作りが雑 2個めのラジオケースMSC-20A2019年12月22日 08時14分

エアバンドラジオレシーバーの、STANDARD VR-160用に、Amazonで購入したエアバンドラジオのケースMSC-20A、縫い目が破れてきたので、2個目を購入しました。

注文したのが12月1日、着いたのが19日。
お察しの通り、Chinapostによる中国からの直送で、時間がかかりました。そう言えば、1個目をかった時も時間がかかったですね。

Chinapostで届いたMSC-20A

Chinapostだと送料が安いのでしょうけど、実質送料のみで、中身の価格はあってないようなもの…程度なんでしょうかね?
ちなみに、場合によってはAmazon Prime扱いで日本国内からの発送で、すぐ届く場合もあります。
この商品はAmazon内でも複数の業者が扱っていて、値段もバラバラです。
中国直送か、日本国内から発送かはケースバイケースです。
私は特に急ぎではないので、安い中国直送を選びましたが、最後まで届くかどうか不安なのは確かです。なにせ、中国で発送された以降の配送ステータスがずっと変わらなかったので。
それどころか、もうこうして目の前に商品が届いたのに、トラッキングIDから検索しても、到着していないことになっています。
雑ですね。

新旧(左が新)MSC-20A

左が届いた2個目、右が縫い目が破れてしまったMSC-20Aです。
こうして並べると、同じ商品なのか!?ってくらいに違います。そもそも縫い目とか刺繍も雑なので、どれも個性にあふれていますね(笑

ダサい刺繍の型式表示、入れなければいいのに、と思いますが、これは大きさ違いの末尾のアルファベット違いの商品が存在するため、入れざるを得ないのかな? それにしても刺繍の文字も曲がっていて、手縫いかよと思いたくなるくらいのクオリティです。

縫い目の位置が違うMSC-20A(左が新)

見てください。新品は左ですが、右と比べると、下側の隙間の大きさが違います。
縫う場所とか、長さとか位置とか決めていないのでしょうね。
実は、古い方は、この隙間が大きいことで、Bluetooth送信機も入れやすかったのですが、新しい方は隙間が小さく、隙間からBluetooth送信機を入れることができなくなりました。これは痛いですね…

安いからと言ってしまったらそれまでですが、最近品質が向上しつつある中国製品とは言え、安いものはこんな程度です。
ただ、適価な代用品がないのが辛いところ。純正のケースはダサいですし…。

【新政酒造】生成(エクリュ)2014 生米麹仕込 蔵内熟成2019年11月11日 06時19分

なかなか手に入りづらいお酒ですが、あるところにはあるんですね♪
会社の同僚の行きつけの酒屋にあるということで、買ってきてもらいました。

【新政酒造】生成2014 生米麹仕込 蔵内熟成

新政酒造の、生成(エクリュ)2014 生米麹仕込 蔵内熟成です。
「生成」がどうやって「エクリュ」と読むのかはさておき、2014と書いてあることから、一見して古酒なのかなと?


【新政酒造】生成2014 生米麹仕込 蔵内熟成

このお酒の特徴は、「生米麹」「秋田産酒こまち」
紹興酒づくりに使用されるとされている生米麹を部分的に用いて…とあります。
そして2014は、蔵内熟成ということで、5年間蔵で寝かせたお酒です。
新政酒造は、他にない特徴的なお酒が多く、基本的に開栓後の品質維持のために、四合瓶主体、純米酒のみ、そして実験的なお酒も時々出しています。

生成は、新政酒造の酒こまちを使用したボトムライン、とHPには記載されていますが、そのボトムラインのお酒を5年間寝かせた、ということになるわけです。

限定5千本強の生産となるこのお酒、5年寝かせた古酒のイメージで飲むと、全く想像とは違いました。
よくある古酒は、独特の風味や個性(クセ)を感じさせるものが多く、好き嫌いが別れやすいものが多いのですが、このお酒については全くそういったクセは感じません。

「生米麹」を仕様ということで、確かにフレッシュな若い生酒とは違った、日本酒らしい深い味わいと深みはあるのですが、それがいつまでも口に残らず、最後にすっと引いていきます。
ほんの僅かですが、プチプチ感すらあります。ややどっしりしていて、なのに爽やかな酸味と甘味もあって、寝かせたお酒なのに、それを感じさせない口当たりの良さです。

いやはや、なんとも面白いお酒です。
1本あたり900円を寄付するということで、ほぼ利益はないでしょう。酒で復興支援とは素晴らしいです。
ほんとここの社長、やり手ですな。

