ダイハツ・タフト2018年02月07日 06時35分

先日の群馬旅行で、大穴スキー場での1コマ。
某ロッヂが所有しているダイハツ・タフト。

あえてナンバーは消しませんが、当時モノのナンバーを維持しています。

ダイハツ タフト

ダイハツ・タフト

生産されていたのは、Wikipediaによると1974~84年で、ヤレ具合は年式相応ですが、ちゃんと動きます。
雪国で維持できているのは大したもんです。
この後走っていきました。といっても、スキー場内でのみ使われているようで、隣の駐車場に移動していました。

走行距離は少ない

走行距離は2700km台と超少なめ。ということは、新車時からスキー場内専用で使っているのかもしれませんね。

【群馬旅行】土合駅2018年02月01日 06時38分

群馬旅行、宿に行く前に寄ってみたのが土合駅

土合駅

宿から来るまで10分ほどの距離だったので行ってみました。
道路の途中までは、散水による凍結防止がされていましたが、それがなくなってからは完全に雪国。

土合駅

すごい積雪。

土合駅

土合駅入り口

昔は非常に賑わっていたという土合駅ですが、現在は駅そのものの珍しさで人が来ているという印象。
こんな大雪の日にも関わらず、何人かの見学者が。
別名モグラ駅と言われているように、ホームは駅舎にはなく、長い階段を下ったトンネル内に存在します。
今回は家族も連れてきている関係で、そこまでは行っていません。

土合駅駅舎内

駅舎は大きく、無人駅ですが、かつて観光シーズンは多くの人で賑わっていたというのも頷ける大きさ。

土合駅の乗車駅証明書発行機

無人駅らしく、乗車証明書発行機が置かれています。当然Suicaなども使えないのでしょう。
時刻表を見ると、上下線とも1日5本しか止まらないようです。
カメラのレンズが曇りだしました。
駅舎内は暖房もないとは言え、外は猛吹雪、駅舎内の湿度は高く、結露しだしています。あまりカメラにとって良い状況ではないですね。

土合駅改札内

土合駅改札内

改札をくぐると、上下線に別れるルートになっています。
レンズが曇ってきて、霧のように写っていますが、実際はこのように霧っぽい感じではありません。

上越線

ああ、ここは上越線なのか。あまり鉄道に詳しくないので、そんな感想しか出てきません。
でも表示も今時な感じで、ちゃんと駅舎も整備されていることが伺えます。

土合駅駅舎内

真冬に来るとこんな感じですが、季節ごとに来れば、いろいろな表情を見せてくれそうな駅舎です。

土合駅

外に出ました。見事なつらら。北海道にいた頃は当たり前に見た光景ですが、北海道を離れ早十数年、雪が珍しくなってきている…。

土合駅は真冬も賑わっている

こんな吹雪の日でも、クルマがひっきりなしに訪れている、有名な群馬の土合駅からのレポートでした。

【群馬旅行】大穴スキー場 1/27は大吹雪2018年01月30日 06時37分

先日土日は、群馬県みなかみへ家族旅行してきたわけですが、土曜日は見事に大雪。
群馬県も、高崎辺りは全然雪も残っていなくて、むしろ都内のほうが雪が残っている印象。

ところがみなかみに入ると、さすがの大雪。山ですねぇ。
子供の雪遊び場所は、ちょうど1年前にも行った大穴スキー場。

大穴スキー場

大穴スキー場

大穴スキー場

吹雪です。パウダースノーで、スキーをする分には良いですが、雪遊びには向かないかな。雪が固まらない…

ソリ遊び

かまくら作成中

だんだん風が強くなってきまして…

吹雪いてきた

ホワイトアウト気味に。
カメラは、防塵防滴ではないGX7MK2に14-140mmだったので、雪を払いながら撮影しましたが、こういう時は防塵防滴のD850/D810とAF-S 24-70mm VRが最適でしょうね。今回は機動性重視で持っていきませんでしたが。
気温が低くて雪が溶けなかったので、カメラに付着した雪は払えば落ちましたが、気温が高いと雨降りと変わりません。カメラに水は大敵ですから。

