関東降雪につき2018年01月23日 06時25分

週末、娘がインフルエンザになってしまい、娘とお出かけの予定が急遽息子になったりと、色々バタバタしていまして、昨日もまだ娘の熱が少し高かったので、仕事はお休みしました。

結果的に仕事を休んで正解な天気でしたね。
関東では4年ぶりとなる大雪。北国では普通ですが、普段全く雪が降らない関東で、20cm以上積もると、これはもう交通機関は麻痺しますね。多分出社していても、早期帰宅命令が出ているはずです。

娘の看病で家から出られないので、確定申告のデータ入力をしたり、写真撮ったり。

日曜のTweetで…
studio9さんのこんな記事があったので、これを見て早速実践。

降雪をスピードライトで表現

Nikon D850 + Carl Zeiss Planar 1.4/50 ZF.2に、スピードライトSB-900をマニュアルでフル発光。
雪っぽい写真が撮れました。絞りはf5です。

ちなみに絞り開放だと…

絞り開放だとボケすぎて雪が表現できず

古典的なレンズ故、口径食で雪がラグビーボールのような形になっていますね。また被写界深度も浅すぎて、雪もボケすぎてあまりわからない感じに。50mmの場合、適度に絞ったほうが良さそうですね。
夜も撮ってみましたが、現在カメラをタイムラプスでベランダに出しっぱなしなので、データをまだ拾えていません。

D850のタイムラプスで雪景色を撮る

こんな感じで昨日夜からタイムラプス撮影中。さて結果はどうなるやら…。

Nikon D810にPlanar ZF.2のAF微調整を設定2017年11月27日 07時01分

D850と共に、D810もまだまだ使っていく予定ですが、そのD810に、Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2のAF微調整を設定したお話。

50/1.4がPlanarの設定

PlanarはMFレンズですから、AFは当然作動しません。
が、NikonのAFカメラの場合、MFレンズであってもフォーカスが合っているかどうかの表示、フォーカスエイドが機能します。
これは、位相差AFセンサを使って、フォーカスが合っているかあっていないかの表示を、> ● <といった感じで表示する機能で、MFレンズでも大まかにフォーカスが合っているかがわかります。
大まかに、と言うのは、AFレンズの場合、恐らくですが、レンズの特性に合わせたAF制御も加味されていると思われますが、MFレンズの場合は、単純に位相差センサが検出するコントラストのピークを検出していると思われます。
ただ、レンズは収差などいろいろな条件があり、コントラストのピークが必ずしもフォーカスが合っている条件にはならない場合もあり、それゆえに「大まかに」という表現になります。

Planarの場合も、開放の収差が大きく、フォーカスエイドの表示と実際のピントがずれている印象があり、今回微調整をしてみました。
Planar ZF.2の場合、MFtレンズでありながらCPUを内蔵している、Nikonで言うPタイプレンズとなるため、このAF微調整の条件となるCPU内臓であることから、設定可能なのでしょうね。

フォーカスエイドの表示通りだと後ピン傾向が見られたため、前ピン側に振ってみました。

まつげにジャスピン

息子を撮って切り出してみました。
以前は、フォーカスエイドの表示通りにまつげにピントを合わせても、後ろにピントが合う傾向だったのが、良い具合になりました。
F2.8でも、多少収差が出るPlanarなので、少しぼやっとした感じも出ていますが、まつげのピントには芯があるのがわかります。
これはD850でも試してみたいと思います。

Nikon D850の不満点・ファインダー2017年09月21日 06時33分

秋の空になってきました
データ:Nikon D850 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2 Aモード(f/5.6 1/13)-0.7 RAW現像


Nikon D850にCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2を付ける。
元々このレンズは開放で収差が大きいレンズのため、ピントの山が見づらいレンズではあるものの、それを差し引いても、D850のピントの山は、D810と対して変わらず、見やすいものではなかったです。

確かにファインダ倍率は、Nikonのデジタル一眼レフでは一番大きな0.75倍ではあっても、それとピントの山の見やすさは別。

液晶通しのファインダーと言うのはあっても、金のかかり方はD一桁とは違うということですね。

古いF90Xのほうが見やすいんですよね。あちらは視野率92%しかなく、ファインダ倍率は0.75倍ですが、液晶のスーパーインポーズが無いF90XやF4なんかは、AF機でもピントは見やすいのです。

