AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E EV VR2018年04月13日 06時20分

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E EV VRの開放で

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E EV VRを導入して1年。

何でしょうね、それまでAF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDをつけっぱなしだったのが、今はこの大きくて重い標準ズームがメインに。

軽快さでは35mmに敵いませんが、単焦点に負けない描写力と個性持っているのが、この24-70mm f/2.8Eです。

それまで使っていたGタイプも良いレンズで、D800登場以前の設計ながら、解像度やボケ味は文句なしでした。

新しいEタイプになり、フィルムカメラでは事実上使用できなくなりましたが、Gタイプではいわゆるプロ用レンズらしく、強い個性はなく、全域で安定した描写でした。
ともすると、それを良しとしている方には、新しいEタイプは少し描写に主張が感じられるかもしれません。

でも、解像度重視のレンズが近年多い中、解像度命ではなく、ぼかしたときと絞った時の描写の差、ぼかした時のピントの合っている部分の解像感と、そこからボケていく部分のなだらかさなど、このEタイプの標準ズームは、他の標準ズームにない個性を持っています。

個性と書くと、この手のズームにはむしろ不要と感じる方もいるかも知れませんが、強い個性ではありません。あくまでGタイプと比較すると、の話です。


もちろん、VR搭載による歩留まりアップ、動画撮影時のVRの効きの良さもこのレンズの良さです。

一眼レフ終焉が見えてきたこの時代ですが、恐らく近い将来、Nikonからフルサイズミラーレスでも、マウントアダプタでこのレンズが使えるはずですから、ぜひ手にして欲しい1本。
ズームだから、単焦点だからという単純な比較を超えた、このレンズならではの良さは、他にない個性と言えます。



面白いことに、お気に入りのこのAF-S 24-70mmのEタイプも、従来のGタイプも、そしてAF-S 35mm f/1.8Gも、同じ設計者のレンズなんですよね。

http://photo.yodobashi.com/nikon/100th/interview/

フォトヨドバシに、このレンズの設計者の原田氏のインタビューが掲載されています。

ちょっと早いけど、息子2歳の誕生日2018年03月31日 07時13分

誕生日

本当は4月生まれの息子ですが、親の都合により(笑)先に誕生日会。
早いものでもう2歳です。

まだふぅ~ろうそくを消せないので、娘が消してくれました。

D850はカーネーションのタイムラプスで使用中につき、D810にて撮影しました。
さすがにD850と比較すると、高感度は少々厳しいですが、それでもかつてのD800と比べれば楽なものです。

思いがけず花見2018年03月28日 06時24分

先週Yamaroが結膜炎になってしまったのが、家族間で次々と発症して、最期に娘が発症。
娘を眼科に連れて行ってから出社しようと思ったら、近所の眼科がまさかの休み! 仕方なくちょっと離れた眼科にいったら激混み。
結局出社するには遅くなってしまったので、娘の保育園共々お休みにして、午後は光が丘公園で遊んできました。

あまり桜が多くないというイメージだった光が丘公園ですが、場所によっては桜の木が多いんですね。

光が丘公園の桜

天気は悪くなかったのですが、午後からは薄曇りに。コントラスト上げてみたらこんな写真に。これはちとやりすぎ。

カニ?ジャンプ

スピードライトを持っていったので、日中シンクロで撮っています。光って重要です。
娘はカニ?ジャンプ(笑

八分咲き

場所によりますが、まだ一部つぼみもあるので、全体的には八分咲きくらいでしょうか。
今週がピークでしょうね。

控えめな桜

まだまだ蕾

ここからはPlanarで撮影。日中シンクロで。
この桜は、まだつぼみが多く、咲いている花の数は控えめ。
PlanarはZF.2のCPU内蔵レンズですが、距離エンコーダは無いため、i-TTL調光では調光精度が落ちます。
加えて、Planar 1.4/50 ZF.2は絞り開放にすると、実露出が落ちてアンダー目に降られてしまうので、絞り開放のみ補出補正をプラス側に振る必要があります。
なので、開放だとなかなかうまく行かず、上の2枚はf2.5~2.8で撮影しています。

