護衛艦むらさめの兵装を見る22019年04月19日 06時39分

晴海埠頭の良いところは、艦艇を近くから見られるだけではなく、建物の2階3階の高さから、近くで眺めることが出来るので、ディテールの観察が良く出来ます。

CIWS ファランクスBlock1Bと射撃指揮装置2型31

こちらはヘリ格納庫上に配備される、20mm高性能機関砲 ファランクス CIWS Mk15 Block1B(右側手前)と、射撃指揮装置2型31(左奥)です。

ファランクスは、20mmバルカン砲と捜索・射撃管制レーダーを一体化した自動砲で、レドーム内には小型の捜索レーダーと射撃レーダーが内蔵されています。
さらに、護衛艦むらさめは、改装されて最新のBlock1Bとなっており、レドームの横には光学照準装置も取り付けられ、水上目標の攻撃も可能となりました。
艦橋の前にも、同じものがもう1基装備されています。

射撃指揮装置2型31は、装備する主砲の3インチ速射砲と、発展型シースパロー対空ミサイルの射撃管制用レーダーです。
最近では韓国の広開土大王級駆逐艦が、海上自衛隊のP-1哨戒機に射撃管制レーダーを照射した事件がありましたが、これも同様の機能を持っています。
何度か改良されており、むらさめ型にはレーダーにレーザーや光学照準器がセットされた2型31が装備されています。光学照準器も対レーダーステルスを想定して、ケースが斜めになっていますね。
ちなみに国産品ですが、丸いお皿上のレドームは海外製だったりします。カメラなんかもそうかも知れませんね。

20mm CIWS Block1B

護衛艦むらさめの兵装を見る12019年04月18日 06時44分

先月晴海埠頭にやってきた英フリゲート「モントローズ」のホストシップとなった護衛艦「むらさめ」。
そのディテールを振り返ります。

ハープーンSSM

船体中央に配置されている対艦ミサイル。
護衛艦「むらさめ」型の護衛艦は、国産の対艦ミサイルである「90式地対艦誘導弾」を搭載可能ですが、搭載される対艦ミサイル艦上装置2型は、従来のアメリカ製ハープーン対艦ミサイルも搭載可能なことから、実際にはハープーンSSMと混在されることも多いようです。
実は写真のミサイルも、全弾ハープーンSSMです。

RTM-84A/RGM-84A/RGM-84D

トリミングしてみると、同じハープーンでもバラバラの型式。
左上のはRTM-84A-4Bとあり、RTMは実弾ではなく訓練弾です。射撃は出来るけど弾頭はないのかな?
ほかは実弾で、RGM-84Aはハープーンの初期型、RGM-84Dは、通称Block1Cと呼ばれる射程伸長型です。
ただ、いずれにしろ80年代に開発されたミサイルで、古いものです。
キャニスター(筒)に入っていて、基本的にメンテナンスフリーと言われているミサイルですが、さすがに定期的なメンテナンスはされているのでしょうね。
ただ古いミサイルには違いありません。

英フリゲートと護衛艦のマストを比較する2019年04月09日 06時36分

過去画像の振り返り。
資料的側面で撮った、2隻の艦艇の比較。

先日も北朝鮮の瀬取り監視を実施したニュースが出ていましたが、英23型フリゲート「HMSモントローズ」が晴海埠頭にやってきた時の写真。

HMSモントローズのマスト

マストトップにあるレーダーは、建造後改装されて搭載された997型レーダーで、角度も測定できる3次元レーダーで、23型後継の26型フリゲートにも搭載予定です。
対水上と対空を兼ねているようです。それとは別に、航海レーダーも下の方に搭載されています。
マスト中央に丸い物体が鎮座していますが、光学照準器のようですね。

DDむらさめのマスト

一方、こちらは護衛艦「むらさめ」。日本の艦艇らしい端正なデザインですが、マストは無骨なラティス(格子)マストです。
新造時は、対レーダーステルス性に欠けるなどと批判されましたが、電波吸収剤を使用するなど工夫されているとのこと。
よく見ると、マストには平面のプレートも貼られていますし、これも何らかの対策のようです。

