陸上自衛隊広報センター「りっくんランド」に行ってきた2018年07月22日 06時58分

妻が風邪でダウン…

ってことで、子供らを連れて陸上自衛隊広報センター「りっくんランド」へ。ちょうどサマーフェアで、カレーの体験喫食もあるので、昼食を兼ねて行ってきました。

カレー体験喫食250円なり

カレーは250円なり。2歳児も食べられる甘口です。息子は完食しました。よう食べるなぁ。
連日暑いので、前回のような屋外ではなく、屋内でいただきました。


昼食後は見学。子供らはあちこちぐるぐる見て回っていました。

AH-1S(AH-1E)初号機


M197ガトリング砲のクローズアップ。

M197ガトリング砲

M197ガトリング砲

メカがむき出しなんですね。実際にはこの部分にはカバーがされているようですが、ギアが見えていると無骨なイメージですね。

90式戦車の潜望鏡

もちろん日本光学の製品もチェック(笑
90式戦車の砲手用照準潜望鏡で、84年製造とあるので、同じ場所に展示してある90式戦車の試作車用に搭載されていたものと思われます。
鮮明に見えますよ。

UH-1Hヘリ

あまりにも外が暑いので、ちょっとだけでしたが、息子はヘリが最近お好きのようで、張り付いていました(笑
もう少し大きくなったら、体験搭乗しようね~

朝霞駐屯地納涼大会に行ってきた2018年07月18日 06時47分

割とそんなに遠くない場所にある朝霞駐屯地なのに、納涼大会は行ったことがなく、今回はじめて娘を連れて行ってきました。

祭りといえば屋台

串焼き

祭りといえば屋台!
都市部に近いだけあり、かつて行った宇都宮駐屯地の納涼祭より混んでいる感じです。観閲式をやるくらいですから、敷地も広いですからね。あ、今年は観閲式あるんだよなぁ。行けるかな?

お目当ての花火が始まりました。
娘とかき氷を食べながら眺めていました。混んでいると言っても、関東圏の主要な有名花火大会よりはマシでしょう。
ゆっくり見ることが出来ました。

朝霞駐屯地の花火

朝霞駐屯地の花火

朝霞駐屯地の花火

花火は真面目に撮ろうとすると難しいですね。
花火自体は15分程度でしたが、娘は満足したようで。来年はもう少し早く行きたいです。

【百里基地】18/5/11の記録52018年05月17日 07時01分

場所を移動して、最後は茨城空港駐車場から上がりを見届けます。
実はこのポイントは初めてだったのですが、ゆったり撮れていいですね。駐車場が空いているときなら良い感じですが、混んでる時は迷惑になるので、辞めたほうが良さそうです。

●F-4EJ改(37-8315)
F-4EJ改(37-8315)

AAM-3を装着しての上がり。最古参の315号機、いつまで見られるかな?


●F-4EJ改(87-8414)
F-4EJ改(87-8414)


●F-4EJ改(67-8377)
F-4EJ改(67-8377)


●F-4EJ改(87-8407)
F-4EJ改(87-8407)


カエルさんT-4も上がります。

●T-4(06-5643)
T-4(06-5643)

T-4(06-5643)

以上でこの日の撮影終了です。

●RF-4EJ(87-6412)
RF-4EJ(87-6412)

【百里基地】18/5/11の記録42018年05月16日 06時51分

先程上がっていった302SQのファントム、降りてきました。

302SQのファントム着陸進入

●F-4EJ改(87-8414)
F-4EJ改(87-8414)


●F-4EJ改(87-8407)
F-4EJ改(87-8407)

後席の方、こっちを見ています。今日もギャラリー多いなぁ、とか思ってるのかな?


●F-4EJ改(37-8315)
F-4EJ改(37-8315)

現役のEJ改最古参?の315号機も45年間日本の空を守っています。ああこいつは後何年飛ぶのかな?


