ベローズPB-4を使って接写してみた2019年01月12日 07時59分

昨日届いたベローズで、早速遊んでみました。

Nikon PB-4 + AIAF Micro 60mm + D810

ボディはD810を装着。
ベローズNikon PB-4は、40年以上前のものですが、現代のデジタル一眼レフにも、おなじFマウントなので問題なく装着可能です。
ベローズ側のボディ装着側マウントは、露出系連動や絞り連動などの機構は一切ないシンプルなものです。

ただし、当時のフィルムカメラの形状に合わせて作られているためか、グリップの大きいデジタル一眼レフでは、ボディ取付時にグリップがPB-4に干渉してしまいます。このため、中間リングをボディとPB-4の間に噛ますことで、干渉を防ぐことが出来ます。

ボディとベローズが鑑賞するのでPK-12を挟んだ

Nikonの中間リングだと、PK-12より長いチューブを挟めばよいかと思います。写真はPK-12を使っています。
まずは、AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dで撮ってみます。

被写体はこちら。

ゴディバのチョコレート

先日妻がアウトレットで買ってきたゴディバのチョコレートです。

AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dは、それ単体で等倍撮影が可能です。
最短撮影距離の等倍撮影で撮ると…

AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D等倍撮影

直径3cmくらいのチョコが画面いっぱいに写ります。

これに中間リングPK-13を挟んでみると…


AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D+PK13

さらに寄って撮影できます。これでもだいぶ寄れる感がありますし、使い勝手は中間リングだと、レンズとボディの間に挟むだけなので、悪くはありません。
当然マクロ領域なので、被写界深度は浅く、ピントはシビアです。

なお、Nikonの中間リングは昔からあるものなので、電子接点がないために、レンズのCPUは使用できなくなります。
また、マニュアルフォーカスになりますが、マクロ領域はAFは使い物になりませんので、それはそれで問題ないでしょう。
D810やD850など、Nikonの中級クラス以上の一眼レフには、非CPUレンズもマニュアルで焦点距離情報や最小絞り情報を設定できます。これらはAIレンズであれば、絞りリングの動きと連動して、絞り値をボディ側に機械伝達できます。
上の写真は、Exifではレンズが58mmとなっていますが、これは非CPUレンズで60mmという焦点距離が、Nikonにはなかったからです。
ちなみに、電子接点を備えた中間リングは、KENKOから発売されていますので、D5000系やD3000系のボディやGタイプレンズを使うのであれば、そちらのほうが便利でしょう。


さて、いよいよベローズPB-4を使用した写真です。

AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D+PB-4

おお! ぐっとよれますね。
ただ被写体が平面で変化があまりないのが残念。
埃まで写っていますね(汗

次回はEL-NIKKORを付けてみましょう。

Nikon ベローズ PB-4を入手!2019年01月11日 06時51分

Nikon BELLOWS FOCUSING ATTACHMENT PB-4

年明け早々、入手できました。
Nikonのベローズ、PB-4です。
元箱付きで、箱には「Nikon BELLOWS FOCUSING ATTACHMENT PB-4」と記載されています。

ここ3年位探していましたが、なかなか値段と状態の折り合いがつくものがなく、しかもここ最近、相場も上がり気味なので、見つかってもなかなか手が出しづらい値段でしたが、今回は納得行く価格でした。

状態はよく、蛇腹も破れやカビなどの汚れもなく、各部動作もウルトラスムーズ! 感動す覚える精密さと剛性感。

PB-4は、70年代の製品と聞いていますので、つまりは40年以上前のものです。
Nikon F2が現役だった頃の製品ですからね。

何をするものかというと、ここで説明するより、HPを観ていただいたほうが早いかな。

http://redbook-jp.com/redbook/rfpc/pc.html
https://www.yaotomi.co.jp/blog/used/2010/04/-nikon-bellows-pb-4.html

ベローズは、超絶マクロ撮影が可能になる他、バックフォーカスの長いレンズであれば無限遠撮影も可能ですし、PB-4は他のNikonベローズにはない、シフトとアオリ撮影が可能です。

これで、EL-NIKKORも更に楽しく使うことが出来ます。
何撮ろうかな?

おやつタイム2019年01月10日 06時50分

城南島海浜公園でおやつ
子供らはおやつを食べ、パパは写真を撮る。

Win-Winの関係(笑

AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR、さすが逆光でも抜けが良い!