SANYOの充電式掃除機のバッテリを交換2019年10月27日 08時48分

SANYOネタが続きますね。
三洋電機、2011年に上場廃止し、白物家電はハイアールに、ビデオカメラ部門はザクティ、残りはPanasonicに吸収と、日本ではSANYOブランドは消えましたが(インドでブランド復活しているようです)、まだまだSANYOブランドの製品、残っていますよね。


というわけで、今回のネタは、8年くらい前に電気屋の開店セールで買った、やっすいSANYOの充電式掃除機SC-YM1の電池交換です。
純正バッテリは、かつてのSANYOといえば「カドニカ」で名を馳せたニッカド電池(Ni-Cd)でしたが、今はカドミウムは毒性が強い、RoHS指令などで有害物質指定により、あまり使われなくなりました。
純正バッテリも、すでに販売終了です。

が、そこは今時らしく、互換バッテリがちゃんと存在しました。

純正のSANYO SC-4C13RSと、互換品のROWA JS8DD

互換バッテリと言えば、国内ブランドで信頼性が高いと言われる、ROWA JAPANです。
本当にいろいろな種類の互換バッテリがあります。
純正はニッカドなのに対し、ROWAは今時らしくニッケル水素電池となっていて、容量は純正よりむしろ多いようです。
純正の容量は不明ですが、一般的にはニッカドからニッケル水素の場合は、少なくとも3割から5割増しはあるはずです。

SC-YM1の電池交換は簡単

交換は、パネルのネジを開けて差し替えるだけで簡単です。
この掃除機、ダイソンもあるので廃棄しても良かったのですが、サイズが子どもたちにちょうどよいらしく、よくこれで掃除して遊んでいるので、交換した次第。
交換後は、こんなにパワーあったっけ?ってくらいにパワー回復しました。

初代のeneloop充電器が壊れたので最新版に買い替え2019年10月25日 06時50分

多分初代のeneloopのときに買って以来使っていた、SANYOの充電器が壊れてしまいました。
充電しようとしても通電せず。

初代eneloop充電器が故障

単純な破損なら直せるかなと思い、とりあえず開けてみました。

※良い子は真似しないように!

この充電器、OEMでどこかに作らせていたようで、同じ形で色違いの東芝製も持っていたりします。そちらはまだ現役です。

コンデンサが膨らみ死亡の模様

基板を一通りチェックすると、膨らんでいるLTEC製のコンデンサを発見。破裂寸前ですね。防爆弁の割れ目の隙間から電解液も微妙に漏れているっぽいです。
恐らくこれを交換すれば直るはずですが、もう物が古いので、安全性を考えて廃棄として、新しい充電器を買うことにしました。
ちょうど1組買ったのですが、近所の電気屋の閉店セールで、同じものが半額になっていたので、さらにもう1組買いました。
買ったのはこちら。

K-KJ85MCC40

SANYOからPanasonicになって久しい、同じくeneloop充電器です。
別にeneloop専用ではなく、EVOLTAだろうが、ニッケル水素電池なら充電可能です。
もう売っていないので問題ないでしょうが、旧充電器と違い、ニッカド電池の充電には非対応となりました。
電池ごとの残量と状態チェックのLEDがついているのが嬉しいです。

K-KJ85MCC40で充電中

こんな感じで、電池ごとに充電量を検出して最適な充電を行ってくれるようです。
赤は残量20%以下、黄色が20~80%です。あれ? eneloopって工場出荷時状態で充電してあってすぐ使えるのが売りじゃなかったかな? 1本は20%以下ということになりますが…。個体差?
でも製造は今年の8月ですからね。
LEDの黄色点滅で、電池の買い替えオススメ表示もされます。便利です。
充電器、どれも大差ないように見えますが、Panasonic製のは充電制御が細かいです。職場のロガーで計測してみましたが、古い充電器よりも複雑な制御をしています。

eneloopは長年使っていますが、やはり他の充電池より長く使えていますね。初代のeneloopがまだ使えていますので。

【トミカ】軽装甲機動車と200系クラウンパトカー2019年10月24日 06時48分

息子3歳半、車とかトミカとか興味出てきたかなと思い、購入。

【トミカ】軽装甲機動車と200系クラウンパトカー

軽装甲機動車のほうは、既に生産完了となっていて、No.114は現在トヨタセンチュリー(欲しいw)となっています。
こういうのは買えるうちにということで。

【トミカ】軽装甲機動車と200系クラウンパトカー

軽装甲機動車、車体上の荷物受けのガードはプラなんですね。
子供が遊ぶと、激しくぶつけて破損しそうなので、パパが確保しました(笑い)

パトカーは200系のクラウンで、こちらはまだ現行。
クラウンも220系に移行しましたが、パトカー仕様のみ、まだ210系で販売されているようです。このままパトカーは210系のまま暫く行くのかな>

ってことで、パトカーは息子に進呈しましたが、何故か娘のほうがよく遊んでいる…

五色トウガラシの実2019年10月14日 06時00分

あんなに飲んでも食べてもリバースしていた娘、病院で点滴したら驚異の回復!
何とか運動会は出られそうかな?
天気が微妙ですが。

さて、先日の台風の際、ベランダで育てていた五色トウガラシを室内に引き上げてきたのですが…

五色トウガラシ

以前から花が咲いていましたが、先終わった後に実がなっている!