マストトップには戦術航法装置(TACAN)のアンテナがあり、これは艦載ヘリと護衛艦との位置や距離を計測するためのもの。
続いてESMアンテナ、OPS-28対水上レーダー、丸いレドームのヘリデータリンクアンテナ、OPS-24 3次元レーダー(艦載型世界初のアクティブフェーズドアレイアンテナ搭載)、艦橋の白いお皿は、シースパローミサイルや砲を管制する、射撃指揮装置2型で、ここでは見えませんが、光学照準器も搭載されています。

能力的にどちらが優れているかは定かではないですが、どちらの艦艇も艦齢20年を超えていますが、定期的な機材更新が図られていて、まだまだ第一線で活躍していくことでしょう。

特に23型フリゲートは、退役後も売却されて他国で運用される可能性は高く(実際に早期退役艦はチリで活躍中)、長いこと使われるでしょう。
艦艇不足の自衛隊は、むらさめ型も艦齢伸長して、あと十数年は使われるでしょうね。


【百里基地】ラストフライト 19/3/19の記録(その4)2019年03月25日 06時12分

427号機タッチダウン。
ウエスト降りだ!

●F-4EJ改(97-8427)
F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

427号機のパイロットさん、この日がラストフライトだったそうです。
そう、ファントムだけでなく、ファントムライダーも機体とともに戦闘機を降りる方が多いようです。
予定より長く運用したファントムだけに、パイロットもベテラン勢が多いそうで。


●F-4EJ改(17-8439)
F-4EJ改(17-8439)

F-4EJ改(17-8439)

ドラッグシュートを引いて…

アラハンでのウエスト降りを見られたのは久しぶり。動く戦闘機の後ろを間近で見られるのは、めったにありませんから。

F-4EJ改(17-8439)

夕日に映えてかっこいいぜ!

F-4EJ改(97-8427)

地上の隊員もお手振り♪ こうしてまたファントムライダーが機体を降りていきます。寂しいなぁ。

F-4EJ改(17-8439)

この日の撮影は、忘れられない撮影となりました。
色んな方々に感謝感謝です。

【百里基地】カエルさんも熱い! 19/3/19の記録(その3)2019年03月24日 08時26分

オジロファントムのラストフライトが熱かった3月19日ですが、カエルさんも熱かった!

●CH-47JA(52966)
CH-47JA(52966)

CH-47JA(52966)

オジロファントムを惜しむかのように?、陸自のチヌークが降りてきました。足にスキッド付きです。
雪山で遊んでたのかな?(笑

CH-47JA(52966)

チヌたんの背後には、301SQのカエルさん。
上がります。

●F-4EJ改(97-8427)
F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

低い! こんなのめったにありませんよ。

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

ハイレートで駆け抜ける! 学生の頃、千歳基地のイーグルのハイレートクライムはよく見かけましたが、ファントムでは航空祭以外ではあまり見たことがなく、貴重です。

もう1機も上がります。


●F-4EJ改(17-8439)
F-4EJ改(17-8439)

F-4EJ改(17-8439)

F-4EJ改(17-8439)

ありゃ、439号機はずいぶん手前で上がっていきました。


CH-47JA(52966)

チヌたんはお帰りのようです。

そしてタッチアンドゴーで再び登場の427号機。

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

F-4EJ改(97-8427)

うーん! 順光で良いですね。

そして439号機も。

F-4EJ改(17-8439)

F-4EJ改(17-8439)

こちらはずいぶん手前でパッカーンしました。

続く…

【百里基地】オジロファントム フォエバー! 19/3/19の記録(その2)2019年03月22日 06時49分

さあ泣いても笑ってもこれが最後のフライトとなる、302SQのオジロファントム。

オジロファントムフォーメーション

オジロファントムフォーメーション

オジロファントムフォーメーション

ラストフォーメーションフライトを噛み締めます。
オジロファントムのうち、何機かは301SQの🐸ファントムとして飛び続けますが、これを期に退役する機体もいます。
白黒スペマファントムは、どちらも退役するようです。

まずはノーマル塗装機2機が降りてきました。

●F-4EJ改(57-8367)
F-4EJ改(57-8367)

F-4EJ改(57-8367)


●F-4EJ改(07-8435)
F-4EJ改(07-8435)


そしてスペマ2機はさらに上空をパス。

●F-4EJ改(77-8399)
F-4EJ改(77-8399)

黒しか撮れませんでした…。

オジロファントム水浴び!

