プロフィール写真撮影2019年10月28日 06時28分

D810とDC-Nikkor, Di866MarkII
早いもので、娘も年長さん、来年は小学生なんですよね。

昨日は、保育園の卒業アルバム用のプロフィール写真撮影ということで、カメラマンを仰せつかりましたので、撮影してきました。

撮影機材は、内蔵フラッシュが赤外線ワイヤレスコマンダーを搭載しているD810をメインとしました。

より新しいD850は、倍率の高いファインダを搭載すべく、内蔵スピードライトを搭載しないため、スピードライトのワイヤレス増灯を行うためには、別途コマンダーを付けなければならず、そこまで使用頻度の高くないコマンダーを導入するのもなんなので、D810の出番となります。

増灯すれば、高感度を使うこともなく、画質についてはD810でも何ら問題ありません。

今回はカメラをD810で内蔵フラッシュはSG-3IRで被写体に影響を与えないよう赤外光のみ通します。
ワイヤレス増灯で、メイン灯をNissin Di866 MarkII、背景用に青い光を出すため、青フィルタを付けたNikon SB-900を被写体後ろの白シールに投影しました。

カメラはマニュアル露出、スピードライトの発光もマニュアルで、ISO感度を微調整して露出量を決定しました。
こういうのは、フィルムだとフラッシュメーターが必要ですし、テスト撮影しないと絶対に出来ないですが、デジタルならその場で結果を見ながら微調整すればよく、これについてはデジタルの利便性には敵いませんね。


レンズはAI AF DC-Nikkor 135mm f/2Dで、最後までAF-S 70-200mm f/2.8G ED VRIIと悩みましたが、DCをチョイスしました。
プロフィール撮影なのである程度絞らねばならず、もちろんDCリングはオフセットなしのセンター状態としました。

背景が父兄の用意したシーツのため、どうしてもシワが寄ってしまうのが難点で、そこが少し残念でしたが、概ねうまくいきました。

撮影相手が30人近くの保育園児、上手くいくか心配でしたが、途中泣いたりする子、笑顔の子もいれば、引きつってしまう子もいて、撮影場所はにぎやかでしたが、それでも予想していたよりはトラブルが少なく、なんとか撮影を終えることが出来ました。

こういう撮影は一人では出来ないので、父兄の連携あってこそなので、皆さん的役に回ってもらえたのが良かったですかね。


後は来月の予備日に、撮影に来れなかった何人かの撮影を行って終了です。



撮影なので大して動くわけではないのですが、どっと疲れた1日でした。

ワイヤレス増灯での撮影リハーサル2019年10月15日 06時22分

子供らの保育園の運動会、台風で延期になった昨日も、結局雨で中止になりました…。
どこか別の日で規模を縮小して行うらしいですが、この件に関しては、保育園からの連絡が遅いとか、平日休日いつやるか(そもそも保育園なので、父兄の仕事の予定がつかない)で、ひと悶着ありそうです…。

それはともかく、結局1日空きができてしまったので、テスト撮影をしていました。
娘の保育園の卒業アルバム作成で、プロフィール写真撮影を行うことになって、その準備をば。

D810に内蔵フラッシュ用赤外パネルを装着

ボディはD810を使用。内蔵フラッシュは、ワイヤレス増灯のためのコマンダーとして使用します。
そのために、内蔵フラッシュ用赤外パネルSG-3IRを取り付けています。
内蔵フラッシュは、コマンダーとしてのみ使用する際も、微小発光するために、被写体に光があたり、撮影結果に影響が出ます。
そのため、内蔵フラッシュをフラッシュとして使用しない場合は、この赤外パネルを装着することで、赤外光のみワイヤレスで他のスピードライトに伝達できます。
現在は、確実性の高い電波式が主流になりつつありますが、電波式の場合、純正でもサード製でも、発光を伝達するコマンダーが別途必要になります。
赤外光の場合、外光の影響を受けやすい、距離が離れていると信号が達しづらい、といった欠点がありますが、距離が近ければ問題ありません。機材も追加せず、対応スピードライトのみで完結します。

