GITZO フルードジンバル雲台GHFG1と2019年08月08日 06時14分

購入直後から長い梅雨入りになってしまい、なかなか試せずにいた、GITZOのフルードジンバル雲台GHFG1でしたが、梅雨明けしたら今度は猛暑。撮影的に厳しい環境が続きますが、とりあえずベランダに三脚を設置してお試し。

GITZO GHFG1とSIGMA 150-600mm Sportsの組合せ

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sportsに、アルカスイス互換の三脚座であるTRIPOD SOCKET TS-81を装着しています。
最近は三脚座もアルカスイス互換のものが少しずつ増えてきましたね。
アルカスイスプレートを介さなくても良いので、その分剛性が上がります。

さてジンバル雲台の場合、三脚座付きのレンズやフィールドスコープを取り付けることになりますが、取り付け位置を前後させて、水平になるところでバランスを取ります。
こうすることで、レンズを上下に振っても、締め付けせずフリーの状態にすれば水平に戻ります。

ジンバル雲台の利点は、ヤジロベエのようにバランスを取れることと、重心が支点より下になるために、一般的な3Way雲台や自由雲台のように、テンションを緩めた際にレンズやボディがガクンと下がってぶつけたりしてしまう心配がないことです。

反対に欠点としては、三脚座の着いたレンズやフィールドスコープ以外は事実上取り付けできないことでしょうか。
つまり、汎用的な雲台としては使えないのが欠点で、その点では、最近流行っているビデオ雲台のほうが汎用性は高そうです。

GITZO GHFG1とSIGMA 150-600mm Sportsの組合せ

もう1点注意が必要なのは、SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sportsのような望遠ズームレンズでは、スーミングに伴い全長が変化し、重心位置も変化することです。
重心が変化すると、水平バランスが取れなくなります。もちろん、重心が変わったから直ちにレンズがカックンと上がり下がりするわけではありませんが、フリーの状態で水平ではなくなります。こうなると、三脚座とジンバル雲台の取り付け位置を変える必要があります。
したがって、大きなズーミングでは注意が必要です。特に、SIGMA 150-600mm Sportsは、望遠ズームレンズとしては重量級の部類に入るため、ズーミングは注意が必要です。
基本的には、撮影中に頻繁にズーミングはせず、使用する焦点距離は固定して、その上でバランスを取るのが良いでしょう。

GITZOのフルードジンバル雲台、適度な粘性があるので、望遠の動画撮影にも最適です。
まずはタイムラプスで遊んでみることにします。

ちなみに…三脚はSLIK Professional II-Nですが、この組合せだと若干脚側の剛性が足りないかも…。
本当は脚もGITZOにしたいところですが、Xperia 1を買ってしまったので、来年以降にお預けです…。

【百里基地】19/7/29の記録62019年08月06日 06時34分

さてダラダラ引っ張ってきた百里写真、これでラスト。

F-4EJ改(17-8439)

ウェスト降りのファントムに続き、残りのファントムが帰ってきました。

●F-4EJ改(97-8416)
F-4EJ改(97-8416)

残念ながら、ウェスト降りではなかったですが…

F-4EJ改(97-8416)

この日の気温はかなり高かったのに、あまり陽炎の影響が出ません。
いつもなら、この時間の高温時は陽炎が酷いので、撮影は諦めていたのですが。

●F-4EJ改(17-8439)
F-4EJ改(17-8439)

F-4EJ改(17-8439)

同じドラッグシュートでも、ファントムとF-2では印象が違いますね。

ケロヨンの301SQに続き、ウッドペッカー501SQのスペマ2機も降りてきました。

●RF-4E改(47-6905)
RF-4E改(47-6905)

●RF-4EJ改(07-6433)
RF-4EJ改(07-6433)