奥では、ラストフライトを終えたノーマル塗装オジロファントムが消防車による歓迎の放水!
普段はこんなメラメラ写真は上げませんが、今回は記念なので。

そしてスペマファントムが降りてきました。

●F-4EJ改(07-8428)
F-4EJ改(07-8428)

ウエスト降りなら良かったのになぁ…

F-4EJ改(07-8428)

続いて黒スペマも。

●F-4EJ改(77-8399)
F-4EJ改(77-8399)

F-4EJ改(77-8399)

まさかラストでこの2機が飛んでくれるなんて。

スペマファントム

もう見納めです。

F-4EJ改(07-8428)

F-4EJ改(77-8399)

キャノピーは閉めたまま、エプロンへ戻っていきます。

そして歓迎の放水!

スペマファントム放水

スペマファントム放水

最後は記念撮影をしていたようです。

302SQ最後の記念撮影

45年間、日本の空を守り続けた302SQのファントムとその隊員たち、お疲れ様でした!
302SQは三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機、F-35Aに引き継がれますが、オジロマークはなくなり、302SQのファントムライダーも多くは戦闘機を降りて輸送機など違う機体に移るか、301SQのファントムライダーとして飛び続けるそうです。
古いファントムだけに、若いパイロットは少ないそうで、ファントムからF-35Aに転換するパイロットがほとんどいないのかな?


↓百里基地公式Twitterでも、ラストフライトだったことが発表されています。

皆様、ついに...
これが最後です。
オジロワシファントム、第302飛行隊よ、永遠なれ。

5,076 people are talking about this

【百里基地】オジロファントム フォエバー! 19/3/19の記録(その1)2019年03月20日 06時22分

まさか、オジロファントムのラストフライトに立ち会えるなんて思っても見ませんでした。
いろんな偶然が重なり、なんとか間に合いました!
2019年3月19日、予想より早かったですが、第302飛行隊のオジロファントムが、この日ついにラストフライトとなりました。

●F-4EJ改(57-8367/07-8435)
F-4EJ改(57-8367/07-8435)

ちょうどこの時間、雲が来てしまい、背景は残念ですが、まずは302SQオジロファントム、ノーマル塗装機の2機がフォーメーションで上がりました!
435号機はセンタータンクのみ、367号機は両サイドにもタンクあり。いずれもAAM-3を携行しています。


●F-4EJ改(77-8399/07-8428)
F-4EJ改(77-8399/07-8428)

続いてスペマファントムキター! 先月の撮影以来、最終日までペアで飛んでくれるなんて、何という粋な計らい。
あまり残りフライト時間がないとの両機、この2機がカエルマークを付けてふたたび飛ぶことはないと思われます。
本当にラストなんです。

F-4EJ改(77-8399/07-8428)

パッカーン! TACデパーチャーを披露。このとき、カメラの設定がRAW+JPGになっていて、バッファがいつもより早く詰まってしまった…。白の尾翼が若干フレームアウトしたのが残念…。でも、この時の撮影場所には、近くにもう1人しかいなかったので、このアングルはこれはこれで。
近かったので、500~600mmクラスの単焦点レンズだと、フレームに収まりきらなかったようです。
こういうときは、ズームレンズの便利さを実感します。

F-4EJ改(77-8399/07-8428)

F-4EJ改(07-8428)

F-4EJ改(77-8399)

2機ともA/Bを炊いて去っていきました。

これが見れただけで幸せです。
約45年間、オジロマークのファントムは、日本の空を守り続けました。
もし日本の戦闘機導入でF-22Aが決まったとしたら、退役はもっと早かったでしょう。
2019年という、創設時そこまで長く運用することは想定していなかったと思います。運用も後年は大変だったでしょう。
お疲れ様でした!

【晴海埠頭】英フリゲート「モントローズ」と護衛艦「むらさめ」を見てきた(その5)2019年03月15日 06時53分

英23型「モントローズ」見学、いよいよヘリ甲板へ。

銃器展示の隊員さん

見張りの兵隊さん

銃器展示中

甲板では銃器展示中でした。自衛隊でも最近はあまり展示がないですし、めったに見れない英国海軍の銃器とあって、皆さん興味津々。私はあまり詳しくないですが。

ヘリ格納庫

23型フリゲートの格納庫。ワイルドキャットHMA Mk.2(AW159)ヘリ。海自のSH-60に相当するヘリコプターで、リンクスっぽい形だなぁと思ったら、リンクスの発展型だそうで、海自のSH-60JとK型との関係と同じですね。