内蔵フラッシュによるワイヤレス増灯じは、フラッシュを内蔵しないD850では出来ない芸当です。
故に、D810もまだまだ手放せない理由の1つだったりします。
もちろん、D850にもSU-800という赤外線コマンダーを使用すれば、赤外線ワイヤレス増灯できますが、高価すぎて、全くおすすめできません。ぶっちゃけ、Godoxあたりのワイヤレスコマンダーとレシーバー揃えたほうが良いです…

ということで、D810に、2台のスピードライト、1つはNikonのSB-900(11年目なのでOHしたい)と、ニッシンのDi-866MarkIIを使用します。

SB-900とDi866MarkII

ブルーのフィルタを認識したSB-900

このうち、SB-900には、先日購入したカラーフィルタSJ-3のブルーを装着。
純正品なので、スピードライト側もブルーフィルタを認識し、右のアイコンの上に「B」と表示されています。


2灯でフモフモさんを撮影

背景を青くしての撮影。
これはフモフモさんのぬいぐるみなので、ちょっと小さすぎました。
後ろに本来は白かシルバーの布をつけるのですが、とりあえずてすとなので、白いドアを背景に。
被写体が小さく床が写ってしまい、これは失敗です。

焦点距離も、60mmでは短すぎ、娘を被写体にテストしてみると、DC135mmか、AF-S 70-200mmがちょうどよい感じでした。
なにせ、初めてのシチュエーションなので、この後いろいろテストを重ねました。
撮影会場の天井は木目なので、バウンスではなくディフューザーによる撮影にするか、はたまたレフで反射させるか、色々悩みは尽きないですね。
会場では、本番当日しかテストできないので…。

タイムラプス用の静止画を比較(明)合成してみた2019年10月07日 05時37分

タイムラプス用の静止画を比較(明)合成してみた
タイムラプス用にインターバルで連続写真を取り続ける実験をしていますが、ふと思い立って、これ合成してみたらどうなるか?

ってことでやってみたのがこの画像。
明るく太い筋は月です。

星がつながっていないのは、インターバル撮影の間隔がシャッタースピードに対して長いため、撮影と撮影の合間に星が移動しすぎてしまっているからです。

完全に星をつなげようとするなら、もっとシャッター速度を落とし、かつインターバルの間隔を短くする必要があります。

なおかつ、この写真、200枚を合成していますが、D810の写真を200枚もレーヤー合成すると、3600万画素の高画素ですから、PCのメモリは32GBでは不足しますね。

もう少しNDフィルタを使って、シャッター速度を落とさないとですね。
本来の趣旨とは違ったお遊びなので、不完全ですが、都内でもこうやって星が写るんですね。

茨城空港「空の日」イベント2019 その32019年09月26日 06時07分

空の日イベントでは、ファントムの展示が人気でしたが…

F-4EJ改(37-8315)

支援車両も展示されていましたので、ちょっとご紹介。

●2000GL燃料給油車
2000GL燃料給油車

いわゆるローリーです。
娘が「このレバーなぁに?」なんて隊員にさんに聞いて説明してもらっていましたが、流石に保育園児には難しい話だったかなw

●起動車「KM-3」
起動車「KM-3」

ファントムのエンジンスタートのための圧搾空気供給と、整備時の電源供給するための起動車です。
F-15Jイーグルなどのように、APU(補助動力装置)搭載を搭載した機体は、自らジェットエンジンの始動が可能ですが、ファントムのJ79ターボジェットエンジンは、機体だけではエンジン始動できないため、圧搾空気を供給してエンジンのブレードを強制的に回しながらエンジンを指導します。そのために車両です。
ファントムが退役すれば、この起動車も退役となりますね。

起動車「KM-3」のパネル

起動車「KM-3」の操作盤

操作盤に「あっち」「こっち」とテプラが貼ってますが、どっちなんだ?w

そして、突如"ヤツ"が現れた!

くにまる

何だこのキャラは!?