最初から偵察機の905号機と、戦闘機から偵察機へ転用された433号機。

よく見ると、垂直尾翼には、かつてRF-86F時代や、RF-4E導入初期にマーキングされていた「光とレンズ」のモチーフが控えめに描かれています。
1961年に、余剰となったF-86Fセイバー戦闘機を偵察機に改造したRF-86Fを用いて、戦術偵察機部隊である第501飛行隊(501SQ)が発足、以来、入間→百里へと移動し、RF-4E偵察機が導入され、また余剰となった戦闘機型ファントムを改造したRF-4EJも導入されて、現在に至っています。
フィルムをまとったマーキングの通り、デジタルカメラが一般となった現代でも、フィルムによる撮影を行っています。
後継機として、F-15J戦闘機の初期型を解像する計画がありましたが、担当の東芝が要求された性能の偵察ポッドを開発できず、開発中止に。
そして、2020年3月、第501飛行隊のRF-4E/EJは全機退役の予定となっています。


F-2が再び上がっていきます。
これからの百里基地の主役です。

●F-2A(43-8524)
F-2A(43-8524)

●F-2A(43-8529)
F-2A(43-8529)

●F-2A(63-8538)
F-2A(63-8538)

●F-2A(43-8525)
F-2A(43-8525)

F-2の洋上迷彩は、青空オンリーの背景だと、迷彩効果で溶け込んでしまい、撮影が難しいですね。
適度に雲が入った529号機の写真が良い感じです。

F-2も初期の機体は20年が経過、後継のF-3はまだ計画段階で何も決まっていないので、後継機問題は待ったなしですね。
まさか、ファントムのように数十年使うことになるのか?
それでも自衛隊の戦闘機では、F-35Aに続く新しい機体ですからね…。

この日は、あまりに暑かったので、上がったF-2の降りを待たずに自分は帰投。
次の撮影は9月になるかな?

【百里基地】19/7/29の記録52019年08月04日 07時59分

栃木の妻の実家に来ております。
今年は妻が夏休み連中を取れないので、ちょっと早めの帰省です。
ノートPC持ち込みで、写真の編集の続きをやっています。ディスプレイが家のメインPCと違うので、どちらもキャリブレーションしていますが、若干色味が違うかもです。

●F-4EJ改(57-8355)
F-4EJ改(57-8355)

おおっ、ケロヨンファントムもウェスト降りキター!!

F-4EJ改(57-8355)

パイロットがチラッ

F-4EJ改(57-8355)

お手振りいただきました!
この日はこの撮影ポイントは、割と閑散としていたので、なんだかそういうときに撮れると、ラッキーな気分になりますね♪

F-4EJ改(57-8355)

ファントムはお尻もかっこいい。イーグルより肉付きが良い印象ですね。

F-4EJ改(57-8355)

あと1年半かぁ…

【百里基地】19/7/29の記録42019年08月03日 06時53分

ダラダラと掲載していくファントム&F-2写真にお付き合いいただき、ありがとうございます。
これから来るF-2はともかく、ファントムも偵察部隊の501SQは今年度いっぱい、最後の運用部隊となる301SQは来年度いっぱいですから

●F-4EJ改(97-8416)
F-4EJ改(97

湿度が高いですね。青空だけど微妙に空気が霞んでいる印象。
空だけ、少しカラーコントロールポイントでコントラストをいじっています。

F-4EJ改(97-8416)

AN/ALQ-131(V)とセンタータンクのみ搭載。

そして501SQの…

●RF-4E改(47-6905)
RF-4E改(47-6905)

スペマキター!!
世の中デジタル撮影が主流になる中、業務として最後までフィルムで撮り続けた501SQの偵察機、905号機がフィルムをまとったスペシャルマーキングで登場!
3本タンクともフィルムをまとっています。

RF-4E改(47-6905)

600mmで真正面は中途半端な感じになってしまったので、思い切ってトリミング。
エアインテイクにファントムおじさんが!

RF-4E改(47-6905)

RF-4E改(47-6905)

A/Bを炊いたシーンは、もっと寄りたいですね。これも大幅にトリミングしています

【百里基地】19/7/29の記録32019年08月02日 06時33分

さて残りのF-2も戻ってきましたよ。ただし!ウェスト降りではありませんでしたが…。

●F-2A(63-8538)
F-2A(63-8538)

F-2A(63-8538)

上空で旋回! んーちょっと遠いので鬼トリミング! D850くらいの画素数があると、結構ガッツリトリミングでします。
ちょっと光の当たり方が…


●F-2A(43-8525)
F-2A(43-8525)

うぉっ目の前でブレイク!