相変わらず、フォーカスエイドやライブビューの拡大表示に頼るしかないです。

Nikon D850 4K TimeLapse Test2017年09月17日 06時11分

Nikon D850の4Kタイムラプス動画のテストをしてみました。
D810はフルHDの60pに対応していましたが、D850は4Kの30pに対応(タイムラプスだけなら60pに対応しても良かったのでは?)。

発売前の噂では8Kのタイムラプスもできるという話でしたが、実際には8Kタイムラプスの素材撮りができるだけで、タイムラプス動画自体は別途編集ソフトで行う、ということでした。
まあ8Kはまだまだ再生環境もなく一般的ではないので、現時点では4Kで楽しみましょう。
って、うちも4K環境はなく、今使っているPCのディスプレイを入れ替える際には、4Kのハードウェアキャリブレーション対応のものに換えたいですね。

マンションのベランダからただ撮っただけの、何の変哲もないタイムラプス動画です。
なお、レンズはCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2です。






雲の動きはよく分かるけど、絵的に映えない…


D810のときに撮ったこういうのをまた撮ってみたいですね。



自然が相手なので、何度もチャレンジですかね。
幸い、D850のタイムラプスは、電子シャッターでの撮影が可能になりましたので、シャッターの消耗がなくてよいです。
D810だと、シャッターの消耗が気になって、それだけであまり使わなかったですからね。

親父のNikon Photomic FTN2017年04月19日 06時22分

親父のNikon Photomic FTN
インフルエンザに罹っていたときに、Twitterにアップしていましたが、親父のNikon Photomic FTNとそのレンズ群。

奪い取って早20年。

親父はこれをまだ21歳にして新品で購入しており、当時の保証書や説明書、製品カタログが現存しています。

FとNIKKOR^S Auto 35mm f/2.8を買ったのが函館のニセコ写真で、これは現在も「カメラのニセコ」で現存する老舗カメラ店です。
NIKKOR-H Auto 85mm f/1.8は、2年後に青森の工藤カメラで購入していますが、こちらは現存しないのかな? 検索したけど出てきませんでした。

Twitterではきれいなボディと言われましたが、写真で遠目で見るときれいに見えても、現物はやはり親父がNikon F4Sを買うまで20年メイン機だったので、それなりにボロいです。

現在は、自分が後から買ったオートニッコールやAi-Sレンズもそれなりにあり、スピードライトはアダプタを買って、F独自のものだけでなく、汎用ISOシューのスピードライトが装着できますし、Nikon Fとオールドレンズでフィルム写真はほぼなんでも行ける感じに仕上がっています。

肝心のフィルムが、最近近場ではあまり手に入らなくなってきたのが残念ですが。


ところで写真中の「Nikonカメラガイド」は、当時のNikon製品のカタログとなっており、貴重な内容となっているので、そのうちスキャンしてデジタル化し、ブログでも紹介したいと思います。
当時の価格や、今となってはお目にかかることの少ない製品も出てきます。

マウントアダプタでCarl Zeiss Planar 1.4/50を試す2017年02月06日 06時26分

絞り開放は…ちょっと厳しいかな
データ:OLYMPUS PEN E-P5 +Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2 Aモード(f/1.4 1/640) RAW現像


Fマウント-M4/3アダプタを使って、Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2をE-P5に取り付けて撮影。絞り開放。
画角的にはマイクロフォーサーズでは中望遠レンズになります。

元々このレンズ、絞り開放ではフレアっぽくなり、コントラスト浅めになりますが、これはマウントアダプタ経由でも傾向が変わらず。
被写体の廻りにふわっとしたボケがまとわりつき、ソフトレンズのような趣で、古典的な大口径レンズの絞り開放の描写ですね。


マウントアダプタ経由の撮影の場合、よくベースレンズの中心の美味しいいところを使う、なんて言われたりもしますが、実はマウントアダプタを使うことは、元からそのマウント用に設計されたレンズを使うより光学的には不利です。

これは、レンズの後玉からイメージセンサまでの距離が、どうしてもベースレンズ(この場合はFマウント)のフランジバックに左注されてしまい、望遠レンズのように元々後玉から撮像面までの距離が長く設計されている場合は、マウントアダプタ経由でもあまり実害ない場合が多いですが、標準レンズの場合は、レンズのフレア発生やコントラスト低下の原因になります。

なので、例えば設計の新しいAF-S 35mm f/1.8G ED当たりをつけたとしても、同様にコントラスト低下が発生しますが、望遠レンズ系だと問題なかったりします。

マウントアダプタ、一筋縄では行きませんね。

大和川酒造店より届く、が…2016年09月14日 23時57分

福島県の大和川酒造店より、頼んでいたお酒が早速届きました。

一升瓶入りの箱は大きい

遠くに息子が見切れてるわw
今回は一升瓶も1本買ったので、箱が大きいですね。

早速出してみました。

が!