城南島海浜公園に行ってきた(その3)2019年01月09日 06時57分

つらつらと城南島からの写真を貼っていきます。

●ANA B767-300(JA611A)
ANA B767-300(JA611A)

ANA B767-300(JA611A)

B767もだんだん数が減ってきましたね。
軍用型では、KC-767を始め、E-767、そしてKC46Aと、航空自衛隊ではB767ベースの軍用機が今度増えていくことになりますが、旅客機では後継のB787の導入で、数を減らしつつあります。
軍用はベース機体は枯れた技術のものを使いますから。

魚眼で

午後になると、俄然同業者(笑)が増えますね。
NikonとCanon、仲良くロクヨンで撮影されていました。

撮影場所を砂浜奥の岸壁へ移動。

●ANA B767-300(JA604A)
ANA B767-300(JA604A)

おお、スターウォーズがまた来たぞ!

●ANA B777-200ER(JA743A)
ANA B777-200ER(JA743A)

ANA B777-200ER(JA743A)

ANA B777-200ER(JA743A)

ANA B777-200ER(JA743A)

比較的新しいB777-200です。2013年導入機体で、-200は90年代後半に多く導入された中、2010年代に導入されたのは、B787-9の導入遅延があったからだったかなと。

いやこの日は当たりでしたね。

Nikon MFレンズ2本が旧製品に2019年01月08日 06時07分

Nikon MFレンズ2本が旧製品に

Nikonは今でも複数のFマウントのMFレンズと、MFカメラのFM10をラインナップしていますが、このうち「AI Nikkor 35mm f/1.4S」「AI Micro-Nikkor 105mm f/2.8S」が旧製品扱い、つまり生産完了となったようです。

 

既に多くのMFニッコールレンズが販売終了していますが、元々数十年にも渡って販売されているNikonのFマウントレンズなので、現在でも中古品を中心に流通は豊富で、昨今のミラーレス一眼の登場で、むしろ古いレンズの需要も増している気がします。
また、MFレンズは、比較的簡単に製造できることから、サードパーティでもラインアップは多く、Carl ZeissがFマウントをはじめ、各種マウントのMF高級レンズをラインアップ、中華メーカーなどもMFレンズに参入するなど、盛り上がりを見せる中、NikonのMFレンズは、写真用のみならず、産業用機器の組み込みレンズとしても需要がありました。

例えば、高速度カメラなどにもFマウントは使用されています。

そのためか、超広角レンズや魚眼レンズ、超望遠レンズといった写真用途に用いられるレンズは軒並み生産完了しても、広角から中望遠までのレンズは、現在に至るまでラインアップされていました。
しかし、その中でも35mmと105mmマイクロが生産完了となることから、今後他のレンズも生産完了になる可能性は高いのではと思います。

近年は完全電子制御マウントで機器側からの制御がしやすいことからか、EOSマウントやマイクロフォーサーズマウントを用いる産業用カメラも増えてきています。
このため、必ずしもFマウントである必要もなくなってきているのです。
Fマウント自体、近年は絞りリングもなくなり、更に電磁絞り採用のレンズが増えつつあり、フルサイズミラーレスのZマウントの登場もあり、需要が不減りつつある完全機械式のMFレンズは産業用としても縮小傾向かもしれませんね。


AI Nikkor 35mm f/1.4Sは、開放f値だけで見ると、AF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gもありますし、写真用レンズとしては設計も古いわけですが、なんと言ってもそのスペックに対して比較的安価、手の届きやすい価格であるのが魅力です。
AF-Sは今でも十数万円しますが、MFのAI-Sは、中古相場は程度によりますが4万円台、新品でも9万円台です。
一方、AI Micro-Nikkor 105mnm f/2.8Sは、新品では同じ9万円台ですが、販売量が35mm f/1.4Sより多いからか、中古流通量も潤沢で、2万円台から買えるレンズです。


生産期間が30年以上あるため、AI Nikkor 35mm f/2.8SもAI Micro-Nikkor 105mm f/2.8Sも、初期と現行でコーティングも変わっています。中古でも狙うなら新しいレンズです。シリアルナンバーにも注目してみてください。


Micro 105mmはともかく、35mmは手に入れたいですね。

城南島海浜公園に行ってきた(その2)2019年01月07日 06時34分

話が前後しますが、子供らを連れて行った前日に行った城南島海浜公園の続き。

●ANA B787-9(JA872A)
ANA B787-9(JA872A)

ANAのB787-9、まだ乗ったことがないB787ですが、初期のバッテリトラブル、そしてエンジントラブルと、色々ありました。
とはいえ、B767に変わる中型旅客機として躍進してほしいものです。