続いて501SQも降りてきます。

●RF-4E改(47-6903)
RF-4E改(47-6903)

RF-4E改(47-6903)

シャッタースピード上げっぱなしだった…
止まって見えるのは残念ですが、ちょうど太陽の当たり方が真っ直ぐなので、キレイにライティングしたかのように影の少ない写真が撮れました。機体ディテールが良くわかります。


●RF-4E改(47-6901)
RF-4E改(47-6901)

続いて901号機。洋上迷彩だと、背景が緑だと逆に目立ちますね。

●RF-4EJ改(77-6392)
RF-4EJ改(77-6392)

RF-4EJ改(77-6392)

RF-4EJ改(77-6392)

この時期のこの時間、北門からの撮影は、太陽の当たり方がいい感じですね。

【百里基地】18/5/11の記録32018年05月15日 06時36分

301SQのカエルさんが上がっていき、続いて午前中にフォーメーションを見せてくれた501SQも再び上がります。

501SQのRF-4E

従来の緑迷彩と洋上迷彩、それぞれ運用上は一長一短なんでしょうが、最近3機に増えた洋上迷彩、つまりは洋上での運用、撮影機会も増えているということなんでしょうか?

●RF-4E改(47-6901)(47-6903)
RF-4E改(47-6901)(47-6903)

RF-4E改(47-6901)(47-6903)

迷彩でも、対称的な2機が、揃って離陸していきます。
ブログサイズだとあまり気にならないですが、等倍だと陽炎の影響が結構出ています。
これから夏にかけては、地上滑走撮影は厳しいです。


●RF-4EJ改(77-6392)
RF-4EJ改(77-6392)

RF-4EJ改(77-6392)

あれれ、午前中に左右にAIM-9Lキャプティブ弾を装着していた392号機、午後は外して上がるようです。

続く…

【百里基地】18/5/11の記録22018年05月14日 06時32分

午後は北門に移動しました。

302SQのF-4EJ改

午前も飛んでいた302SQのF-4EJ改3機が、再び上がります。
もうこの時期ともなると、陽炎の影響がひどくて地上滑走は絶望的なわけですが、この1枚はまだそれほど影響はないですね。

302SQのF-4EJ改

改型現役最古参?の315号機も健在。1973年登録の機体ですからね、45歳ですよ! まさかこんなにおじいちゃんになるまでフライトするとは。
高校の時初めてプラモで作った414号機健在で何より。

さすがにここまで古い機体を飛ばしている先進国はなく、ファントムファンが世界から来ています。
この日もカナダ人がたくさん来ていて、その場にいた日本人より多いという珍現象発生。

301SQのカエルさんが降りてきました。

●F-4EJ改(47-8340)
F-4EJ改(47-8340)

シャッタースピード上げっぱなしでした。
この機体も1974年登録の44歳。社会人なら脂ののりきったおっさんですが、戦闘機で言えばおじいちゃんですね。


●F-4EJ改(17-8439)
F-4EJ改(17-8439)

こちらは最終号機の1つ前の439号機、1981年登録なので、新鋭機…でもないけど、F-15Jも1980年から導入されているので、実はファントム後期とイーグル前期は導入時期がラップしています。


●F-4EJ改(77-8395)
F-4EJ改(77-8395)

395号機、あまり撮影していないようで、直近の撮影記録には残っていなかったな。

●F-4EJ改(87-8404)
F-4EJ改(87-404)

F-4EJ改(87-404)

404号機も、撮っているようで直近で撮っていないようです。
着陸も陽炎の影響が出てきます。1枚目の写真の高度だとギリギリ出ないのですが、2枚目タッチダウンは陽炎の影響で解像感がないですね。

続いてカエルさんのT-4もタッチダウン。

●T-4(26-5680)
T-4


●T-4(16-5670)
T-4(16-5670)


いずれもT-4の初期の生産機体で1992年と91年の製造。ファントムに比べれば全然若い機体ですが、それでも製造から四半世紀以上経過しています。
ブルーインパルスの一部の機体は退役するものも出ていますが、ブルーほど高機動を行わない機体は、まだまだ寿命に余裕があるのか、後継機の話は聞こえてきませんね。

【百里基地】18/5/11の記録12018年05月12日 08時41分

スカッと晴れた5/11に百里基地に出向いてきました。
午前中は、風向きからR/W21降り、せっかくなら順光で撮ろうということで、久々にセブン裏に。ここ1年位行ってなかったかな。

302SQのF-4EJ改が3機のフォーメーションでフライパス。

302SQのF-4EJ改

302SQのF-4EJ改


●U-125(39-3042)
U-125( 39-3042)