F-2A(43-8525)

F-2A(43-8525)

最後も鬼トリミング! この場所では通しても遠くなります。これ狙いだけに絞れば、思う撮影ポイン地はありますが、それだけしか撮れないし、絶対撮れるとは限らない。難しいですね。


●F-2A(63-8538)
F-2A(63-8538)

F-2A(63-8538)

こちらはドラッグシュートを展開。オリジナルのF-16は、ドラッグシュートはオプションとなっていますが、F-2では全機に搭載されています。
ファントムとは違って黄色いんだね。

●F-2A(43-8525)
F-2A(43-8525)

525号機も降りてきました。
この日は35℃くらいあったので、正直タキシングは陽炎の影響出まくるので、写真としては期待できなかったけど、あまり陽炎の影響が出ず撮影できました。何ででしょうね?

F-2A(43-8525)

グランド整備員、走る!

F-2A(43-8525)

ドラッグシュート確保!

F-2A(43-8525)

ドラックシュート切り離して回収、と一連の流れ。
ファントムはドラッグシュートは切り離して吹き飛ばした後、回収するので、この流れは面白いですね。
百里もファントムランドからF-2ランドになるので、徐々にこれが当たり前になるんでしょうね。

【百里基地】19/7/29の記録22019年08月01日 06時14分

8月になってしまいましたね…。これから年末にかけて、忙しくなります(何が?)。

ってことで百里写真の続き。
場所を移動して、午後一番の撮影から。

カエルさんがフライパス。

●F-4EJ改(57-8355)
F-4EJ改(57-8355)

いやこの日は暑かった! 車の温度計で、お昼くらいは35℃くらいはあったかも…。
そして湿度も高いので、晴れてはいても、霞み掛かる状況もあって…
上の写真は、かなり機体が青く写ってしまったので、WB調整しましたが、こうなると空が曇っているように見えてしまいますね。
この写真、あまりに調整しても不自然になってしまって、ほんと難しい。

主翼下のSta.には珍しくチャフディスペンサーも搭載されていますね。

●F-4EJ改(97-8416)
F-4EJ改(97-8416)

ほら(笑)、ちょっと霞がとれるだけで、機体と空の色のバランスが良くなります。
Lightroomの霞除去だと、もうちょっとうまくいくのかな?
この機体もミサイル搭載はなく、ECMポッドのSta.のみスパローランチャーに搭載されています。


午前最後に上がっていた、第3飛行隊のF-2が戻ってきました。

●F-2A(83-8546)
F-2A(83-8546)

おおっ! ウェスト降りだ!

F-2A(83-8546)

エアブレーキを展開しています。
ファントムやイーグルとはまた違ったエアブレーキですね。
F-2のベースとなったF-16戦闘機も1970年代の設計、F-2も80年代の設計と、決して新しくはないですが、50年代のファントムと比べると、何だかものすごく新しく感じます、というか実際新しいですけどね。

F-2A(83-8546)

一瞬ですが、手を上げて挨拶いただきました! ありがとうございます。
ちょうどこの撮影場所では、自分しかいなかったので、自分だけが撮れた1枚、こういうのは嬉しいですね。

F-2A(83-8546)

実はF-2は航空祭以外ではあまりマジマジ見たことはないので、じっくり観察。
とは言え、百里基地は今年度内に、この3SQのF-2が三沢より移転してきますので、今後はF-2がメインとなっていくでしょう。
98機で生産完了したF-2ですが、ベースとなったF-16がなんだかんだで進化して、使い勝手の良い戦闘機となっているので、F-2もそうなってくれればよかったのにな…と思います。
航空自衛隊の中でも、国産のF-2に対する思いは賛否両論あるみたいですし、後継のF-3戦闘機もまだ方針が決まらず、F-2も長いこと使われるのかな?