雀と鳩が寄ってきた

弁当を食べておやつを食べていたら、雀と鳩が寄ってきた(笑
餌はあげないよ~

家族連れで

こういう風景を見て、子供連れてくるかーと思った次第。

太陽とJAL

基本的に城南島からだと、16R滑走路からの上がりは常に逆光です。旋回していくと順光になりますが、その頃には機体がかなり遠くなってしまいます。
なので、22滑走路降りがないと、夕暮れ時でもない限り、あまり良い絵にならないですね。


●Lufthansa A350-900XWB(D-AIXJ)
Lufthansa A350-900XWB(D-AIXJ)

最新鋭のA350-900XWBです。羽田-フランクフルト間を飛んでいるようですが、ルフトハンザのこの新しい塗装は初めてみました。
主翼端の曲線が、新鋭機らしいですね。
B787-9のライバルです。


●Lufthansa B747-8(D-ABYO)
Lufthansa B747-8(D-ABY)

お、4発機が降りてきた! 同じくルフトハンザですが、こちらも最新鋭のB747-8です。
最初は-400が降りてきたかと思いましたが、ウイングレットもないし、まさか今どき-300なんてないだろうし…とレジ番号調べると-8でした。昨日上げた写真にもあるように、飛んでいると主翼端の形状がわかりますが、こうして遠方から見ると、-300辺りと区別が付きません。
昔はあんなに散々飛んでいたB747ですが、いざ減ってくると物珍しさが出てくるものです。


ランチェンないし、そろそろ引き上げようと思ったとき、ラジオで「ランウェイ22」のコールが聞こえてきました。
これはもしや!?

R/W22降りに変わった!

ランチェンキター!

風向きが変わったようで、着陸進入する滑走路がR/W22に変更となったようです。


●JAL B777-200(JA007D)
JAL B777-200(JA007D)

JAL B777-200(JA007D)

日本エアシステム時代からのB777-200です。
20年選手ですし、国内線使用のため、後数年内に退役と思われます。
昨日も書きましたが、まだ新しいと思っていた機体も、どんどん古くなってきているのです。
B777も、短胴の-200は後数年後には見る機会もぐっと減るでしょう。


●SKYMARK B737-800(JA73NN)
SKYMARK B737-800(JA73NN)

スカイマークのB737-800は、茨城空港(つまり百里基地)でもおなじみの機体ですが、この機体は青空によく映えて好きなんですよね。


●Soraseed Air B737-800(JA807)
Soraseed Air B737-800(JA807)

ソラシド航空の、同じくB737-800。今や国内線は、B787-800が使い勝手の良い機体として君臨している感じです。


●STARFLYER A320-200(JA20MC)
STARFLYER A320-200(JA20MC)

スターフライヤーのA320-200です。てっきりANA辺りの中古機かと思いきや、2013年就航の新造機なんですね。
日本国内では、同規模機体はB737系のほうが人気ですが、A320もコンスタントに売れている機体です。
この規模の機体は、搭乗率を稼ぎやすく使い勝手が良いからでしょうね。

続く…

城南島海浜公園に子供らを連れて行ってきた2019年01月06日 07時56分

昨日の続きだと思うでしょう?

違うんですよ(笑

2日続けて行ってしまいました。城南島海浜公園w

5日(土)も妻はお仕事、子どもたちはもちろんお休み。
電車移動で子供2人を連れて行くのは結構きつい。
となると、車で行けて、子供も大人も楽しめるところ。

子供らを、「飛行機とお舟が見れて、広い砂場もあるところに行こう!」とそそのかして行ってきました。

城南島海浜公園で砂遊び

城南島海浜公園で砂遊び

奥に写っていますが、子供らを撮るのはD810にAF-S 24-70mm VR、飛行機はD850+SIGMA 150-600mm Sportsです。

前日と違い、残念ながらこの日は22滑走路に降りる機体は撮れなかったけど、逆光で上がっていく機体というのなかなか乙なものでした。


●AIR DO B767-300(JA602A)
AIR DO B767-300(JA602A)

前日も見たAIR DOのJA602A

●JAL B737-800(JA344J)
JAL B737-800(JA344J)

ちょうど右旋回するところで、胴体下に陽の光が当たるにがカッコいい。

走る!

