みかほ茶屋で焼きまんじゅうをいただく2019年04月01日 06時27分

こんにゃくパークの後は鮎川温泉に行って、その後は腹ごしらえということで、鮎川温泉から近いお店で焼きまんじゅうを。

みかほ茶屋

みかほ茶屋、というなかなか雰囲気の良いお店。

古民家のお店

古民家風、ではなく古民家です。

雰囲気の良い店内

店内の様子

火鉢もあった

薪ストーブも

火鉢に、薪ストーブも。なんちゃってじゃない、リアル古民家です。
メニューも、焼きまんじゅう以外に、お蕎麦にうどん、天ぷら。
「おっきりこみ」?ってなにかと思ったら、山梨で言う「ほうとう」みたいな感じのもののようです。

焼きまんじゅう

大きい! 焼きまんじゅうは初めてです。

中はふわふわでパンみたい

まんじゅうといっても、あんこが入っているわけではなく、表に蜜っぽいのが塗られてるんですね。
ふわふわで柔らかくて甘い。大きいけどふわふわなので、割と食べられますね。

今度は、お蕎麦やおっきりこみを食べに行きたいですね。

群馬のこんにゃくパークに行ってきた2019年03月31日 06時41分

早いもので、2018年度末ですなぁ。
というわけでもないのですが、家族揃ってちょっとした遠出。
群馬に行ってきました。

こんにゃくパークに行ってきた

寒かった! この日は冬がぶり戻した感じですね。群馬は気温一桁。
行ったのは写真のこんにゃくパーク
実は娘5歳が無類のこんにゃく好きだったりするのです。

バイキングへの道のり

早速バイキングへ。お土産で購入できるこんにゃく料理が無料で食べられます。
これはそのバイキングへの行列。ここからで待ち時間20分程度かな。
本当に混んでいるときは、入口の外まで行列ができるようです。

飲むゼリー詰め放題

こういった詰め放題もあります。若干賞味期限が近い(と言っても2ヶ月半位は先ですが)のですが、もちろん単品で買うよりは安い。


串こんにゃく半額以下

不揃いのこんにゃく達。半額以下。買いました。

こんにゃくバイキング

お目当てのバイキング。オールこんにゃくです。
こんにゃくラーメンは結構普通に食べられます。食感は流石にこんにゃくですが。
どれも美味しかったです。
ちなみに右下の黒いのは、「飲むおにぎり」梅味で、妻は見た目でダメだったようですが、食べたら割といけました。ちなみに製品ではゼリードリンク風のパッケージになっているので、ビジュアルは見ずに食べられます(笑

刺身こんにゃく好きな5歳

娘は刺身こんにゃくがお好きだったようです。渋いね。

走り回るだけで楽しそう

寒いのに楽しそうね~。

もちろんいろいろこんにゃく製品買いましたが、重量の割に安い!

2010年 新婚旅行で行ったハワイはハロウィン真っ盛りでした2018年10月31日 06時00分

ここのところ自衛隊やらニコンミュージアムの写真が続いたので、お口直しを(笑

2010年の今日、妻と新婚旅行でハワイに行ってきまして、当時の写真を懐かしく見入っていました。
行った当時のブログを見返すと、写真1枚だけの実にあっさりした記事でした。あの当時はまだアサブロは写真1枚しか上げられなかったですしね。

せっかくなので2010年10月31日のハワイの写真を上げてみたいと思います。

ホテルハレクラニ

滞在先はハレクラニ。妻のチョイスです。

ハレクラニのバルコニーから

完全なオーシャンビューではないものの、新婚旅行ということで、ホテル側が部屋をアップグレードしてくれた、んだったかな?

ウェルカムドリンクのシャンパン?