吹雪

流石に寒くなってきたので、撤収。この後、前回も行った酒屋で夜飲むお酒を調達し、旅館に移動…の前に、旅館の近くに行ってみたかったところがあるので、行ってみることに。
続きはまた。

家族旅行で群馬へ2018年01月29日 06時21分

大穴スキー場

この週末は、ちょうど1年前に家族で行った、群馬県はみなかみに、また行ってきました。
遊ぶ場所も宿も、去年と同じ(笑

とは言え、今年は去年と違い雪が多く、特に土曜日は荒れまして。
日曜日は写真の通り、打って変わって晴天に。

写真はボチボチ掲載します。

休みの疲れを引きずっての月曜日ですねぇ…。

クリスマス~2017年12月25日 06時25分

クリスマスイブは、妻が料理やら準備のため、子供らを連れ出して小さな動物公園へ。
小さいサンタになっていただきました。

動物公園にて

羊もふもふ

固まる2人

ちょっと怖がってたけど、モフモフの羊に触って楽しそうでした。


ローストチキン

クリスマスケーキ

美味しかったよ!

保育園のお遊戯会の動画画質2017年12月10日 06時45分

昨日の保育園のお遊戯会、保育園の音響機材が不調で、演目中2回も幕が閉まってしまったものの、3回目で何とか娘の演目は無事終了。

スチルメインとは言え、お遊戯会は動画主体なのは言うまでもなく、周りのお父さんたちがコンパクトなビデオカメラで撮る中、一眼レフ2台で動画とスチル撮影しました。

今手持ちの機材で、これだけ動画画質が違う、というのを、動画そのものは顔が出てしまうので載せられませんが、動画から静止画を切り出してみたので、画質を比較してみました。

まずは2015年、娘2歳の初めてのお遊戯会、D810での2K/60p動画です。

Nikon D810の動画切り出し

ちょっと露出アンダーですが、悪くない画質です。


続いて2016年、娘3歳、2歳の時はほとんど動いていなかったのが、ちゃんとダンスできているのが成長を感じさせます。
この時もD810で撮るつもりだったのですが、録画開始ボタンをいくら押しても、動画記録がスタートしないというトラブルに見舞われまして、急遽サブ機のPEN E-P5で撮りました。

OLYMPUS E-P5の動画切り出し

フォーカスは行ったり来たり、そして何より、2K/30pという動画とは思えない、感度が上がっていたとは言え、そもそも解像感もなく、画像処理そのものが良くない印象。
その前に使っていた、さらにセンサが小さく古いNikon 1 V1の動画以下の画質です。
スチルの画質は良いだけに、動画画質の悪さがとても残念。


そして2017年、娘4歳、もう危なげなくしっかりと踊れます。動画はもちろんD850の4K/30pで。60pだとなお良かったですが、それは次期モデルで。

Nikon D850の動画切り出し

さすが4K、もはや写真として切り出しても十分通用します。掲載写真は、4K解像度からフルHDに解像度を落としています。
もはやWeb掲載程度なら、4K動画切り出しで十分通用するようです。
高感度耐性もD810より向上したので、高感度ノイズの影響もあまり感じず撮れるのが良いですね。
そして動画中のAWBも、D810より安定しているように思いました。

Nikonの一眼レフの動画画質、かなり良いですよ。動画というと、SONYやPanasonicのイメージで、Nikonはあまり評価されていないようですが、なかなかどうして良い感じに仕上がりました。

ただ、D810もD850も、未だ動画中のAFは、フォーカスが行ったり来たりの動作なので、基本的に今回の撮影もMFで撮っています。
像面位相差AFや、CanonのようなデュアルピクセルAFを採用しない以上、またレンズ側のAFモータもスチル前提としたAF-Sだと、これ以上の向上は難しいのかもしれませんね。

そういう意味では、Nikonのフルサイズのミラーレス、スチルが良いのは当たり前で、動画AFにも配慮したものになると期待しています。
Nikon 1は事実上失敗しましたが、その経験はフルサイズのミラーレスに活かされるはずです。