どんぐりたくさん

娘は桜よりもどんぐり集めに夢中。
絞り開放で撮ってみたら、地面の松の落葉が何かのテクスチャのような描写に。

Planarを絞り開放、日中シンクロで

こちらもPlanar 1.4/50 ZF.2の絞り開放の日中シンクロ。
Planar、近接だと収差の影響でふわっとした描写ですが、遠景になるほどこのふわっと感が薄まります。
この作例の距離だと、まだふわっと感が残っていますね。

ねりまの名木を背景に

集めたどんぐりを、何故かこの木の下に詰めている娘。背景はねりまの名木だそうですが、ぼかしています(笑

光が丘公園にて

光が丘公園の桜

曇ってしまいましたが、春休みとあって、平日でもたくさんの花見客で賑わっていました。

作(ZAKU)IMPRESSION TypeGの瓶を撮る2018年03月20日 07時02分

D850に、SB-900をマスター、Di866 MarkIIをスレーブにしてワイヤレス発光にて撮影。
Di866IIは瓶の後方に設置して、ディフューザーを装着しましたが、これがなかなか難しくて、上手く行かなかった。

ZAKU IMPRESSIOんTypeGの瓶

ZAKU IMPRESSION TypeGの瓶

瓶の模様は美しいのですが、撮影技術が伴っていないですね…
オマケに指紋付いていますし、試行錯誤してみます。

今回は、ちゃんとワイヤレス発光の情報がExifに出ています。やはりマスターは純正のスピードライトにしたほうが良さげです。

ワイヤレス発光の情報

ナイキJ2017年11月24日 06時38分

ナイキJ

入間基地に展示してあるナイキJ地対空ミサイル。

ペトリオットPAC-2が導入される以前に導入されていた長射程の対空ミサイルで、設置のためにサイトが必要なことから、当時各所で設置を巡っての反対運動が展開された、曰く付きのミサイルです。
ナイキ訴訟とか、ありましたね。

あの当時のことを考えると、今は移動展開可能なペトリオットが、転回先で反対運動を受けることは、せいぜい地域の極少数の左翼活動家がやる程度でしょうか。

ペトリオットと比較しても大型なミサイルなのが、時代を感じさせますね。

秋の光が丘公園2017年11月20日 06時49分

秋晴れとなったので、光が丘公園へ遊びに行ってきました。
こういう時はいつも軽いカメラのPEN E-P5なのですが、家族写真も撮りたいということで、重たいD850持参で。

秋の光が丘公園

すっかり色づいています。気がつけば、もう都内も紅葉がそろそろ終わりかけの時期ですね。地元函館も積雪があったようですし。

イチョウ

JPG撮影では、ピクチャーコントロールのAUTOを、彩度のみ-1.0で撮影していますが、今のところ、これが具合のいい感じですかね。全て標準だと色が濃すぎるのですが、AUTOの場合は彩度-0.5が設定できないのが悩ましいです。

シャボンで遊ぶ娘


インスタ映へ写真撮影中

若い女の子たちが、カメラでインスタ映え写真撮影中。

紅葉

あっという間に秋も終わりですね。

入間基地航空祭2017ダイジェスト112017年11月19日 07時30分

長々と続けてきた入間基地航空祭の写真も今回でラスト。気がつけば今日は岐阜で航空祭(笑


ブルーインパルスの演目も終わり、やっと最前列の人混みから開放されブラブラしていると…

F-15J(72-8889)

F-15J(72-8889)

F-15J(72-8889)

望遠レンズをバッグにしまって帰ろうかなぁと思っていた矢先、第306飛行隊のF-15J(72-8889)が上がった!
慌ててレンズを出して撮ったので、上手く撮れませんでした。いい上がりだったんだけどなぁ。

続いて三沢第8飛行隊のF-2Aも。

F-2A(

F-2A(43-8528)

F-2A(43-8528)


埼玉県警ヘリ

埼玉県警も頑張っておりました。このあとその高速で上昇しながらバック。

続いて海自のSH-60K(8411)。

SH-60K(8411)

SH-60K(8411)

SH-60K(8411)


AH-1S(73463)も。この機体もあと何年見られるのだろう? AH-64Dは13機に過ぎず、後継機導入の話はもうなく、対戦車ヘリ自体が自衛隊では必要とされなくなってきている?

