案外空が明るくならなかった2015年12月14日 23時52分

自宅からの風景を8秒露光
データ:Nikon F100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRII Aモード(f/8 8s)120mm Fujichrome Provia 100F(RDPIII)


長時間露光、というほど長時間ではないですが、8秒ほど露光してみました。
東京の空の割には、思ったほど空が明るく写らなかったなぁ…と思ったところで、フィルムの「相反則不軌」を久々に思い出しました。

そう、フィルムの場合、長時間露光になればなるほど、露光による化学反応が鈍るので、余計の露光時間を撮らなければならないということなのです。

これはデジタルカメラしか使ったことのない方にはピンと来ないかもしれないので、簡単に説明しますと、今回のケースの場合、「相反則不軌」を無視した場合、

・f2.8 1s
・f4 2s
・f5.6 4s
・f8  8s
・f11 16s

と言った感じで絞りとシャッタースピードを合わせれば、同じ明るさで写るはずなのですが、「相反則不軌」の影響により、例えばf2.8の1秒で適正露光の場合、f11では16秒では適正露光にならず、暗めに写ってしまうのです。


今回の場合、フィルムのデータシートを確認していないので何ともですが、経験上、f8なら20秒程度露光が必要だったと思われます。

光線漏れによるコマ間露光2015年12月13日 23時52分

何でしょうね、年末だからか妙に忙しい…。
写真は撮っているのですが、ほぼほぼ家族写真などプライベートなものばかりです。

というわけで、フィルムスキャンもボチボチ行っていますが、先月の入間基地航空祭の撮影時のフィルムで、面白い現象が発生したので、掲載してみます。
といってもフィルム時代から写真撮っている人なら経験があると思いますが。

以下は、連続するフィルム2コマをスキャンしたものです。わざとコマ間までスキャンしています。

右側の太陽光がコマ間に光線漏れ

1枚目の右側のコマ端に太陽が写り込み、それがコマ間にまで影響しているのがわかります。

隣のコマにまで影響

2枚目の写真を見ると、1枚目のコマ間で光線漏れした影響が、2枚目の写真の左上に影響しているのがわかりますね。

太陽の強烈な光がコマの端にあったことで、その光線が漏れて露光してしまい、隣のコマまでに影響してしまった、というわけですね。
題名はコマ間露光ですが、このように隣のコマまで影響してしまうこともあるんです。

帰投2015年12月03日 23時56分

ブルーインパルス着陸
データ:Nikon F100 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Aモード(f/7.1 1/500)16mm Fujichrome Provia 100F(RDPIII)


入間基地航空祭から。

演目を終え着陸するブルーインパルス。
ちょっと広角寄りにしすぎた。
航空機撮影は、望遠よりむしろ広角の方が難しいな。

バーティカルキューピッド2015年11月24日 02時20分

ブルーの演目をフィルムで撮ったのって10年ぶりだったかな?

バーティカルキューピッド

バーティカルキューピッド

バーティカルキューピッド

バーティカルキューピッド

今年の入間は天気が良くて本当に良かったです。

データ:Nikon F100 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR  Fujichrome Provia 100F(RDPIII)

露出アンダー2015年11月22日 23時58分

アンダーな上に斜めった…。広角で動き物を撮ると水平が難しいなぁ。

C-1
データ:Nikon F100 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Aモード(f/6.3 1/1000)30mm Fujichrome Provia 100F(RDPIII)

C-1
データ:Nikon F100 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Aモード(f/6.3 1/800)19mm Fujichrome Provia 100F(RDPIII)

多用途支援機U-42015年11月20日 23時57分

U-4(75-3251)
データ:Nikon F100 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Aモード(f/6.3 1/500)17mm Fujichrome Provia 100F(RDPIII)

入間基地航空祭から。

逆光でシルエットになって良い感じです。

【フィルムスキャン】入間の空2015年11月13日 23時58分

入間基地航空祭の朝に撮影した、入間の空。
好きなんですよここ。飛行機撮る以外にも、桜の時期も綺麗ですし、ここの空がいいんです。

データ:Nikon F100 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Aモード(f/10 1/320)35mm Fujichrome Provia 100F(RDPIII)

データ:Nikon F100 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Aモード(f/11 1/200)-0.3 16mm Fujichrome Provia 100F(RDPIII)

今回から、スキャナをCOOLSCAN IV ED(LS-40ED)からV ED(LS-50ED)に更新しました。
ダイナミックレンジは広くなった気がします。
その話題はまた。

SIGMA 150-600mm Sportsはフィルム機で使えるか?2015年09月23日 23時57分


"ニコンF6、キヤノンEOS-1V 以外のフィルムカメラではご使用になれません。"

との記載があります。
果たして本当なのか? 現行機種のフィルム一眼レフ以外は使用できないとのことですが、では実際に手持ちのフィルム機Nikon F100とF90Xで試してみましょう。
なお、この時点でレンズのファームウェアは、Fマウント用でVer1.02です。

