D300でSIGMA 150-600mm Sportsを試す2015年07月01日 23時58分

新宿のタクシーを激写
データ:Nikon D300 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports Aモード(f/8 1/1250) 600mm RAW現像


先日ニコンプラザ新宿でD810をセンサクリーニングに預けている間、点検から戻ったSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM SportsをD300に取り付けて撮影。

D300は現在専ら自宅での物撮りメインで使っているので、久々に外に持ちだした。

D810と比べるとシャッター音が大きく、いかにも撮影しているといったフィーリングで、もはや古い機種となったが、使い勝手は今でも悪くないし、シャッターレスポンスも良好。
やはり、このボディで新しいセンサを積んだ機種があってもいいかなと思う。

それはともかく、新宿の街真ん中で150-600mmを使うのも気がひけるのだが、やまろもイイ歳なので、最近はそういう単は気にしなくなってきたわけで(笑
仕事で撮っています何か?的な雰囲気を醸し出せばよいのである(笑


絞りはF8、望遠端600mm、DXフォーマットなので換算900mmであるが、さすがにここまで速いシャッタースピードだと、ブレもなく撮れていますね。戦闘機と違って公道を走るクルマなら楽勝です。

明らかに、中華製保護フィルタを付けている時より解像度がしっかり出ています。
これなら何の不満もありませんね。

安物買いの銭失いをしてしまった中華製フィルタの件、Twitterにもアップしたら、それなりに大きな反響がありました。
https://twitter.com/Noct_Nikkor/status/615544248868298752/photo/1

なかなか安物フィルタと効果なフィルタとの比較って出来ないですからね。
特に、今回のケースは、150-600mmというズーム倍率が高く、かつフィルタ径も大きい、レンズ自体の解像度もあるため、ここまで差が出たと思います。

早くD810でも撮りたいのですが、しばらく梅雨で天気良くないんですよね…

ついに標準ズームも電磁絞り化 AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR2015年07月02日 23時42分

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_dx_nikkor_16-80mm_f28-4e_ed_vr/


Nikonから新しいFマウントレンズが発表されましたね。
FLレンズ搭載で大幅に軽量化されたゴーヨン、ロクヨンは、既にかなり前から噂がありましたし、買えるレンズでもないので、ここでは割愛

一番注目しているのは、DXレンズ初採用のナノクリスタルコート搭載、標準ズームではこれまた初採用の電磁絞り、広角側がf/2.8からと明るく、ソコソコな「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」でしょう。


●DXフォーマットレンズ初のナノクリスタルコート搭載

近年発売されるFXレンズでは、安価なものを除いて多く採用されているナノクリスタルコート。
ここ最近のDXレンズは、高倍率ズームが多く、コスト面からナノクリスタルコートは見送られているようでしたが、やっと本レンズで採用です。
1 NIKKORより遅い採用でしたね。


●標準ズーム初採用の電磁絞り

これまで、望遠レンズとPC-Eレンズのみで採用されていた電磁絞りを、今回初めて標準ズームで採用。
Nikonは電磁絞りについては、高速連写時に機械絞りでは、大型の望遠レンズほど機械的制御が難しく、露出にばらつきが出るため、絞り機構がカメラより遠くなる望遠レンズで採用した、としています。
標準ズームで、高速連写するシチュエーションは少なそうですし、絞り自体もカメラボディからそう遠くないので、機械的動作によるデメリットはそう多くないはずです。
それでも採用したということは…
巷ではD300S後継機が出るから、という噂もありますし、将来のミラーレス機でも、マウントアダプタとの親和性が高い、という話もあります。

一部の古いデジタル一眼レフでは使用できませんが、ここ7,8年の機種ではほぼ使用可能なので、実害はないでしょう。

今後発売されるレンズは、電磁絞りのEタイプ化が進みそうです。

レンズは資産、でもボディは新しいものを使ってね、というのが今のNikonのスタンスのようです。
絞りリングがないとか、もはや慣れっこになってしまい、かつてほど絞りリングに固執することもなくなりました。
何なら中古市場には、まだたくさんの絞りリング付きレンズが有りますしね。


●ちょこっと明るいf/2.8-4

このスペック、APS-CフォーマットだとSIGMAの17-70mmが定番ですが、ついにDX NIKKORでも採用です。
個人的に、フィルム時代にSIGMAの28-70mm f/2.8-4を使っていて、コンパクトで使い勝手が良かったんですよね。
Nikonにも、フィルム時代から放置プレイの「AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF」がありますが、あれも最新設計でリニューアルすればいいのに、と思います。

このレンズ、DXフォーマットがメイン機であれば買いのレンズですね。
個人的にも、D300用に、AFが遅いTamron SP 17-50mm f/2.8 VC DiIIから買い換えたいですが、さすがにD300は今はメイン機ではないので、そこまでは投資できないですけどね。


今このタイミングでこのレンズが出ることは、D300S後継機の開発も進んでいるかもしれませんね。

ASUS U24AのHDDをSSD(SanDisk Ultra II)に改装する2015年07月03日 23時59分

今日は仕事が休みだったのですが、雨なので撮影には行かず、午前中はお家でネットサーフィン。
そろそろノートPCもSSDにしたいなぁと色々検索してチョイスしたのが、SanDiskのUltra II 480GB。お値段もこの容量では安い部類ですし、速度もそこそこということで、サブPC用途としては問題無いでしょう。