当時のブログではシャンパンと書きましたが、スパークリングワインだったのか、シャンパンだったのかは、今となってはわかりません。まあうまかったので良いでしょう。到着当日の時差と疲れで、妻はちょっと飲んで横になっていたので、自分が残り全部飲んでへべれけ(笑

ハワイの夜景

ハレクラニから見る夕焼け

当時のカメラはNikon D300でしたが、手ぶれ補正付きのTAMRON 17-50mm F2.8 VCでも、流石に当時の手ぶれ補正力は今どきのレンズよりは劣り、ISO3200までだと手ぶれが厳しかったですね。
暗部もノイズが多く、10年以上前のAPS-Cデジタル一眼レフはこんなものでした。

この写真はJPGですが、今思えばRAWで撮っておけばよかったなぁと。

ハロウィンのダースベイダー卿

夜になって、夕食がてら、ホノルル市内を散策。
あまり意識していなかったけど、10月31日だったので、ハロウィンでした。ダースベイダー卿が!

若者も仮装

現地の若者も仮装を楽しんでいました。子供のイベントと思っていましたが、大人も楽しんでいましたね。
渋谷の件もそうですが、仮装するのは自由でしょうが、騒ぎ過ぎはイカンですね。あれはもう暴徒。
楽しくまったりやろうぜ。

ジャック・オー・ランタン

また行きたいですね。

流星が写っていた2018年08月21日 07時01分

紫波SAの星空

これは失敗写真。
夏休みの帰省で紫波SAで撮った星空ですが、魚眼レンズで撮ったものの大半は、周辺の車のヘッドライトや照明が入射してしまい、ゴーストやフレアが発生してしまいました。

この写真もゴーストが入っていてボツにしたのですが、よく見ると左側に流星が写っています!

初めて写ったのでちょっと感動しましたが、田舎に行けばたくさん見られるんだろうなぁ。

天気が良かったので一気に夏休みらしい遊びをこなした2018年08月20日 06時20分

またまた2日遅れのブログ。
18日(土)の栃木は、気温低めでしたがスッキリ晴れました。湿度も低く、まるで秋のよう。

でもこのお盆休み中、ほとんど晴れがなかったので、早朝青森から600km車で自走して帰ってきたばかりでしたが、子供らと夏らしい遊びをしました。

公園で遊んだ

近所の公園で遊んだり…(田舎なので人が少なくていいね)

午後は庭でプール遊び。

庭でプール遊び

プール遊び

庭が広い田舎ならではですね。
去年はあまり長く遊ばなかった息子も、2歳になってプール遊びが楽しかったようで、1時間半くらい遊んでいました。

夜は、函館で買ってもらったけど、天気が悪くてできなかった花火をしました。

夜は花火で締めくくる

線香花火?

夏休みも終わり、今日から平常運転です。あっという間ですね。

さらば函館2018年08月19日 06時56分

2日遅れのブログです。
17日(金)の夕方、青函フェリーにて函館を離れ、青森に向かいました。

帰り間際に晴れた函館

フェリー埠頭から望む函館山。皮肉にも、帰る直前に晴天になった函館。午前中は雨が降っていたし、その前には避難準備メールが入るくらいの大雨だったのに。気温も低くて、折角の夏休み、少し残念でしたね。
左側には現在防衛省が輸送船として契約している、旧東日本フェリーの高速フェリー「ナッチャンWorld」が停泊しているのが見えます。
夏休みだけでも商用運行すればいいのに…。でももう専用桟橋は撤去されてしまったので、一般商用フェリーとして使うのはいろいろ難しいのかな。


青函フェリー「はやぶさ」

帰りは津軽海峡フェリーの海割での予約が取れなかったため、通常料金では津軽海峡フェリーより運賃が割安の青函フェリーにしました。
青函フェリーは、トラック輸送主体で、ついでに一般客も乗せる、という感じで、旅客スペースの装備は必要最低限なイメージでしたが、最近は船を更新した際に、装備は以前より格段に良くなっていて、今回乗った「はやぶさ」も、まだ船齢の若い装備の良い船でした。
津軽海峡フェリーのようにキッズルームはありませんが、椅子席や個室もあり、以前の船ような雑魚寝スペースだけ、という感じでもないですね。
ただし、船体は津軽海峡フェリーよりも小さいため、若干揺れやすいですね。