点検飛行隊のフライトチェッカーが、この日は航空施設の点検飛行をしていました。


11時過ぎ、501SQのRF-4Eと4EJ改が4機、フォーメーションにて進入してきます。

501SQのRF-4Eと4EJ改

501SQのRF-4Eと4EJ改

501SQのRF-4Eと4EJ改

501SQのRF-4Eと4EJ改

501SQのRF-4Eと4EJ改

よく見ると、先頭のRF-4EJ(77-6392)は、AIM-9Lのキャプティブ弾(訓練弾)を左右に搭載していました。
これは帰ってきて現像していて気付きました。
通常、キャプティブ弾は実際に発射するわけではないので1発搭載していれば十分なので、左側に1発のみ装着している場合が多いのですが、これは珍しいですね。

フライパスした4機がブレイクし、グルっと回って今度は着陸進入してきます。

●RF-4EJ改(77-6392)
RF-4EJ改(77-6392)

RF-4EJ改(77-6392)

RF-4EJ改(77-6392)

3枚目の写真では、AIM-9Lを左右に搭載しているのが分かるアングルです。
RF-4EJは、F-4EJ戦闘機から偵察機への転用型なので、機関砲やAIM-9Lの搭載能力はそのまま残されています。
AIM-7E/Fあたりも発射は可能でしょうけど、偵察機では運用することはないでしょうね。

左右タンク搭載(センターは偵察ポッド)、さらにALQ-131(V)電子妨害ポッドのフル装備ですね。カッコイイです。


●RF-4E改(47-6901)
RF-4E改(47-6901)

RF-4E改(47-6901)

最近洋上迷彩機は3機になったようですが、何号機が洋上迷彩になったのかな? 901号機はもう長いこと洋上迷彩です。
こちらもALQ-131(V)に3本タンクのフル装備です。


●RF-4EJ改(07-6433)
RF-4EJ改(07-6433)

こちらのRF-4EJはAIM-9Lの搭載はなしでしたが、ALQ-131(V)は搭載。
RF-4EJはともかく、丸腰のRF-4Eについては、電子妨害ポッドは必須なんでしょうね。


●RF-4E改(47-6905)
RF-4E改(47-6905)

RF-4E改(47-6905)

晴れの順光だと、洋上迷彩は映えますね。
905号機のみ、電子妨害ポッド未装着でした。

午前中の撮影は以上です。

高場池緑地広場でランチしていたら、例の春秋航空が降りてきました。

●春秋航空 A320-200(B-8435)
春秋航空 A320-200(B-8435)

GW中日の平日は横田基地でまったり撮影2018年05月02日 06時54分

GWの中日の平日、1日フリーだったので、近場でまったり撮影したく、横田基地に出向きました。

●C-130J(15-5810)
C-130J(15-5810)

C-130J(15-5810)

この日は、5810号機がタッチアンドゴーを繰り返していました。

C-130J(15-5810)

C-130J(15-5810)

C-130J(15-5810)

最後の写真は斜めっちゃった…。


●C-130J(16-5843)
C-130J(16-5843)

こちらの機体は、4月に横田に配備されたばかりだそうです。

ここでお昼を食べに一旦離れたのですが…その間に、今北朝鮮の瀬取りの監視で来ているオーストラリアのKC-30Aが上がっていくのが車から見えました。
ああ、それ撮りたかったんだよなぁ(涙


●B747-481(N429MC)
B747-481(N429MC)

KCを取り逃してがっかりしつつ、36エンドへ移動すると、ATLAS航空の定期便が通過。クルッと回って降りてきます。

B747-481(N429MC)

B747-481(N429MC)

B747-481(N429MC)

B747-481(N429MC)

B747-481(N429MC)

N429MCは、元ANAのJA8095で、10年前にATLAS航空に移管され、再び日本の空を定期便で飛んでいます。
よく見ると、客席の窓が埋められているのが見えますね。
B747-400型も、老朽化で見る機会が少なくなってきました。この機体もあと何年見られるのかな?

