カーネーションをEL-NIKKORで撮る2018年06月20日 06時49分

見事開花した我が家のカーネーションを、引き伸ばしレンズのEL-NIKKOR 50mm f/4で撮影してみました。

EL-NIKKOR 50mm f/4 + PK-13/12/11

もともとEL-NIKKOR 50mmは、Nikon一眼レフのフランジバックでは無限遠は出せないためにマクロ撮影専用になりますが、さらに撮影倍率を上げるため、写真のように、エクステンションチューブを重ねています。
PK-13/12/11の3段重ねです。PK-12はもう1つ持っているので、それをさらに重ねるとより接写できますが、それはやりすぎなので、この組み合わせにしてみました。

EL-NIKKOR 50mm f/4 + PK-13/12/11で接写したカーネーション

この作例はf11まで絞っています。EL-NIKKORは撮影用レンズではないため、自動絞りではなく、実絞りのため、絞ってしまうとファインダも暗くなり、ピントの山は見えません。
したがって、ピントはまず絞り開放状態で合わせて、所望の絞りにセット、露出はマニュアルか絞り優先(D810やD850は非CPUレンズでもレンズデータ入力可能なので、露出計の精度が上がります)です。
この作例ではマニュアルとし、ISO感度は64固定、撮影結果を見ながらシャッタースピードを調整します。このあたりはデジタルのメリットですね。

マクロ撮影なので、絞っても被写界深度は極めて浅いです。
ピクチャーコントロールは、RAW現像段階でフラットに設定しました。昨日のブログのカーネーションは、ピクチャーコントロールはスタンダードで撮って出しでしたが、現実のカーネーションは、上の写真のイメージに近い色合いです。それでもちょっと赤いかな?

わずか1500円程度の半世紀近く前の引き伸ばしレンズでも、当倍以上で接写して、ここまで撮れます。収差も殆ど無いです。



参考までに、AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dで最大撮影倍率(等倍)で接写した作例はこちら。

AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dで撮影

こちらもピクチャーコントロールはフラットで仕上げましたが、色乗りはこのレンズのほうが良い感じですね。
でも少しあっさりで、気品ある写りはEL-NIKKORですかね。

EL-NIKKOR 80mm F5.6でポートレイト2018年06月09日 07時01分

EL-NIKKOR 80mm F5.6でポートレイト

あまり作例は良くないけど、EL-NIKKOR 80mm F5.6でポートレイトを撮ってみた。動き回る息子を唯一、マニュアルレンズで撮れるのは本を読んでいるときくらい。

F5.6という、撮影用レンズで言えば暗いレンズだけど、引き伸ばしレンズだけあって、絞り開放でも解像度は十分。

ボケ味はやや固めかな? ほんの少し二線ボケ傾向を感じるけど、もともと平面のプリントに焼き付けるためのレンズなので、ボケ味は考慮していないと思いますが、この時代のニッコールはこういうボケ味は割と多いので、そういう設計思想なのかなと。

屋外に持ち出して、じっくり撮影したいですね。

EL-NIKKORレンズをFマウントカメラに装着する32018年05月31日 06時18分

前回、F-M42マウントアダプタと、M42ヘリコイドだけでおおよそ無限遠~1.5m程度までピントが合うことを確認しました。
計算では中間リングが必要なはずですが、まあ結果オーライでしょう。
ヘリコイドの繰り出し量が7mmと小さく、リングの回転角も大きくないため、微調整が若干難しいものの、1.5m~無限遠までフォーカスが合えば、普通の中望遠レンズとして使えますし、中間リングを挟めば、更に接写できます。EL-NIKKOR 80mm F5.6は、割と使い勝手が良いんじゃないかな。

とりあえず試写。

EL-NIKKOR 80mm F5.6の描写

おお、素晴らしい。たまたま夜撮ってみましたが、光芒がきれいに出ていて、このレンズ、夜景にぴったりかも。
解像度は、絞り開放f5.6から申し分なく、f11まで絞ると、D810の画素数でもきちんと解像します。
湾曲もなく、周辺も解像度は申し分ないし、こんな小さい安いレンズでこんなによく撮れるとは、感動しました。

引き伸ばしレンズは、レンズ自体の個性が出てはいけない、解像度は必要、湾曲収差は出てはいけない、と、裏を返せば撮影用レンズとして理想です。
もちろん、本来と光の入る方向が逆のため、日中の逆光は厳しいでしょうが、順光であれば割とよく撮れる印象。

なお、この組み合わせでは、ヘリコイドをもっと縮めた位置では、無限遠を超えてぼやけてしまう、オーバーインフになってしまうが、わずかに繰り出すだけで無限遠が出るので、良しとします。
気になるようなら、薄いスペーサーを挟めば解決しそうです。


今度はEL-NIKKOR 50mm F4です。
BORGのシステムでは、EL-NIKKOR 50mm F2.8の情報でしたが、F4でもほぼ同じと思われ、無限遠は出ず、近接20cm付近となります。

EL-NIKKOR 50mm F4の描写

やはり、この組み合わせでも、20cm付近でしかピントが合いません。
無限遠で撮るなら、ミラーレス一眼が必要です。
しかし、ニコワンやM4/3では物足りない、せっかくならフルサイズのミラーレスですね。
SONYが先行していますが、Nikonから出るのを待ちたいと思います。

もちろん、一眼レフでも近接撮影なら問題ないわけで、ならば中間リングを挟んで更にマクロ撮影ですね。
中間リングPK-13(27.5mm)を挟んでみました。

EL-NIKKOR 50mm F4 + PK-13

ここまで寄れます。
更に中間リングを挟む、ベローズを使えば、当たり前ですがもっと寄れます。