まだ青い実

花が枯れて、その根本に実がなるんですね。まだ小さいし、青いですが、これがいろいろな色に変化するのかな?
ちょっとした楽しみですが、これから寒くなるので、室内のほうが良いのかな? 暑いところの植物なので。

SONY BluetoothヘッドフォンMDR-1ABTのイヤーパッドが破れてきたので交換してみた2019年09月15日 07時17分

中古で買って以来1年半愛用している、SONYのBluetoothヘッドフォン、MDR-1ABTですが、中古ですから、それなりに年数は経過しているはずで、右側のイヤーパッドが破れてきてしまったので、パッドを交換することにしました。
ウレタン系のパッドだけに、加水分解しやすいですし、通勤時に毎日使っているので、劣化も早いですね。

MDR-1ABTのイヤーパッドが破れた

調べてみると、SONY純正パッドは、片側だけで2千円程度する上に、意外にもAmazonや楽天で取り扱いがありません。
よって、サード品を選択せざるを得ません。

評判が良かった有線タイプのMDR-1AのBluetooh版という1ABTだけあり、サード製もそこそこあるのかな…と思って検索すると、MDR-1Aと共通部品としているのもあれば、別部品として発売されているものもあり…なんだかよくわかりませんので、MDR-1ABT用と明記されたものの中から、評判が良さそうなものをチョイスしてみました。

Geekriaの互換イヤーパッドを購入

中華製は安かろう悪かろうも今は昔、もちろん物によりますが、かなり品質も高くなっています。
届いたのはこんな感じで、純正と比較して微妙に違いはあるものの、比較しなければ差は余り感じませんね。
というか、差がわかりませんね。

それでは純正イヤーパッドを外します。

イヤーパッドは強く引っ張れば外せます

MDR-1ABTのイヤーパッドは、フレームなどを介さず、単純にヘッドフォン本体の溝にはめ込まれているだけのようです。
なので単純に強めに引っ張ると外れます。
MDR-1Aは、パッドの中にフレームが入っていて、フレームとヘッドフォンユニット側が爪で固定されているようです。
MDR-1Aの派生型のMDR-1ABTですが、細かいところでは違いがあるみたいですね。
やはりMDR-1Aのほうが作りは良いのでしょうね。

GeekriaのイヤーパッドをMDR-1ABTの溝にはめ込む

Geekriaのイヤーパッドを、MDR-1ABTのユニット側にある溝にはめ込んでいきます。
少しコツが要りますね。引っ張りながら溝に押し込む感じです。
うまく入らないときは、やや引っ張り気味に(引っ張りすぎると破ける可能性があるのでご注意)、付属のツール(Amazonの画像では黄色ですが、送られてきた商品に付属のものは青でした)を使って溝に押し込む感じです。

MDR-1ABTのイヤーパッドの取り付け方
↑取り付け向きや付け方など、Amazonに載っている画像の取り付け方が参考になります。

外したイヤーパッドと新しいイヤーパッド

上が外したイヤーパッド、下が新たに装着したGeekriaのイヤーパッドです。
外したパッドは、ヘタってシワが寄ってしまい、剛性感も無くなっています。
ここは定期交換部品ですね。



▼装着感は?

ヘタっていた純正パッドと比べると、やはりしっかり感は出てきますね。
少し当たりは固めですが、使ううちに馴染んでくるでしょう。剛性感もよく、装着感も良いですね。

パッドが変われば音質も変わると言われていますが…あんまり良くわからないです。パッドがヘタって肉厚が薄くなってユニットが近くなるだけでも音質的には変わってくると思いますが、そこまで純正パッドもヘタっているわけではないので。

というわけで、純正品と比較しても遜色ないです。おすすめできますね。
質感も純正と変わりません。Amazonの評価には、純正より劣ると書いたレビューもありましたが、改良が入っているのか、個人的には純正との差を感じませんでした。

五色とうがらしの花2019年09月06日 06時50分

7月の天候不順からの、8月の猛暑を乗り切った、我が家の五色とうがらし。
元々猛暑には強い植物のようで、8月の暑さで一気に成長。
気がつけば葉は大きく成長し、花が咲くように。