AH-1S(73463)

AH-1S(73463)


第401飛行隊のC-130H(85-1080)。

C-130H(85-1080)

この機体は、灰色の増槽とは異なる物が搭載されていて、これがヘリへ給油するための、プローブアンドドローグ方式の空中給油ポッドです。なので、KC-130Hと紹介している例もあります。
この改修が行われた空自のC-130Hはこの機体のみだったかな? 希少な機体です。

最後に米空軍が帰投します。

C-12J(86-0081)

通称キングエア、C-12J(86-0081)。パッと見は、民間機ですね。


UH-1N(69-6639)

UH-1N(69-6639)

ツインパックのヒューイ、UH-1N(69-6639)。自衛隊のUH-1Jのようなエンジン1基ではなく、2基搭載でパワフル。
もっとも、自衛隊もUH-1J後継機は、ツインパックのベル412EPベースで富士重工が改良する機体になります。


入間基地航空祭2017 終わり

結局、最後の帰投まで見て、ショップの方は見ることができなかったですね。

オマケ

埼玉県警のインプレッサWRX STI

埼玉県警、気合入ってる!
こちらも展示していたのかな?

入間基地航空祭2017ダイジェスト92017年11月17日 06時39分

ブルーの続き。枚数が多いので、適当に流し見していただければ。タブルナイフエッジから。

ダブルナイフエッジ


でもってバーティカルキュービッド。

バーティカルキューピッド

バーティカルキューピッド

バーティカルキューピッド





T-4(26-5692)



ワイド・トゥー・デルタ・ループに入ります。

ワイド・トゥー・デルタ・ループ

ワイド・トゥー・デルタ・ループ

ワイド・トゥー・デルタ・ループ

ワイド・トゥー・デルタ・ループ

ワイド・トゥー・デルタ・ループ

ワイド・トゥー・デルタ・ループ





フェニックスループ


おなじみのスタークロスへ。

スタークロス

スタークロス

スタークロス

スタークロス

スタークロス

うーん、24mmでは会場からだと、スタークロスは入り切らない…。
16-35mmも持っていったのですが、撮影場所は人がぎっしりで、レンズ交換する余裕もなく、来年は後ろでまったり撮りたいな。

最後の演目から着陸までは、また次回に。

入間基地航空祭2017ダイジェスト62017年11月14日 06時15分

ダイナミックなC-1の旋回。古い機体ですが、素晴らしい運動性能。

C-1(58-1013)

C-1(68-1020)

C-1(68-1020)

だんだん順光になって、写真映えする写りに。これが入間基地の良いところ。
続いて再び習志野駐屯地の空挺部隊の降下。

C-1(98-1029)

C-1(98-1029)

習志野駐屯地の空挺部隊降下


空挺降下完了させた029号機、低空進入からハイレート。機体の汚れ具合がまたイイ。

C-1(98-1029)

C-1(98-1029)

C-1編隊

C-1(58-1013)

短距離着陸可能なのもC-1の真骨頂、空荷なら最短600mで停止できるのです。えっ、こんな急制動できるの?って感じです。
こういうのは動画で撮りたいですね。

C-1(68-1020)

お手振り~

さて午後はいよいよブルーインパルスの登場です。今日はここまで。

入間基地航空祭2017ダイジェスト52017年11月11日 07時38分

いよいよ入間基地航空祭の真骨頂、C-1の登場です。

まずは6機フォーメーションで進入。圧巻!

入間基地 C-1 フォーメーションで進入

U-4(75-3251)

負けじとU-4も飛びます。

まずはC-1から習志野駐屯地の空挺部隊が降下します。

C-1(98-1029)

C-1(98-1029)

C-1(98-1029)

C-1(98-1029)

習志野駐屯地の空挺部隊ソロ降下

ソロ降下でした。

続く…