狭いけど高さは確保されている23型フリゲートの格納庫

むらさめ型と違い、ヘリはあくまで1機のみの搭載と割り切られていて、それほど広くはないですが、高さは確保されていて、天井クレーンも装備されていることから、整備もちゃんとできる格納庫ですね。


ワイルドキャット HMA Mk.2 (AW159)

狭いので、ヘリ全体写真は撮れなかったけど、初めて間近で見るワイルドキャットは、アメリカ製のSH-60系の期待とは違って、少し華奢な感じ。ただ、原型のリンクスは、ヘリコプター最速記録を持っているので、こちらのほうがスピードは出るのでしょうね。
海自のSH-60Kは、ホバリングの安定性重視のローターで、速度は旧J型より遅いそうで。

スティングレイ魚雷

スティングレイ魚雷も展示。サイズはアメリカのMk46あたりと同じくらいかな。
名残惜しいですが、下艦します。


ホワイト・エンサイン

イギリスの軍艦旗は、ホワイト・エンサインと呼ぶそうです。

モントローズの紋章

結構痩せ馬(鉄板のシワ)が出ていますね。何せ艦齢25年。26型の登場とともに引退ですね。イギリスは、日米のように寿命延長改修する例はあまりない印象です。

ユニオンジャックが晴海にたなびく

誇らしげなユニオンジャックが印象的でした。

【晴海埠頭】英フリゲート「モントローズ」と護衛艦「むらさめ」を見てきた(その4)2019年03月14日 06時46分

英23型フリゲートの主砲は、55口径114mm単装砲のMk.8 Mod1で、イギリス製です。

4.5in Mk.8 Mod1

むらさめ型の76mm方より大きいですが、4.5インチ砲としてはコンパクトな感じに思います。
イギリスは伝統的に114mm(4.5インチ)砲を採用していて、西側で標準的な76mm(3インチ)砲や127mm砲(5インチ)はなかったのですが、23型の後継となる26型フリゲートは、アメリカ製のM.45 127mm砲(5インチ)の採用が決まっています。

砲盾は、新造時は丸みを帯びた形状でしたが、改修の際にステルスシールドのMod1に改装されています。

写真では分かりづらいですが、砲塔後ろには「DANGER TURRET MAY TRAIN WITHOUT WARNING」と記載されていて、直訳してもナンノコッチャとなりましたが、この場合の「TRAIN」は一定方向に向ける、という訳になるそうです。

英23型フリゲート「モントローズ」の114mm単装砲。
ちょっと見づらいけど、砲塔の後ろに「DANGER TURRET MAY TRAIN WITHOUT WARNING」と書いてあって、TRAIN?列車?と帰ってWeblioで調べたら、「口火」と言う意味もあるそうで。
つまり意訳すると「危険 砲は警告なしに射撃する」となるのかな?

このtrainは「指向性のあるものを一定方向に向ける」という他動詞なので「危険:本砲塔は予告なしに旋回することあり」が正確な翻訳になると思います。

See Compass Rose's other Tweets

Twitterで教えていただきました。(↑アサブロの限界で、うまく貼れないのはご勘弁を)

4.5インチ砲弾

4.5インチ砲弾。風で曲がっていますが、上の貼り紙には「危険人物!さわろときれろせ」と、おもしろ日本語がw

4.5インチ砲の中

砲塔内部。むらさめ型の76mm砲よりは、内部に余裕があるように見えます。もちろん無人砲塔となっています。

誇らしげなユニオンジャック

艦首にユニオンジャックが晴海埠頭にたなびいています。誇らしげですね。


ハープーンSSMとマスト

天気が良いですね~。
マストトップには、997型3次元レーダーが搭載されています。これも新造時の996型から改装されています。

レーダー改装写真

そのレーダー改装時の写真も、他のレーダーやソナーの説明書きとともに展示されていました。
こういう技術的な内容もしっかり展示している姿勢は、好感が持てますね。

救助訓練ダミー

救助訓練用のダミー。お名前あるのかな?

割と広めの甲板通路

サイズはむらさめ型より小さい23型ですが、甲板通路は広めに作られています。
まだ極度にステルス思考が入っていないので、使い勝手は良さそうです。

ゆる文字の注意書き

CIVGAS?

