりもしてきました。

レッサーパンダに餌やり体験

混んでいたのと時間が押したのとで、半分も見れませんでしたが、子供らも楽しめたようでなにより。
自分も妻も初めてでしたが、予想以上に良いところでした。
一般的な動物園ほど動物はいなくて、小動物中心ですが、近くで見ることが出来て触れ合えるのが良いですね。

30年ぶり? トンネルを掘る2018年04月29日 06時02分

トンネルを掘った
妻の実家にて。
ばぁばが子供らを連れて遊びに行ったので、久々に妻と2人でお買い物。

遊びに行ってた子供らをピックアップ、息子は昼寝タイムに突入し、娘は砂場で遊びたいということで、近所の公園へ。

砂場で穴を掘っていたら、急にトンネルを掘りたい情動にかられて、パパ頑張った(笑

子供の腕の長さでは、掘れる深さも距離もたかが知れている。
が、大人ならそれなりに掘れるぞ!

ってことで、深さ30cm、長さ50cm?の隧道ことトンネルを完成させた。
子供が乗っても崩れない。

娘もちょっと感動(してたはずw)。

GX7MK2のジオラマモードで撮影してみました。このモード、処理が重いのか、ライブビューでの表示速度が遅くなります。


トンネルはこの後、トンネル崩落ごっこでパパが破壊しました(笑
ちゃんと穴は埋めて帰りましょう。

セスナT206H2018年04月24日 07時03分

先日日曜日、上空を何度もセスナT206Hが行き来していたのでパチリ。

セスナT206H

さすがにLUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH.の望遠側、35mm判換算280mm相当では、豆粒です。
というか、1000mm以上の望遠でもこの距離では無理ですね。

セスナT206H トリミング

等倍切り出しすると、機体の形は何となくわかりますが、レジ番号までは識別できません。
それでも、ローパスフィルターレスのGX7MK2だけあり、マイクロフォーサーズの小さなセンサでも、ここまで解像感があるのですね。

息子にSTRIDERを買ってあげた2018年04月23日 06時16分

今流行りのペダルのないミニバイク、STRIDERを2歳になった息子の誕生日プレゼントとして購入しました。

STRIDER SPORT

SPORTという、パッドや座面を伸ばすスポークが同梱されたモデルにしてみました。

STRIDERの組み立て前

組み立て式ですが、前輪とハンドルを取り付けるだけで、組立自体は簡単です。
工具も付属しているので、自分で準備する必要はありません。

STRIDER組立完了

完成しました。息子の身長だと、まだ座面もハンドルも一番下がちょうど良さそうです。
それにしても軽いですね。

樹脂製のノーパンクタイヤ

タイヤはゴムではなくプラスチックで、空気を入れる必要がないノーパンクタイヤです。
D-bikeという似たようなミニバイクも同じようなノーパンクタイヤでしたが、車体重量はSTRIDERのほうが軽く感じました。

高さ調整はワンタッチストッパー

座面もハンドルも、このようにワンタッチストッパーで固定できるので、工具いらずでその場で高さ調整が可能なのは便利です。
ただし、ストッパーのボルトをある程度調整しておかないと、ストッパーを掛けても位置がずれてしまう、あるいはストッパーが外れないこともあるので、はじめにしっかりとボルト調整をする必要があります。

初めてSTRIDERに乗る?息子

さて息子ですが、まだあまり関心がないかな?
座面に座るということが分かっておらず、ちょっとだけ進んで終了、後は砂遊びに興じていました。
写真はどうせまだ大して乗らないだろうと帽子のままですが、本来はヘルメットを着用します。一応今回ヘルメットも持っていったのですけどね。