陽が落ちていく城南島海浜公園

砂浜で遊べる城南島海浜公園


●Lufthansa B747-8(D-ABYL)
Lufthansa B747-8(D-ABYL)

Lufthansa B747-8(D-ABYL)

Lufthansa B747-8(D-ABYL)

真横から見ると、B747-300と区別がつかないB747-8ですが、主翼端を見ると、最近のトレンドらしいなめらかな曲線で、在来のB747との違いがわかりますね。
全長だけでいうと、旧来のB747-400以前の機体よりも長く、総2階建てのA380よりも長く、旅客機としては世界一長いB747-8ですが、世界の航空会社は、最も大型機であるA380か、あるいは経済的な双発機(B777-300など)をジャンボ機の後継として選択し、販売面でB747-8は苦戦しています。旅客機型が日本で見られるのは、ルフトハンザ航空か大韓航空くらいでしょうか。


●JAL B777-200(JA010D)
JAL B777-200(JA010D)

元日本エアシステムが導入した機体で、日本航空に統合後はJALの国内線機体として運用されているB777-200です。
今年で導入から20年を迎え、数年内に退役するのではと思います。
最新鋭機だと思っていたB777も、初期導入の機体は退役が始まっています。

B777-200は、実質後継機としてB787-9や、ライバルのA350-900があるため、B777は今後長胴型の-300シリーズや、改良型の-8X,-9Xシリーズが主力になっていくでしょう。
新しい政府専用機はB777-300ERを選択しましたので、長いこと使われるかと思います。


●ANA B737-800(JA63AN)
ANA B737-800(JA63AN)

ANA B737-800(JA63AN)

冬の夕暮れ時は、良い感じに陽が当たりますね。逆光でもこれはこれで絵になります。
昔は国内線といえばB767クラスの機体が多かったと思いますが、最近は一回り小さいB737系が多い気がしますね。
国内線の需要も頭打ちですし、地方路線ならB737クラスの機体で十分なのでしょうね。

夕暮れの城南島海浜公園

夕方まで遊んで(撮影して?)、帰途に着きました。
子どもたちも、飛行機を見られて、人工海岸は大きな砂場で楽しかったようです。

城南島海浜公園に行ってきた(その1)2019年01月05日 07時25分

4日から仕事始めの方も多いと思いますが、私は7日まで休み♪

子供らは保育園開始、妻も仕事なので、撮影に行ってきました。
横田に行こうか迷いましたが、ここは無難に旅客機でも撮ろうと、久しぶりに城南島海浜公園に出向きました。

城南島海浜公園から

午前中は16R滑走路から離陸する機体がメイン。
ちょうど上がる瞬間は逆光なんですよね。うまく捻ってやっと順光になるかならないかです。

●JAL B737-800(JA301J)
JAL B777-800(JA301J)

実際の空はもちろんこんなじゃないですが、ハイライト重点測光で撮ってみたら露出アンダーだったので、白いJALの機体を印象的に仕上げてみました。

JALを魚眼で

こんな感じで、ちょうど離陸する機体が逆光になってしまいます。


●ANA B737-800(JA81AN)
ANA B737-800(JA81AN)

B737-800は、国内線の地方空港への路線では定番機種ですね。B737は何十年も小型旅客機のベストセラーですね。


●AIR DO B767-300(JA602A)
AIR DO B767-300(JA602A)

ANAから移管された中古のB767-300。ANAと提携しているAIR DOは、B767を多く導入していますが、B767も80年代から90年代に導入されたものがほとんどなので、老朽化した機体が続々引退しています。
この機体もは90年代後半導入ですが、あと数年かな?


●ANA B777-300(JA789A)
ANA B777-300(JA789A)

ANA B777-300(JA789A)

おおっ、ANAのスターウォーズ塗装機だ!
逆光なのがなんとも惜しいです。

ANA B777-300(JA789A)

ANA B777-300(JA789A)

捻り出してやっと順光になるんですよね…。

こんな感じなので、早々に切り上げようと思ったのですが、風向きが変わりました。
続きはまた。

プリキュアの映画見てきました2019年01月04日 06時31分

イオンシネマにて

行ってきました映画館。近場でよかった~

「HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」(タイトル長い)ですが、今どきの子供アニメらしく、大人が見ても楽しめる内容になっていました。

面白いことに、ストーリー上でフィルム一眼レフが鍵になっていたりするんですよ。

倒産してしまったメーカーの幻の一眼レフ、というのが出てくるのですが、外観は80年代のNikonっぽく、倒産した一眼レフメーカーと言うと、ミランダを彷彿とさせます。

今の若いこの間でフィルムカメラが静かなブームにいなっているのも、プリントしない限り実態が残らないデジタルとは違う新鮮さがあるのでしょうね。

HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ2019年01月03日 07時09分

HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ

今日から妻は仕事、子供らの保育園は今日までお休み、ということで、見に行ってきます。

もう終わっている映画館が多い中、近場の映画館でギリギリ上映中でした。

なにせ、娘の影響で、2歳息子まで好きなんですわ。