F-2A(83-8546)

F-2もこうしてみると、コンパクトだけど中々のかっこよさで、車で言うならホットハッチでしょうね。

【百里基地】19/7/29の記録12019年07月30日 06時39分

子供達がやっと胃腸炎から回復して登園できました。自分はといいうと、この日は仕事のお休みでしたので、例によって百里基地に出向きました。
ただ、こうした平日撮影も、10月以降は諸事情により回数が減ってしまいそうです。

この日は外環自動車道が事故渋滞で通過に2時間以上!と表示されていたので、一部区間を下道移動としましたが、当然一般道もこの影響で混んでいたので、いつもより1時間半は余計にかかってしまいました。

なので午前中の撮影は少なく…

●F-2A(83-8546)
F-2A(83-8546)

撮れたのは第3飛行隊F-2Aの上がりのみです。
ミサイルは搭載していないため、爆撃訓練かな? 左翼のStaにはラックがぶら下がっています。

●F-2A(63-8538)
F-2A(63-8538)

こちらも同形態。
第3飛行隊は、第302飛行隊がファントムからF-35Aに機種転換に伴い、三沢に移転したため、逆に三沢から百里に移転となります。
予定より1年前倒しとなり、今年度中に移転するので、今年の航空祭はファントムとF-2のコラボが見られるかも? 

●F-2A(43-8525)
F-2A(43-8525)

やはりこちらも同じ形態でした。
F-2の洋上迷彩は、迷彩だけに青空に溶け込んでしまうため、この日のように湿度も気温も高い日は、コントラストがのらず中々撮影が難しいですね。
かつ、ファントムより機体が小さいため、600mmレンズでも物足りない印象。
クロップを併用しての撮影が増えそうです。
逆にイースト側滑走路なら、ちょうど真横で600mm(フルサイズ)でちょうど機体全体が収まる感じです。

F-2の撮影のも慣れていかないとですね。

【百里基地】19/7/11の記録52019年07月16日 06時35分

いよいよラストです。夕方になり、3rdで上がったイーグルとファントムが降りてきます。
R/W03の近いポイントに移動。まずはファントムからでした。

●F-4EJ改(57-8355)
F-4EJ改(57-8355)

F-4EJ改(57-8355)

355号機はまずフライパス。

最初に降りてきたのは…

●F-4EJ改(17-8440)
F-4EJ改(17-8440)

440号機はでした。

アグレスフライパス

上空ではアグレスもフライパス。


●F-4EJ改(57-8355)
F-4EJ改(57-8355)

355号機も降りてきました。

●F-4EJ改(37-8315)
F-4EJ改(37-8315)

最後に315号機。何れの機体も、右にDBSS、左にAAM-3を搭載していました。

そしてアグレッサーも降りてきました。

●F-15DJ(92-8070)
F-15DJ(92-8070)

F-15DJ(92-8070)

写真では見えませんが、左側にAAM-5を搭載しています。
AAM-3から大幅改良されて、AIM-9Xと同世代だけあり、能力は高いとされています。
AAM-5搭載のF-15DJに、果たして古いF-4EJ改は牙をむくことができたか?

●F-15DJ(72-8090)
F-15DJ(72-8090)

●F-15DJ(32-8083)
F-15DJ(32-8083)

083号機のコパイさんからお手振りいただきました!
このポイントでは周辺に撮影者はいなかったので、ラッキーでしたね。

●F-15DJ(92-8096)
F-15DJ(92-8096)

遠方に旅客機が。

F-15DJ(92-8096)

これでアグレス祭りは終了です。
翌日朝には帰っていったようです。

●EASTER JET B737-800(HL8029)
EASTER JET B737-800(HL8029)

096号機に見切れていた機体はこちら。
初めて見た、イースター航空。どこかと思ったらハングルの文字があるので、韓国ですね。
格安航空で、茨城から韓国まで、最安値特別会員で2000円、割引運賃で4500円から。マジか~、国内便より安い。ここまで安いと逆に不安ですね…。現在は火木土曜日のみの運行。普段その曜日に来ないので、今回たまたま木曜の撮影で、初めて見た次第。

韓国との関係は相当悪化していますからね、今後この便が増えることはなさそうですね。

【百里基地】19/7/11の記録42019年07月15日 08時10分

またママ捻りポイントに戻ってきました。

すると上がってきたのは…

●RF-4E改(47-6905)
RF-4E改(47-6905)

おおお、やっと見れたぞフィルムをまとったRFファントム。今年度いっぱいの第501飛行隊のRFの記念塗装機です。
そりゃ302SQのスペマよりは地味かもしれないけど、いろいろ見どころのあるファントムです。
デジタルカメラ全盛期の昨今ですが、未だフィルムで撮影するRFも、もうあと半年もしないで退役してしまいます。
インテイクにもファントムおじさんが描かれていますね。