五色とうがらしの蕾

かなり小さな蕾です。マイクロニッコールの等倍に近い距離で撮影。

五色とうがらしの花

花も咲いているのですが、皆下を向いているんですよね…

これが一番花の形がわかりやすかったかな?
タイムラプスで咲く瞬間を撮りたいけど、難しそうだなぁ。

SANWAのソーラーテスターPS-8の電源が入らなくなったので電池交換してみた2019年08月28日 06時35分

Yamaroが中学生くらいの頃、親父からもらったSANWAのソーラーテスタPS-8。現在は後継のPS-8aが販売されていますが、基本的には大きく変わるところはなく、ロングセラー商品です。

ソーラーパネルで充電して使用するテスタですが、もらってから四半世紀、最近は1日充電しても、すぐ電池切れし、とうとう電源が入らなくなってしまいました。
流石に25年も使えば寿命ですね。いやよく持ったほうです。

というわけで、分解してみました。
ネジ2本で留まっているだけのシンプル設計です。

分解するとVARTA30DKが2個入っていた

よく見ると、ボタン電池らしきものが2個入っているのがわかります。
PS-8の場合、ソーラー発電なので、このボタン電池は二次電池、つまり充電電池となっています。
型式はVARTA30DKという、見慣れないものです。

VARTA30DKは1個が少し液漏れ

電池を外してみると、左側のは液漏れしたようです。ただ漏れはひどくはないので、基板側の接点を清掃すれば問題なさそうです。

調べてみると、SANWAのHPにニッカド電池であること、そして現在は製造中止になっていて、代替のニッケル水素電池V40Hが購入可能であることがわかりました。
こんな古い製品をサポートしてくれるとはありがたい。まあ現行品のPS-8aがこれを使用しているからでしょうけど。

ただ、購入が郵便切手か現金書留で…というのは面倒です。

そこでお得意のAmazonで検索しますが…引っかからない。特殊な電池だからか?
しかし、似たようなものが引っかかりました。

GP40BVH
自転車のソーラーテールランプに使われているようです。
確かに形状は似ています。しかし型番が違います。40BVHという型番のようです。

調べるとV40H、GP40BVH、40BVHは互換品番ということがわかりました。

これで改めて検索すると…

ビックカメラヨドバシカメラでも購入可能なのがわかりました。しかも送料無料で、Amazonより安い。
というわけで、今回はビックカメラさんをチョイス。なんと午前中に発注すれば、夜までには届く!
ヨドバシもすごいが、ビックカメラも負けていないですね。

でもって、夜に届きました! ビックカメラやるなぁ。しかもヨドバシだとマンションのポストに入れて終了のサイズですが、ちゃんと玄関まで持ってきてくれました。

GP40BVH(V40H互換)

パッケージの通り、自転車用の部品と言う扱いです。

VARTA30DKとGP40BVHとの比較

上2つが、元々ついていたVARTA30DK、下が購入したGP40BVHです。
微妙に形状が違います、上はプラス側にフランジがついていますが、下は一般的なSR-44/LR-44ボタン電池と同じ形状です。
果たして装着できるか?

GP40BVHをPS-8に装着

装着できました! フランジは付いていませんが、径は問題ないようです。

PS-8の電源入った

PS-8の電源入りました。ホコリだらけでキッタナイですね。清掃しないと。
これでまた電圧測定できます。もうちょっといいテスタもほしいのですが、結局図るのは電圧だし、必要十分な性能ですしね。

トミカなのに戦闘機!? 航空自衛隊F-35A2019年05月09日 06時34分

結構前なのですが、後輩からトミカをいただきました。しかも、トミカなのに車じゃないんです。

トミカ 航空自衛隊F-35A戦闘機

トミカプレミアムから発売されている航空自衛隊F-35A戦闘機です。大人トミカですね(笑
ご覧の通り、簡単な組み立て式になっています。
パーツ自体は、ボディが亜鉛合金で、それにプラ(ABS/PVC)を使用しており、見た目以上にずしりと重いです。

この値段なら文句ないディテール

ディテールは、もちろん精巧なプラモと比べてはいけませんが、トミカとして考えるなら、文句ないレベルでしょう。
本物よりステルス性には劣りそうですが(笑

F-35A(89-8706)

機体番号は89-8706で、三菱重工のFACOでの組立2号機です。
先日、事故で墜落したのは、FACOでの組立1号機であった705号機だったようです。
706号機が、その退役の日まで(多分数十年は使用されるであろうから、Yamaroは生きていないでしょう)無事であることを願います。