GWには妻の実家に行くので、そこで乗れるようになるといいかな。

子供らと児童館へ2018年04月16日 06時12分

軽い肺炎との診断で体調が優れない妻を家に残して、元気有り余る子供らを児童館へ連れていきました。

ここは広めの場所で三輪車やらを室内で乗れるので、ついつい流し撮りをしたくなりまして…

流し撮り

流し撮り

難しい~。コレ飛行機より難しいですわ。
17mmレンズ(135判換算34mm)だと、振り幅が大きいのもあるけど、子供らの動きが一定速度じゃないですからね。

コンビの旧車

このコンビの旧車、既視感があるなあと思ったら、たぶん自分が小さい頃これに乗ってたと思います。懐かしいわぁ。
よく残ってるなぁ。

平成30年度練馬駐屯地創設67周年記念行事に行ってきた22018年04月10日 06時21分

訓練展示後は、装備品展示をちら見してきました。

93式近距離地対空誘導弾

93式近距離地対空誘導弾(通称近SAM)の発射機クリーズアップ。ミサイル自体は91式携帯地対空誘導弾のものを流用したシステムで、米軍で言うところのスティンガーミサイルを搭載したアベンジャーに相当します。

93式近距離地対空誘導弾の射撃陶コンソール

こちらは93式の射撃統制コンソールで、TVカメラの画像などが表示されるそうです。
この角度からは見えませんが、93年に正式化された装備故、ディスプレイは液晶ではなくCRTなのが時代を感じさせます。
ジョイスティックでミサイルを指向させることが可能です。
ちなみにミサイルは東芝製です。

10式戦車と子供ら

娘は以前からポーズを取りますが、突然息子までもがポーズを取り始めました。
成長の証です。どこで覚えたそのポーズ(笑

81式地対空誘導弾

81式地対空誘導弾と子供ら

81式近距離地対空誘導弾をバックに決め顔(笑
丸目ライトのこのトラックも、最近はめっきり数を減らしてきました。
搭載弾頭は、先端が丸いので、初期型かな?

1/2tトラック

1/2tトラック。いわゆるジープだのパジェロだの言われている車両ですが、本当にジープからの直系だった旧73式トラックは、ごく一部の装備搭載車両を除いてほぼ退役、今はパジェロベースの写真の車両が主流。そのパジェロベースも初期型は引退しつつありますね。
写真の2台の違いとして、現在調達している右側の車両は、インタークーラー移設に伴い、ボンネットのエアスクープがなくなりスッキリしたボンネットになっています。

16式機動戦闘車

16式機動戦闘車

最新の16式機動戦闘車。
タイヤなので、悪路走破性は無限軌道を付けた戦車に劣りますが、その分舗装路では高速で移動できるのが強み。
105mmライフル砲は74式戦車と同じで、隊員いわく、戦車砲の性能向上により、105mm砲弾でも侵徹力は向上しているとのこと。

輸送防護車

こちらも最新の輸送防護車。
タレスオーストラリアのブッシュマスターを輸送防護車として導入。
オーストラリア製なので、日本と同じ右ハンドルというのも、選ばれた要因なのかもしれません。
ワイヤーカッターもついていますね。

天気が良いのが幸いでしたが、子供2人連れて見るのはなかなか大変でした。

平成30年度練馬駐屯地創設67周年記念行事に行ってきた12018年04月09日 06時51分

東京に住んで数年になりますが、都内の駐屯地祭には何故か行ったことがなく、今回練馬駐屯地祭に初めて行ってみました。
妻が体調不良につき、子供ら2人を連れて行きましたが、まあ下の息子2歳、やんちゃな盛りでして、とにかく大暴れで大変でした。

戦車の遊具

10式戦車です(笑
まずはここで子供を遊ばせて…

トウチ君

トウチ君と記念写真。このとき息子は抱っこ紐で睡眠中(笑

リアカー

陸上自衛隊の装備、リアカーがいい味出していました。


娘に綿菓子を与えて気分を上げた後、展示に向かいました。
流石に混んでいて、息子は抱っこ紐の中、娘は肩車しながら見ていたので、あまり写真は撮れていません。
まあ、半ば諦めムードだったので、GX7MK2に便利ズームの14-140mmを付けての撮影です。