●RF-4EJ改(67-6380)
RF-4EJ改(67-6380)

午前と同様、こちらはLOROP-PODを装着。しかし活発ですねぇ。


そしてアグレッサー、いよいよ本日ラスト? 3rd上りが始まりました。

●F-15DJ(32-8083)
F-15DJ(32-8083)

F-15DJ(32-8083)

083号機は相変わらず元気がいい! 1stと同様、グッと捻ってくれました。

●F-15DJ(92-8096)
F-15DJ(92-8096)

ノーマル塗装の096号機も負けずに目一杯捻った!

●F-15DJ(92-8070)
F-15DJ(92-8070)

F-15DJ(92-8070)

ちょっと浅いけど、こちらも結構捻ったぞ070号機。

●F-15DJ(72-8090)
F-15DJ(72-8090)

F-15DJ(72-8090)

3rdの捻りはどれも中々良かった!

しかしこのあと、🐸も負けてはいなかった!

●F-4EJ改(97-8422)
F-4EJ改(97-8422)

いいねぇ! 怪鳥の名に相応しい。やっぱり大きいけど線が細いイーグルとは違い、重厚さはファントムですね。
ただ、この時間はすでのこの撮影ポイント、逆光でして、実は撮って出しのファントムは、露出補正で+0.7でしたが、それでも真っ暗でして。
カラーコントロールポイントで、一部明るさを上げています。本来良いやり方ではないですが、仕方ないですね。

●F-4EJ改(17-8440)
F-4EJ改(17-8440)

捻りが早くて真下になっちゃったけど、このツッコミはそうそう見られないぞ!

●F-4EJ改(57-8355)
F-4EJ改(57-8355)

本当にドン曇りだけが残念だけど、このツッコミは最高!
この日の天候、ちょっと前までの予報では雨だったので、降らなかっただけでもラッキーと思いましょう。

●F-4EJ改(37-8315)
F-4EJ改(37-8315)

真横キタ~!! 改型現役最古参の315号機、オジロから🐸に衣替え?しても元気ですわ!

では、この日最後の降りの撮影に移動します。

【百里基地】19/7/11の記録32019年07月14日 08時22分

午後の2ndミッション。
撮影ポイントは、午後からは角度によって逆光になります。
曇っていますが、時々雲が薄くなる時もあり、太陽光も部分的に差し込む状況、露出やコントラストは苦労させられますね。

●F-15DJ(32-8083)
F-15DJ(32-8083)

元写真は影の部分がかなり暗くなってしまったので、Capture NX-Dのカラーコントロールポイントで、少しだけ諧調を持ち上げています。やりすぎると不自然になるので、ほんの少しだけです。

●F-15DJ(92-8096)
F-15DJ(92-8096)

F-15DJ(92-8096)

096号機は中々の捻り! ベイパーも良い感じ。

●F-15DJ(92-8070)
F-15DJ(92-8070)

070号機はあまり捻らなかったかな。
ところで、1st上がりの時装備していたAAM-5はこの時は搭載されておらず、機体速度や姿勢を記録するDBSS(デイ・ブリーフィング補助装置)のみランチャに搭載でした。
いや、よく見ると、ECMポッドのAN/ALQ-131(V)もセンターに搭載されているようですね。

2ndもDJの上がりは3機のみでした。

撮影場所を移動して、降りの撮影も行います。

●F-15DJ(32-8083)
F-15DJ(32-8083)

この機体もAN/ALW-131(V)を搭載していますね。
順光ではないですが、こちら側からはずいぶんコントラストが乗って撮れました。
でもすぐ雲が厚くなって…

●F-15DJ(92-8096)
F-15DJ(92-8096)

F-15DJ(92-8096)

こうしてみると、ファントムは艦載機として開発されただけあり全てが無骨ですが、イーグルは大きいけど華奢な印象がありますね。
あくまで印象なだけで、実際には数十年に渡って使用可能なくらい頑丈な機体でです。

●F-15DJ(92-8070)
F-15DJ(92-8070)

F-15DJ(92-8070)

緑を入れると、良いアクセントになりますね。