平成30年度練馬駐屯地創設67周年記念行事に行ってきた22018年04月10日 06時21分

訓練展示後は、装備品展示をちら見してきました。

93式近距離地対空誘導弾

93式近距離地対空誘導弾(通称近SAM)の発射機クリーズアップ。ミサイル自体は91式携帯地対空誘導弾のものを流用したシステムで、米軍で言うところのスティンガーミサイルを搭載したアベンジャーに相当します。

93式近距離地対空誘導弾の射撃陶コンソール

こちらは93式の射撃統制コンソールで、TVカメラの画像などが表示されるそうです。
この角度からは見えませんが、93年に正式化された装備故、ディスプレイは液晶ではなくCRTなのが時代を感じさせます。
ジョイスティックでミサイルを指向させることが可能です。
ちなみにミサイルは東芝製です。

10式戦車と子供ら

娘は以前からポーズを取りますが、突然息子までもがポーズを取り始めました。
成長の証です。どこで覚えたそのポーズ(笑

81式地対空誘導弾

81式地対空誘導弾と子供ら

81式近距離地対空誘導弾をバックに決め顔(笑
丸目ライトのこのトラックも、最近はめっきり数を減らしてきました。
搭載弾頭は、先端が丸いので、初期型かな?

1/2tトラック

1/2tトラック。いわゆるジープだのパジェロだの言われている車両ですが、本当にジープからの直系だった旧73式トラックは、ごく一部の装備搭載車両を除いてほぼ退役、今はパジェロベースの写真の車両が主流。そのパジェロベースも初期型は引退しつつありますね。
写真の2台の違いとして、現在調達している右側の車両は、インタークーラー移設に伴い、ボンネットのエアスクープがなくなりスッキリしたボンネットになっています。

16式機動戦闘車

16式機動戦闘車

最新の16式機動戦闘車。
タイヤなので、悪路走破性は無限軌道を付けた戦車に劣りますが、その分舗装路では高速で移動できるのが強み。
105mmライフル砲は74式戦車と同じで、隊員いわく、戦車砲の性能向上により、105mm砲弾でも侵徹力は向上しているとのこと。

輸送防護車

こちらも最新の輸送防護車。
タレスオーストラリアのブッシュマスターを輸送防護車として導入。
オーストラリア製なので、日本と同じ右ハンドルというのも、選ばれた要因なのかもしれません。
ワイヤーカッターもついていますね。

天気が良いのが幸いでしたが、子供2人連れて見るのはなかなか大変でした。

平成30年度練馬駐屯地創設67周年記念行事に行ってきた12018年04月09日 06時51分

東京に住んで数年になりますが、都内の駐屯地祭には何故か行ったことがなく、今回練馬駐屯地祭に初めて行ってみました。
妻が体調不良につき、子供ら2人を連れて行きましたが、まあ下の息子2歳、やんちゃな盛りでして、とにかく大暴れで大変でした。

戦車の遊具

10式戦車です(笑
まずはここで子供を遊ばせて…

トウチ君

トウチ君と記念写真。このとき息子は抱っこ紐で睡眠中(笑

リアカー

陸上自衛隊の装備、リアカーがいい味出していました。


娘に綿菓子を与えて気分を上げた後、展示に向かいました。
流石に混んでいて、息子は抱っこ紐の中、娘は肩車しながら見ていたので、あまり写真は撮れていません。
まあ、半ば諦めムードだったので、GX7MK2に便利ズームの14-140mmを付けての撮影です。

音楽隊の行進

UH-1J(41864)

祝砲でFH70?の空砲発射で、抱っこ紐で寝ていた息子覚醒、大泣き(笑
予想していましたけどね。ちょっと可愛そうだったかな。

87式偵察警戒車の機動

87式偵察警戒車がロールしているわ。

続いて10式戦車の登場。74式戦車も出ていましたが、だんだん10式に更新されているのですね。
北海道にいた時は90式戦車も多くいましたが、やはり90式は日本では大きく重いのでしょう。
74式戦車の更新は、10式戦車と16式機動戦闘車ということなんでしょうね。

10式戦車

10式戦車の機動

10式戦車フルブレーキ

10式戦車のドリフト

機動展示では、74式戦車や10式戦車が、土の山を高速で上ってジャンプする展示もありましたが、残念ながら自分の見ている場所からははっきりは見えませんでした。

続く…