音楽隊の行進

UH-1J(41864)

祝砲でFH70?の空砲発射で、抱っこ紐で寝ていた息子覚醒、大泣き(笑
予想していましたけどね。ちょっと可愛そうだったかな。

87式偵察警戒車の機動

87式偵察警戒車がロールしているわ。

続いて10式戦車の登場。74式戦車も出ていましたが、だんだん10式に更新されているのですね。
北海道にいた時は90式戦車も多くいましたが、やはり90式は日本では大きく重いのでしょう。
74式戦車の更新は、10式戦車と16式機動戦闘車ということなんでしょうね。

10式戦車

10式戦車の機動

10式戦車フルブレーキ

10式戦車のドリフト

機動展示では、74式戦車や10式戦車が、土の山を高速で上ってジャンプする展示もありましたが、残念ながら自分の見ている場所からははっきりは見えませんでした。

続く…

カーネーション開花2018年04月06日 06時55分

去年の母の日に買ったカーネーション、しぶとく生きていて、昨年も秋に咲きましたが、この春また蕾を付けたので、開花状況を追ってみました。

18/3/28のカーネーション

こちらは18/3/28の様子で。蕾の中から赤い花びらが確認できます。
開花する様子をタイムラプスで撮ってやろうと、毎日D850をベランダに出して、日中撮影していたのですが…うまくいかない!
何故か日中は開花が進行しないのです。
もしかして夜中に開花している?


18/4/2のカーネーション

こちらは18/4/2の様子で、3/28から見るとかなり開花してはいますが、数日でこの開花具合なので、日中のタイムラプスではまず無理ですね。かと言って、花はだんだん垂れてきていて、雲台の向きもセットし直したりしているので、連続撮影は難しい。
この日はD850を百里基地撮影で使うため、代わりにGX7MK2をセットしましたが、バッテリ容量が少なくすぐ音を上げてしまうので、300枚程度のコマ撮りをした時点でバッテリ終了でした。
もっとも、撮影開始時と最後のコマで、開花具合に変化なし…。


18/4/4のカーネーション

こちらが18/4/4の様子で、完全に開花しました! 日中のタイムラプスで変化ないところを見ると、やはり夜に開花しているのでしょうね。
こちらは夜のように見えますが、早朝の撮影です。
Nikon D850に、SB-900を花の下側からワイヤレス発光させています。コマンダーにNissin Di866 MarkIIを使用。
本当はDi866IIを上から当てて、花びらの影はなくしたかったのですけどね。
それをやるなら、内蔵スピードライトをコマンダーに出来るD810を使用しなければなりませんね。あるいは、赤外線か電波式のコマンダーを用意するか。

LEDリングライトもありますが、それだと背景も明るくなってしまうので、難しいところで、ライティングは本当に奥が深いです。

近所の桜を眺める2018年03月27日 05時49分

先日の週末、関東は気温が上がって一気に桜が満開になりました。

近所の公園の桜

花見をしたわけではなく、子供と近所の公園に行って、公園の桜を撮っただけですが、関東は有名所の花見は混んでいてゆっくり見られないので、返っていいのかもしれません。

子供たちと桜

割と見事な桜じゃないですか。

日陰の桜

夕暮れの桜も良いものです。

夕暮れの桜

こちらは夕陽の低い色温度を強調してみました。
GX7MK2のRAW現像ソフト、SILKYPIX SEは、NikonのCapture NX-Dのベースになっているだけあり、個人的にしっくり来て、なかなか使い勝手がいいです。

早咲きの桜は散りかけ

この公園は早咲きの桜もあり、もう1,2週間前に咲いていましたが、今はこんな感じで散りかけです。

ちょいちょい背景に月を入れてみましたが、34mm相当のレンズだと遠近感が出て小さすぎですね。