またまた英語でわからないこと。
「DANGER NO SMOKING OR NAKED LIGHTS WITHIN 6MTORS OF CIVGAS STOWAGE」
この中で、CIVGASの意味が調べてもわからない。可燃性ガスなので火気厳禁ということなのかな?

続く…

【晴海埠頭】英フリゲート「モントローズ」と護衛艦「むらさめ」を見てきた(その3)2019年03月13日 06時46分

写真の編集ができてなくて、昨日はブログ更新できませんでしたが、続きです。

先に護衛艦「むらさめ」を見学し、今度は英23型フリゲート「モントローズ」を見学します。

英23型フリゲート「モントローズ」

晴海埠頭に着いたときほどではないにしろ、結構混んでいますね。
それでも晴海埠頭の艦艇見学の傾向として、朝イチで行くより終了間際のほうが空いてはいます。
マニアは一番に乗りたがります(笑

見学者で賑わう「モントローズ」

これでも並びは短くなっていて、20分程度で乗艦できました。
ここでモントローズの諸元を。

●イギリス23型フリゲート (通称デューク級)7番艦「モントローズ」HMS Montrose F236 1994年就役

満載排水量:4,300t (むらさめ型は6,200t)
全長:133.0m (むらさめ型:151.0m)
全幅:16.1m (むらさめ型は17.4m)
主機・速力 CODLAG(ディーゼル発電電気推進+ガスタービン)28kt (むらさめ型はCOGAG 30kt)
主兵装:55口径114mm単装砲, 30mm機関砲, 7.62mm機銃, シーウルフ短SAM VLS(32セル), ハープーンSSM4連装発射機2基, 連装短魚雷発射管2基, AW159ヘリ1機


兵装はむらさめ型と似ていますが、23型は90年代前半に就役していて、すでにステルス船体やディーゼル電気推進など、先進技術を取り入れているのが、英国艦艇らしいです。
船体はむらさめ型より一回り小ぶりですが、相応の能力を備えています。

ハープーンSSMとデコイ発射筒

艦橋の上にあるレーダーは、対水上捜索用の1007型、右の4つの筒はハープーン対艦ミサイルの4連装発射筒、左の横を向いている筒はデコイの発射筒です。

英フリゲート「モントローズ」の紋章

モントローズの紋章。モントローズの名前は、全然詳しくないですが、モントローズ公爵に由来するのだそうです。
海上自衛隊の艦艇は、旧海軍時代からですが、人名は艦艇の名前に使用しない規則となっていますが、諸外国だと、このように人名を使う艦艇は多く存在します。アメリカだと、歴代大統領や軍人の名前を艦艇の名前に使用することもあります。
ちなみに、英23型フリゲートは、公爵の名前を使用していることから、通称「デューク級」とも呼ばれたりします。かっこいいですね!

30mm単装機銃

30mm単装機銃。23型フリゲートは、ファランクスなどの捜索・射撃管制レーダーを内蔵するCIWS(近接防御兵器)はありませんが、この機銃はその代りになるのかな? 遠隔操作できるのかな?

混んでいます

乗艦終了時間が迫っていたので、地上の待ち列は減っていますが、艦上の観客はまだまだ多い。

迷彩服の隊員

乗艦してすぐ立っていた隊員。迷彩服なんですね! 笑顔をいただきました! この方に限らず、隊員の方は皆丁寧でフレンドリーで好印象です。

?

何だかよくわかりませんが、多分いま誰が何してるってのを表してるのでしょう。

モントローズの銘板

英国艦艇に限りませんが、諸外国、特に欧州の艦艇は、立派な銘板や紋章を掲げていることが多いですね。

ハープーンSSM

ハープーンSSM発射筒。むらさめの90式SSMとほぼ同じ形状ですが、右下に写っている奥のハープーン用のブラスト避けの板がベニア板っぽいのが、なんとも言えない割り切りです。燃えちゃわないか心配ですが、多分大丈夫なのでしょう。
発射したら取り替えるだけ、という感じなのかもしれません。

シーウルフ短SAM

見づらいですが、シーウルフ短SAMの垂直発射機です。
ハープーンはアメリカ製ですが、短SAMは昔から国産なのがイギリス流。丸いのはカバーで、発射する前に外すか、あるいはそのまま発射可能なのかは不明。Wikipediaにはこの蓋がされていない写真があるので、これは恐らく平時は筒上部の薄いカバーを保護するためのものなのでしょうね。

続く…