いよいよ今週末! ファントム最後の百里基地航空祭2019年11月26日 06時30分

12月1日(日)は、いよいよ百里基地航空祭です。

今回の百里基地航空祭が航空ファンにとって特別なのは、百里基地最後の、F-4EJ/RF-4Eファントムがメインの航空祭になるからです。

F-4EJ改(97-8416)

既に後継機のF-35Aの配備が始まっており、ファントムは2021年3月をもって退役します。
特にRF-4E/RF-4EJ率いる偵察部隊の第501飛行隊は、今年度いっぱいで解隊、そして2020年は百里基地での航空観閲式の年になるため、航空祭は行われない予定です。

F-4EJ改(77-8399)

F-4EJ改(07-8428)
↑昨年度退役した302SQのスペマファントムは、今年は地上展示が行われます♪


ですから、後1年ちょっと飛ぶ第301飛行隊のファントムも、百里基地航空祭では、今回が見納めとなります。

百里基地航空祭2019パンフレット

パンフレットによれば、今回はブルーインパルスも訪れるため、混雑が予想されます。
ファントムよりブルーインパルス目当てのファンも多いためですが、ブルーが一般的に午後開催なのに対して、珍しくお昼前にスケジューリングされているのは、午後のラストを飾るファントムがメインだぞ~という意気込みの現れ、と個人的には思っています。

が!

RF-4E改(47-6905)
↑去年の午後の撮影

午後は、エプロンエリアからの撮影は、写真的には逆光になってしまうんですよ!
上の写真、つい先日退役したRF-4E改の905号機ですが、この写真もだいぶ暗部を持ち上げていますが、元写真はかなり暗いのです。

以前であれば、基地内に駐車場があった時は、山川門付近の駐車場から撮影できましたが、去年より基地内の駐車場はなくなりパークアンドライドに、そして山川門付近は厳重に柵が設置されて閉鎖されたため、午後のベストポジションでの撮影は厳しいですね。
とは言え、せっかくのファントム祭り、マナーを守ってしっかり楽しみたいですね。

駐機エリア

302SQと501SQの記念塗装機、特別塗装機は、退役機の展示となるため(501SQのは一部現役機と思われる)、もちろん飛びませんが、301SQの記念塗装機は、この駐機の仕方からして、飛ぶことが期待されますので、ケロヨンスペマ、じっくり見られることを期待します!

F-4EJ改(37-8315)とスカイマーク

コメント

_ samuna ― 2019年11月30日 06時30分41秒

僕は大洗の駐車場からです。朝一ではないのでオープニングに間に合うか心配です。
ファントム最後の晴れ舞台。楽みたいですね。

_ やまろ@管理人 ― 2019年11月30日 08時20分16秒

いらっしゃるのですね。お気をつけて~。
私は朝イチで入る予定です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2019/11/26/9181438/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。