くにまる

奇跡のケロヨンスペマファントムとのコラボ。しかも、ねばーるくんみたいに上に伸びますw

F-4EJ改(37-8315)と「くにまる」

彼の名は「くにまる」だそうで、ゆるキャラブームが到来するはるか前、今から四半世紀前に誕生している、由緒正しき?キャラクターだそうです。

F-4EJ改(37-8315)

名残惜しいですが、暑くなってきたのでファントムの展示会場を後に。

この後は、空港内でお土産買ったりして、茨城空港の向かいにある「空の駅 そ・ら・ら」に移動。

そららで遊ぶ

子どもたちは、そららの遊具やら、イベント会場でずっと遊んでいましたとさ。おしまい。

茨城空港「空の日」イベント2019 その22019年09月25日 06時52分

これが見たくて来たぞ! ということで、ケロヨンファントムのスペシャルマーキング機体、現役ファントムとしては最古参(飛行実験隊の301号機を除いては)となる315号機を間近で見ることが出来ました。

F-4EJ改(37-8315)

F-4EJ改(37-8315)

F-4EJ改(37-8315)

F-4EJ改(37-8315)

ファントムおじいちゃん!

ファントムおじいちゃん、もう公認キャラですね!

F-4EJ改(37-8315)

F-4EJ改(37-8315)

F-4EJ改(37-8315)とタグ

F-4EJ改(37-8315)とスカイマーク

スカイマークが上がっていったので、ファントムとコラボ!
息子がグズってしまってあまり撮れませんでしたが、航空祭と違って観客数も程々なので、じっくり見ることが出来ました。

茨城空港「空の日」イベント2019 その12019年09月24日 06時32分

毎年9月20日は「空の日」だそうで、それに合わせて20~30日の間は「空の旬間」だそうです。
それに合わせて、茨城空港で毎年行われている空の日イベント、たまたま休日出勤の代休日と重なったので(Yamaroのお仕事は通常祝日は出勤)、子どもたちを連れて行ってきました。

ファントムの丘から眺める会場

子どもたちは初めての茨城空港。
朝は曇っていましたが、この後晴れ間が出てきました。

ほこまるシールを貰った

地域イベントを兼ねているので、茨城空港のある小美玉市ほか、鉾田市からも出展していました。

F-4EJ改(37-8319)を背に

まずは子どもたちの腹ごしらえ、おみたまヨーグルトで。
背景の展示機のF-4EJ改(37-8319)は、先日の第15号台風で、キャノピーが吹き飛ばされてしまったため、カバーが掛けられていました。

F-4EJ改(37-8315)

さて、この日は茨城空港のエプロン開放で、展示が行われていまして、お目当ては展示機319号機と同い年の315号機、301SQのスペマファントムを近くで拝む事ができました!

航空祭以外では、なかなか近くで見ることは出来ません。加えて航空祭だと人混みですからね。

ってことで続きの写真はまた。

最後のレッドブルエアレース観戦の一部始終(その5)2019年09月13日 06時57分

レッドブル・エアレースが終了し、表彰式はオーロラビジョンで。木更津飛行場からの中継です。

表彰式

この後会場にも移動して来たようですが…

帰り道渋滞

帰り道は大渋滞で、エントランスや屋台のある場所までは30分程度かかりました。
道が狭い上に大量に人が移動します。
奥は木陰になっていますが、蒸し暑さで倒れる人もいたようです。

モトクロス会場

モトクロスも行っていたようですが、既に終了していました。

レッドブル車両

この車種はなんだろう? なにわナンバーで、右ハンドルでした。

室屋選手のEDGE 540 V3

ファルケンのブースには、室屋選手の機体、EDGE 540 V3のモックが展示されていました。意外と小さい機体です。原寸大ですよね?