娘と船を眺める

ああ、この晴れが滞在中だったら良かったのに…。

夕飯はラッキーピエロで買ったハンバーガーとオムライス

乗船しました。夕飯は、ラッキーピエロでテイクアウトしたハンバーガーとオムライス。オムライスは2人分くらいあるビッグサイズ。美味しくいただきました。
周りでもラッキーピエロで買ったものを食べている人がいて、函館発のフェリーでのラッピ率は高そうです。

この時期の夕方のフェリーは、なかなかの絶景が楽しめました。
夜は安全上の理由で甲板に出られない事が多いですが、今回は常時甲板に出ることができたので、景色を堪能できました。

船からの景色

漁火を背景に

イカ釣り漁船の漁火を背景に。

イカ釣り漁船

光に寄る性質のあるイカ、大発光のランプを漁船いっぱいに着けてイカ釣り漁船は漁を行います。
函館の風物詩ですね。

月夜の津軽海峡

月夜の津軽海峡。船内にはGX7MK2を持ち込みましたが、RAWで撮ってもこれが限界。
そもそもピントが合わない。SONYのα7の最新版ならフォーカスできるのだろうけど、こういう状況では一眼レフのほうが安心。
もちろん星空もきれいで、D850で撮りたかったです。
揺れる船から撮るのは容易ではないですが。

青森の街明かりが見えてきた

遠方に青森の街明かりが見えてきました。
マイクロフォーサーズだと、高感度耐性が良くなったとはいえ、こういうシチュエーションは難しいですね。

このあとは、車でひた走り、早朝栃木の妻の実家に戻りました。

グリーンピア大沼に行ってきた2018年08月17日 07時32分

15~16日は、両親らとグリーンピア大沼へお泊まりに。函館市内から車で1時間とかからない、大沼公園の近くにあります。
が、あいにく天気は曇りから雨。

雨のグリーンピア大沼

どよーん。
ここは自分は高校の時のマラソン大会以来なので、20年ぶりに来ました。
アウトドア施設という印象が強かったのですが、ホテルもあります。まあ函館に住んでいた頃は、わざわざ泊まりに行く距離でもないので…。
晴れていれば、子供らを外で遊ばせるはずだったんですけどね。

夕食はビュッフェで。ビュッフェにしてはなかなか質が高い料理が提供されていました。カニもステーキもありましたね。

夜は日本酒で

日本酒も頂いちゃいました。國稀が好みでしたね。

夕食後は猿回しが来ていたので観覧。神戸モンキーズ劇場という、関西からわざわざ来ている猿回しです。

神戸モンキーズ劇場

お猿さんの名前は失念

神戸モンキーズ劇場のショー

ジャンプ

ジャンプ

ジャンプ

竹馬

楽しませていただきました。

で、翌日も…

16日も雨

雨ですね。しかも前日より雨が強いという…。残念ながら、アウトドアでは遊べなかったけど、室内で遊ぶところも充実していました。
ホテルフロントでは、子供が書いた絵が海の中を泳ぐ、何と言うのか知りませんがイベントをやっていたので、子供らがお絵かき。

娘がお絵かき

息子もお絵かき(何の絵だ?)

書いた絵はスキャナでスキャンすると…

書いた絵をスキャン

水槽の中を絵が泳ぐ

こんな感じで絵が泳ぎます。
RICOHのシステムっぽいですね。

あとはプレイルームもあり、行きませんでしたがボーリング場やプールも併設されているので、雨でも遊べる感じでした。
今回の夏休みは天気が悪くてちょいと残念ですね。

栃木→北海道は函館に移動2018年08月15日 07時34分

13日の夜、栃木から青森のフェリー埠頭に向けて自走開始。
以前に昼寝していたこともあり、4時間半、休憩無しで東北道紫波SAまで到達。

ここで休憩しましたが、時間に余裕があったので、星空を撮影してみました。

紫波SAの星空1

紫波SAの星空2

流石に星空はきれいですが、難しい…。そして、AF-S 16-35mm f/4G ED VRは暗いレンズなので、あまりこうした撮影には向きませんね。AF-S 14-24mm f/2.8Gか単焦点レンズが欲しいところ。

