最後のSANYO eneloop2015年08月24日 00時03分

昨日の夜中にAmazonに注文したら、その日の午後には届きました。早いですねぇ。

SANYO最後のeneloop ディズニーバージョンとブラウンの替え刃

左はお馴染みeneloopですが、現行のセンスのないPanasonicロゴがデカデカ入ったものではなく、eneloopロゴが大きい、SANYOパッケージの末期のものと思われます。しかも、ディズニー110周年記念モデルです。
製造は2012年3月で、5年後も残量70%を保持するeneloopなので、この程度の古さは心配ないでしょう。
現行品は繰り返し充電回数2100回ですが、こちらは旧製品となるため、1800回となっています。

ブラウンは、もう9年ものの髭剃りの替え刃を買いました。交換4回目かな。
まだバッテリも劣化せず普通に使えていますが、外装がボロっちくなってきているので、この替え刃が最後になるかな。

ディズニーキャラクターの入ったeneloop

今回買ったeneloop、単に商品パッケージがディズニーというだけでなく、電池そのものもディズニーキャラクター入り(しかも1本1本違う)で、その横にeneloopロゴが入っています。
もうPanasonicロゴデカデカのeneloopしか買えないと思っていたので、コイツが買えてラッキーでした。
この外装なら、カメラ用としてひと目で分かります。

Nikon D300のバッテリーグリップMB-D10用に買ったeneloop、考えてみればもう8年近く使っていて、そろそろ劣化し始めたか、最近持ちが悪くなってきていたので、その代替となります。

これで我が家のeneloopは、まだまだSANYO時代のeneloopロゴ全面出し版のみです。
次買うまでにPanasonicさん、ぜひ昔の外装に戻してくださいね!