LEXUS LC500ni

LEXUSブースには、室屋選手応援メッセージをLC500に貼り付けていました。

ZOZOマリンスタジアム

時々雲がかかるも、最後まで晴れていて、この後台風15号で千葉が大変なことになるとは…。
レースを早めに切り上げた運営は、称賛に値しますね。

以上、現場からでした。

富士山と御殿場をタイムラプスで2019年08月27日 06時39分

もう2週間以上前ですが、御殿場で一泊したときに、コテージから撮った富士山と御殿場の様子をタイムラプスで撮影してみました。

まずは夕方。太陽がすっぽり富士山に消えていくと素敵なのですが、さすが富士山の麓、一気に雲が来ますね。

そして、翌日早朝から、日の出からの富士山と御殿場を…と思ったのですが、目覚ましかけたけど二度寝してしまって、撮影開始が遅くなってしまいました。
本当は真っ暗なところから撮りたかったのですが…

もっと撮ればよかったなぁ…。
D850のタイムラプスも、指定の時間から撮影スタートできる機能があればよいのに。

【千葉遺構撮影ツアー】旧陸軍金谷砲台跡 砲台山ハイランド32019年08月19日 06時28分

夏休みも終了し、今日からお仕事な方も多いでしょう。おはようございます。
夏休み中の撮影ツアーの写真は、もうちょい継続です。



個人的にこの砲台山ハイランドで一番見たかった場所。

リフト乗り場

廃リフトです。
リフトって廃墟化しても、元々頑丈に作ってあるのですね。奥多摩の廃ロープウェイが現存するのと同様、こちらもしっかりロープが張られた状態で半世紀以上経過しています。

錆びた支柱

リフトの支柱が錆びついてはいますが、まだまだ倒壊する感じはなさそうです。

リフトの座面

昨日のブログで落ちていた謎の物体、どうやらリフトの座面とその支柱のようです。
板状のものは、ささやかな雨除け(日除け?)でしょうね。
昔よくあった、一人乗りのリフトです。

良い錆

んーこの錆感がたまらない! 腐食はしていますが、鉄骨内部までは進行していないのか、折れずに現状を保っています。
さすがに滑車はもう回らないでしょう。

リフト乗り場の下のギヤ

元々は蓋がされていたであろう、リフト乗り場の下には大きなギヤが。

東京変速機製の減速機 昭和41年製造

シャフトの先には減速機が。
減速機の銘板から、東京変速機株式会社(元株式会社トーヘン)が昭和41年(1966年)に製造したことがわかります。
つまり、この砲台山ハイランドは、1966年以降に開園したと思われます。
もっとも、リフトが後から設置されたとしたら、その限りではありませんが…。

東芝製のモータ

減速機のさらに先には、東芝製のモートル(モータ)が。
ところで、モートルという言い方ってドイツ語読みなんですね。今でも日立と東芝は、モータを一部商品名ではモートルと呼称しています。

緑の中に佇むモータが美しい。これぞ廃墟美(自画自賛)。配線もきれいに揃っていて、丁寧な仕事ぶりが伺えます。

リフト制御盤

リフト制御盤。ここでも配線がきれいに整っています。見ていて気持ちがいいです。

リフトの電装一式

もう二度と動くことはないリフトに、自然が繁殖し覆い尽くしつつあります。

一片の光


さらば廃リフト

ロープの張られた先の麓の乗り場も現存していると思われますが、森が深いので散策はしませんでした。

砲台跡

ここも砲台跡と思われ、砲台山ハイランド時代は展望台だったと思われます。
が、今は木に覆われて何も見えず。何もなければ海が見えたのでしょうね。

砲台跡と弾薬庫入り口

散策終了。
ダミー砲台は、この場所から遠く散策せず。
遺構は少なめですが、個人的にはリフトが見れたのが良かったかな。
それ以外はこれと言って見るべきものはなく、戦争遺跡としても、その当時の建築物はあまりなく、弾薬庫やこの場所までのルートにあったコンクリートの施工が、当時のものづくりを感じさせるものでしたが、やはり保存されている遺構とは違いますからね。