Nikon F90XとF100

F100はともかく、F90Xは流石に現存する個体が少なくなっていますし、ボディ側で絞り設定ができないし手ブレ補正は動作しないので、需要はないと思いますが…。

●Nikon F100とSIGMA 150-600mm Sports
Nikon F100とSIGMA 150-600mm Sports

F100のデザインは、現在のNikon Dシリーズのデザインに基礎にもなっているので、この組合せには何ら違和感ありませんね。では実際に動作するか、テストしてみました。

 ・AF:通常通り動作しました。
 ・OS(手ブレ補正):通常通り動作しました。

あれれ、ちゃんと動きますね。AFもOSも、きちんと動作しますし、フィルムは装填していませんがシャッターも切れました。
もちろん絞りの設定も可能ですし、F100ではフル機能で使えるようです。
ただし、レンズをズームするにつれて、開放F値がf5.6を超えてくる、すなわちf6~6.3では、暗い場所でのAF動作は少々怪しいです。
SIGMAはフィルムカメラ全盛期から、既に望遠レンズの望遠端の開放F値がf6.3になるレンズを出していましたが、Nikonのフィルム機、というより当時のAFカメラのAFは、開放F値がf5.6までしか動作保証していませんでしたので、それよりF値が暗いと、AF速度と精度の低下が出てきます。
晴天下でコントラストがある被写体ならほぼ問題とならなかったものの、少々暗い場所では怪しくなります。
とはいえ、使えることは使えるようです。


●Nikon F90XとSIGMA 150-600mm Sports
Nikon F90XとSIGMA 150-600mm Sports

恐らく、世界広しといえど、今時F90XにSIGMA 150-600mm Sportsを取り付けて使おうなんて輩はいないでしょう(笑)
ただ、取り付けてみると案外しっくり来るのは、F90Xは古いけどF4に次ぐ中級機の貫禄でしょうか。
F90Xは、F5が出る以前の機種で、F5以降の2ダイヤル(普及機除く)操作ができない機種です。
絞りの設定は絞りリングの操作でしか出来ないため、絞りリングのないレンズでは実質PモードかSモードでしか使用できません。AやMでは最小絞りになってしまいます。
また、前述の通り、このボディではレンズ側の手ブレ補正機構は動作しません。これもF5以降の機種からなんですよね。手ブレ補正ユニットに給電できない仕様なのかな?

 ・AF:通常通り動作しました。
 ・OS(手ブレ補正):動作しませんでした。

F100の結果から、こちらは予想通りでした。ちゃんとシャッターは切れました。
つまり、SIGMA 150-600mm Sportsは、Nikon純正のGタイプレンズと同等と考えて良さそうです。
F100と同様、ズーミングにより開放F値がf6~6.3でAFの速度と精度低下が見られます。
ただ、高感度のフィルムも減っている現在、仮にこのレンズをフィルム機で使うとしても、屋外での撮影になりますから、AFについては何とかなるでしょう。

ただ、フィルム機で使うなら、Nikon純正のAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRが…と書きかけて、Eタイプだからフィルム機で使えないじゃん、と気づきました。
今後発売されるNikonの望遠レンズは、ほぼ間違いなくEタイプ化されるでしょうし、SIGMAなどのサードパティメーカーもその流れになっていくと思われます。
もう望遠連写撮影はほぼデジタルになっていますが、飛行機撮影に行くと、まだフィルム機を使っている人もチラホラ見かけるので、600mmクラスでフィルム機で新し目のレンズで、となると、このSIGMAの150-600mmは選択肢の1つに入るのではないでしょうか。


※注意
ここでの検証は、あくまで執筆時点での話で、今後レンズのファームウェアアップデートでフィルム機で本当に使えなくなる可能性も無いとはいえないので、動作保証をするものではありません。
SIGMAも、恐らく現行機以外のフィルムカメラでは動作確認をしていないため、使用できないとの書き方をしているのでしょう。

新宿の空2014年12月23日 23時11分

新宿の空
データ:Nikon F100 + AiAF Nikkor 20mm f/2.8D  Aモード(f8 1/160) -0.3 Fujichrome PROVIA100F


久しぶりに使った20mm。こんなに広かったっけ!?

新しいAF-Sの20mm f/1.8Gも気になる今日この頃。
でも、望遠も欲しいんだな…。

新宿28階より2014年12月17日 23時46分

新宿28階より
データ:Nikon F100 + AiAF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D  Aモード(f6.3 1/80) Fujichrome PROVIA100F


場所はお分かりでしょう(笑
そう、エルタワーの28階です。

Nikonサロンを出た所に、業務用のエレベーターホールに佇む掃除のおばちゃんがいたので、思わずパチリ