航空祭の次の日はディズニーランドへ2017年11月05日 06時44分

前日の入間基地航空祭に続き、土曜日に行ってきたのが、東京ディズニーランド。
2日連続超早起き、全日行動。流石に疲れます。

というわけで、カメラはお気軽PEN E-P5に高倍率ズームの14-140mmです。PENを使うのは1ヶ月半ぶりか…。

もうクリスマスツリー

ハロウィンが終わったばかりですが、もうクリスマスツリーです。切り替わりの早さは大事です(笑

前回来た時は、まだ当時2歳の娘だけでしたが、今回は娘と息子2人の子連れ。いやぁ月日が経つのは早いです。

なのに最初に入ったのが、待ち時間5分(開園直後)という理由だけで、パイレーツオブカリビアン。

パイレーツオブカリビアン

ジャック・スパロウはそっくり!

ジョニーデップ扮するジャック・スパロウはそっくりでしたが、1歳半の息子は暗いところだったので大泣きでした(笑

気を取り直して、娘のリクエストでシンデレラ城へ。

シンデレラ城

シンデレラ城

ここは娘は楽しかったらしく、午前午後2回行きました。

お食事は豪華に

妻の誕生日だったので、お食事は豪華に。
ちなみに、このお店、10時半の開店と同時なら、予約無しで入れるので、前回に引き続き利用しています。

ミニーちゃん見えました

遠巻きにミッキーとミニーが見えたので、娘は満足そうでした。
とにかくパパは疲れましたが、皆楽しそうにしていたので良かった良かった。

今日から平常運転2017年08月21日 06時45分

HAC Saab 340B/Plus (JA01HC)
データ:OLYMPUS PEN E-P5 + LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. Aモード(f/5.6 1/250) 130mm


昨日栃木から東京へ移動、本日より平常運転です。
疲れは…溜まってますね。


写真は、函館空港の展望ブリッジから見た、北海道エアシステムのSaab 340B/Plus。
当然のことながら、HACは普段北海道でしか見ることが出来ない機体です。
アクリル越しの撮影なので、画質はご勘弁を。

高倍率ズームは旅の撮影に最適でした2017年05月17日 05時44分

GWには、サブ機のPEN E-P5にLUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH.を付けっ放しでした。
35mm判換算28-280mm、この1本あれば、まあ大抵の撮影はできてしまいます。
昔はこの手の高倍率ズームは、画質イマイチ、寄れない、ボケ味悪いと言われたものですが、もはや過去の話ですね。
マイクロフォーサーズ用なので、大きさもAPS-Cカメラの標準ズーム程度以下のサイズなんですよね。

実家の桜とチューリップ

まああまり構図が良くないのはご勘弁。焦点距離92mm、望遠の絞り開放、後ボケは二線ボケの傾向もあるものの、柔らかさもそれなりにあり、高倍率ズームとしては悪くないです。
もちろんこうした撮影も、漫然とズーミングするのではなく、画角を意識しながら撮るのがコツです。

親父と娘

うちの親父と娘です。孫が可愛いくて仕方ないんですね。
焦点距離32mm、標準域だと解像度も良いですが、後ろの植え込みのような高周波の画像は、やや線が太くなる印象です。

HDR化

今ひとつ締まらない画像なのでHDR化(逃げ
焦点距離30mm、最近気づきましたが、自分は35mm(35mm判換算)付近の画角の次に、60mm前後の画角が好きなようです。
やはり少し線が太い気がしますが、スナップには十分使えるレンズですね。

元グルメシティ深堀店(の裏側)2017年05月14日 06時54分

元グルメシティ深堀店(の裏側)
GW函館に行った際に撮影。

深堀町の元グルメシティ、まあ自分の世代にはダイエー深堀店といったほうがわかりやすいです。

ここもついに閉鎖されてしまったようです。
元々建物も古く、現在ダイエーグループもイオンに吸収されつつあり、ここの中身は、現在マックスバリュー深堀店として、別の場所に移転しています。
そういやこの近くに新しい店舗あったなぁ。

写真でわかるように、ここは駐車場も狭かったんですよね。
車社会の函館では、なかなか厳しかったのではないでしょうか。

とまあ地元民しかわからないブログネタでした。