【千葉遺構撮影ツアー】旧陸軍金谷砲台跡 砲台山ハイランド22019年08月18日 08時22分

弾薬庫跡を見た後は、他の施設も。

トイレと思しき建物

多分トイレかなぁと思しき建物。

やっぱりトイレ…の洗面台

トイレの洗面台。もう1台あったと思われますが、1つだけ残っていました。ここも屋根が崩壊。

男子便所の朝顔便器

男子トイレ側は、懐かしの朝顔便器。上には水洗用のタンク。昔はこういう水洗用のタンクが上に取り付けられていましたね。
こちら側はまだ屋根が残っていました。

腐食崩壊中の屋根

トイレの屋根。錆びが侵食し、崩壊しつつあります。
なるほど、鉄板の屋根が腐食して、コンクリートブロックの壁のみになりつつあるのは、昨日上げたトイレの写真と同じですね。

封鎖中の弾薬庫トンネル

弾薬庫トンネル、こちら側はきちんと封がされていました。扉ではなく、封ですね。

BBQ場跡

BBQ場跡にやってきました。
現代のスタイルのバーベキューが日本に定着したのはいつ頃か知りませんが、1960年代の日本でも、こうしたアウトドアでBBQを楽しでいたのでしょうね。

森に侵食されつつあるBBQ場

おしゃれなレンガ、大きな屋根の下で、雨の日でもBBQを楽しめたのでしょうね。
今でも、こうしたスタイルのBBQ場は普通にありますから、これが1960年代にあったとは、時代を先取りしすぎていたのかもしれません。

王冠付きの瓶ビール

王冠がついたままの瓶ビール、中身は半分くらい残っていました。
残念ながら、王冠は錆つき、ラベルも剥がれてしまっていて銘柄は不明。

みどりおいしぐぇ

BBQ場の横には、何年も管理されていない木々が生い茂っていました。
この撮影日は、直前に大雨が降ったのもあって、特に湿度が高かったのですが、元々この場所の湿度は高めなのでしょうね。
そんな感じの場所です。

大木を魚眼で

レンズを魚眼に交換。こういった場所で使いたかったんですよ魚眼。
左の木は見事な幹です。樹齢何年だろうか? 砲台が出来た時にはあったのだろうか?

屋根が欠落した場所

BBQ場の中

BBQ場の中。頑丈そうな木の柱のおかげで半世紀以上経過しても、倒壊せず現存しているのがなかなか。
木造建築も捨てたものじゃないのです。屋根もほとんどが残っています。

この後、何枚かBBQ場の厨房らしき場所も撮ったのですが、つまらないのでボツ。
で、再びBBQ場の屋根を撮ったのですが…

レンズに油がついてモヤってしまった

ファインダ越しに、なにかエモい描写になってると思ったんです。この日は湿度が高く、レンズも曇ることがあったので、レンズを見てみると、なんと油が付着! そのまま拭き取ろうにも、油なので油膜が残ってしまって…
どこで付着したかわかりませんが、厨房を撮っている途中から描写がおかしかったので、厨房に残っていた油が落ちてきたかもしれません。
残念ながら、魚眼撮影はここで終了。魚眼レンズなので、保護フィルタを取り付けられないですからね。

※レンズは自宅に戻って、フジのレンズクリーナー&ペーパーで何度も拭き取りを行って、やっと取れました。

ぼやで燃えた屋根

レンズを標準ズームに戻して、改めて撮影開始。

屋根で唯一欠落しているこの部分、2010年のボヤ騒ぎで燃えた箇所なののか?
ぱっと見た感じは、燃えたようには見えないです。まあボヤ騒ぎから9年も経過していますから、その痕跡すらわからなくなってくるでしょう。
ただ、大きな屋根のこの部分が欠損したことで、強度的にはネガになると思われます。
すぐには崩壊しないでしょうが、10年後にこのままの状態でいられるか?

昔のコンセント

BBQ場のコンセント。いかにも昭和40年代っぽい形状。
これと言ったものは残っていなかったですね。

ではBBQを後にします。

謎の物体が落ちていた

森に落ちていた謎の物体。標識でもなさそうだし。これは後に正体が判明します。

砲台跡の池

砲台跡だった場所だそうです。そこに池を作ったようですが、今や枯れ葉に覆われて何だかわからない状態に。
何か生き物でもいたんでしょうか?

それでは、この場所の一番の見所?へ向かいます。

続く…