瓶を並べる娘

並べて写真を撮ろうと思ったら、溶連菌の熱がだいぶ下がって元気が出てきた娘、瓶をあーでもないこーでもないと並べ直します。

「三兄弟はこっちね~」

って兄弟に見立てているようですが、瓶は全部で5本だよw


まだ並べ続ける

おいおいいつまで遊んでるのよww
そろそろどいてくれないかな~


息子もフレームイン

どいたと思ったらすかさず息子がフレームインwww


足邪魔~

足邪魔だからw

いろんな妨害により(笑)どうしても並べて撮れそうにないので、飲みがてら、1本1本個別に紹介していきます。
今回はどれも飲んだことのないお酒ばかりなので楽しみ。

長男の口蓋裂2016年08月30日 23時59分

長男の口蓋裂

まだモザイクかける年齢でもないので…。

もう少しで生後5ヶ月を迎える長男くん。
写真で分かる通り、唇の上から鼻にかけてが割れている、口唇顎裂で生まれてきました。
今のところ、順調に育っていますし、障害があるわけでもないですが、このままでは「飲む」「食べる」の摂食障害や、「発話」に支障が出てくる可能性が高いため、手術をすることになり、明日から入院です。
都内の、口唇裂手術では有名な病院です。

自分だって人生で入院したのは今年が初めてで、それも日帰り入院だったのですが、長男くんは1週間から10日、その間、妻は泊まりがけではないものの、できるだけ付きっきりになるため、明日からは忙しくなりそうです。
ブログの更新も緩やかになるかと思います。

まずは無事に手術が終わることを願っています。

家族でゆっくりクリスマス2015年12月26日 16時17分

クリスマスの後すっかり寝過ごしてしまって、次の日にブログを上げるという…。なんだか最近ジジイ化してきました。
年内の仕事も早めに収めましたので、家族でゆっくり年末を過ごそうと思います。

コープのパエリアキット

カブと柿とベビーリーフ

小さなクリスマスケーキ

ささやかなクリスマスを、家族と平和に過ごせました。こういうのがいいですね。

COSINAのCarl Zeiss Z*レンズの多くが生産完了、のニュースに思う2015年10月09日 00時01分

相変わらずCOSINAのHPは情報が少なく見づらいので、デジカメWatchのリンクを。

ついに、同社のCarl ZeissレンズのZ*シリーズの多くが生産完了し、残るレンズは値上げして以下のラインナップに。

 ・Planar T* 1,4/50 ZF.2,ZE:新価格7万8,000円(旧価格6万7,000円)
 ・Planar T* 1,4/85 ZF.2,ZE:新価格13万5,000円(旧価格11万9,500円)
 ・Distagon T* 2.8/25 ZF2:新価格11万円(旧価格9万7,000円)

手持ちのPlanarの50mmも、何とか残るものの値上げ、今後はいつ消えてもおかしくない感じですね。
というのも、COSINAのCarl Zeissレンズは、新たにデジタル一眼レフに最適化した設計のMilvusシリーズを新たに展開することが決まっているから。

Milvusシリーズ

でも、どうもこのデザインがいけ好かない。ヌメッとしていて、これまでのZ*シリーズのような金属のメカメカしさがないのです。

手持ちのCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2はというと…

Nikon Photomic FTnとCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2

Nikon D810to

どうです? Nikon FにもD810にも似合うでしょ?
対して、Milvusは、どちらのボディにも似合わない気がしてなりません。

というわけで皆さん! Z*シリーズを買うなら今しかない!

Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2を絞り開放で
データ:Nikon D810 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2 Aモード(f/1.4 1/50)-1.7 ISO4500 RAW現像

絞り開放では古典的な写りですが、遠景の中心部はちゃんと芯のある絵になるんです。

Makro-Planar欲しいなぁ…