紫波SAの星空3

紫波SAの星空4

そういや今回唯一持ってきた単焦点があったなぁと、AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8Dへ交換。
そうすると、今度はいろんなものが写り込んでしまうんですね。
サービスエリアなので、周辺には照明や、入ってくる車のヘッドライトなどの影響を受けてしまいます。角度によってフレアやゴーストが発生しますね。

津軽SAの夜明け

そしてこちらは津軽SA。夜明けがなかなか印象的。

津軽海峡フェリー ブルードルフィン

青森に到着してフェリーに乗ります。
流石に混んでいますね。

フェリー船上にて


函館に到着して、昼食は妻のリクエストでスープカレー。
いつも行っている吉田商店はお休みだったので、まだ行ったことのなかった、これまた函館で人気のお店、奥芝商店に行ってみました。個人的に、幼少期はこのお店の周辺地域に住んでいたので、今はこんなに変わったのかぁと感慨深かったです。
昔友人が住んでいた隣のお店は、今はカフェと雀荘(笑

奥芝商店

開店からそんなに時間経たずに入店しましたが、結局1時間半くらい待ちました。ちょっと人手不足な感じですね。

チキンレッグカレー(辛さ15度)

チキンレッグカレーで辛さは25段階の15をチョイス。
口の中が痛くなる辛さではなく、あとからじわっと来る辛さでなかなか。そして具沢山ですね。
次は25辛に挑戦したいな。

そんなこんなで函館初日でした。今日から明日にかけては、両親当地の家族でお泊りしてくるので、16日のブログはお休みかな? 更新できたら更新します。

妻の実家に規制2018年08月13日 06時21分

栃木に来ました。
家族で夕方のお散歩と、公園でちょっと遊びました。

田舎道

田舎道

子供らを、こうして広々とした道で散歩させられるのが栃木県。東京23区内だと、なかなか厳しいものがあります。
それにしてもAF-S 24-70mm f/2.8E ED VRの絞り開放付近は、なかなか雰囲気の良い絵が出ます。
今までの標準ズームにはない、"味"がでますね。

近所の公園にて

2歳の息子も、もうすべり台は怖がらず登ります。

今日の夜から、明日の早朝フェリーに乗るため、青森まで移動します。

秩父・長瀞で流しそうめんと桃狩り2018年07月15日 07時23分

去年行った秩父での流しそうめんと桃狩り、今年は娘の早い誕生日祝ということで、一気に2つのイベントを敢行してきました。

まずは流しそうめん。長瀞岩畳のすぐ近くにある長生館で食べられます。
それにしても暑い! この日の気温は36℃超え。

流しそうめんの順番予約はタブレットで

去年はなかった流しそうめんの受付機。元々予約は出来なくて、先着順でしたが、今年は本館にこの受付機が設置されているようです。順番が近づくと、電話で知らせてくれるシステムです。
なかなか人気のようで、今年からこうなったのでしょうね。

順番が近づいたので、流しそうめん会場へ移動。

長生館

流しそうめん以外も食べられます

流しそうめん以外も食べられますが、メインは流しそうめんなので、これを頼む人あまりいなそうですね。
流しそうめん以外は、屋内のレストランでも食べられます。

順番待ちの間川を眺める

会場隣で川を眺めながら順番待ち。ここはそれほど待たず、10~15分程度で呼ばれました。

流しそうめん

こんな感じです。薬味やつゆはおかわり出来ます。

流しそうめん開始

奥からお兄さんが流してくれます。食べ放題なので、好きなだけ流してくれますよ。

締はミニトマト

もうお腹いっぱい、と宣言すれば、〆のお口直し、流しミニトマトが出てきます(笑

流しそうめん終了

長生館の流しそうめん


せっかくなので、長瀞といえば岩畳。見てきましたが暑いのなんの! 岩の照り返しで、体温超えの気温、汗ダラダラです。

長瀞 岩畳

長瀞 岩畳


次は娘のリクエストで桃狩り。去年も行った富田農園です。

富田農園で桃狩り

桃試食

桃狩りのあとは、桃の試食。いや暑かった、とにかく暑かった。それでも子供らは楽しんだようでよかった。
でも暑すぎて、あまり屋外では遊べないですね。
熱中症にはご注意を!