いやぁ、ヨドバシさん、早いです。今日の午前中に注文して、その日の夜届くんですから。

SanDisk Ultra II 480GB

もとのHDDは、SeagateのMomentus XT 750GB、いわゆるハイブリッドHDDで、今回のSSD化で容量は減りますが、HDD目いっぱいにデータが入っているわけではないので、480GBでも収まります。

EaseUS Todo Backup Freeでクローン作成

HDD/SSDのクローン作成ソフトとしては高性能かつメジャーな、EaseUS Todo Backup Freeを使って、USB接続したSSDにクローンを作成中。
EaseUS Todo Backup Free、以前使った時よりバージョンが新しくなって、かなり進化していますね。
以前は隠しパーティションはうまくコピーできませんでしたが、今回使ったVer8.5.0.0では、複数のパーティションを問題なくクローン作成できました。容量が減った分は、Dドライブの割り当てを自動で削減しています。フリーソフトなのに、素晴らしいですね。

複製は小一時間で完了。あとはHDDをSSDに交換しますが、その作業は割愛。
PCを起動すると、最初の起動はやたら遅くて不安になりましたが、再起動後は速くなりました。ただ、前のハイブリッドHDDと比べて、劇的に速くなったという印象はありません。
元々ハイブリッドHDDは、よく読み込まれるファイルを、8GBのSLCに書き込むことで、体感速度を向上させています。
起動については、SLCから読み込まれていると思われるので、体感速度はSSDに改装しても、それほど変わらないということですね。
ただ、SSDは無音ですから、明らかに起動時の音が静かになりました。

では例によってベンチマークを。

●SanDisk Ultra II 480GB
SanDisk Ultra II 480GBの速度ベンチ

●Seagate Momentus XT ST750LX003
Seagate Momentus XT ST750LX003の速度ベンチ

Seagateは、ASUS U24Aに搭載時に計測のものを再掲載です。

さすが新しいSSD、安価ですがReadは557.3MB/sをマーク。これは、パッケージ記載の550MB/sを超えており、さすがSanDiskです。CFやSDカードでも、ほぼカタログ値通りの速度が出るSanDisk、信頼できるメーカーですね。
Writeは392.7MB/sと、これは公称値500MB/sには届きませんでしたが、十分速いと言えます。
この数値は、メインPCで使用している、東芝の256MB SSDを超える数値です。SSDも進化していますね。

SeagateのハイブリッドHDDも、2年半前の2.5インチHDDとしては悪くない数値ですが、さすがにSSDと比べちゃいけないですね。

購入から2年半のASUS U24A、とりあえず目標のSSD化を完了し、次はCPU改装かな? もっとも、今のところはCore i5- 3210Mで不満無いですけどね。

銀座の中華料理屋にて2015年07月04日 23時59分

待合室のソファー
データ:Nikon 1 V1 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 Aモード(f/1.8 1/30)-1.0 ISO640 RAW現像


昨日妻といった銀座の中華料理屋。
銀座だけあって?何だか想像している中華料理屋より豪華。
バーカウンターがあったり、フカフカソファーも待合室があったり、バブリーな感じでした。
ま、行ったのがランチだったので、1280円とか、その辺りのセットメニューでしたが、とても夜普通に行ける感じではないなぁ。

モエ・エ・シャンドンをグラスで頼めて、お値段1300円也。中華料理屋なのにね。

写真は、その豪華中華料理店の待合室のソファー。

ちなみに食事写真は撮らなかったけど、麻辣担々麺頼んで、味はまあまあ、白飯が一番美味しかったな(笑

Fijifilmのカメラの色の出方っていいなぁ2015年07月06日 00時59分

サンフランシスコ港から
データ:Fujifilm F200EXR + FUJINON 6.4-32mm f3.3-5.1 EXR DRモード(f9 1/180) 6.4mm ISO100


2009年にアメリカ出張した時のオフの日に、サンフランシスコ港を観光した時の写真。
当時ブログに上げた写真の再掲載ですが、いま見ても、FijifilmのF200EXRで撮った画像っていいんです。

AWBが青っぽいのがこの機種の欠点、かつ普通のコンデジなので、設定できる項目が限られる、RAW撮影できないのが不満でしたが、AFもレスポンスよく、特に色の出方は、フィルムで大昔から色を扱ってきたメーカーだけありました。
AWBさえまともだったら、RAWで撮れなくてもいいんですが、この機種はAWBで撮るとあまりに青に色が転び、マニュアルプリセットで何とかまともになりますが、それは面倒ですしね。
ファームウェア更新で青っぽさは幾分軽減したものの、最後まで青っぽさはよくも悪くもこのカメラの特徴でした。

結局、普通のコンデジ過ぎて、撮影時の楽しさがなく手放しましたが、今でもこの色は好きです。

なので、次コンパクトなカメラを買うとしたら、またFujifilmは選択肢に入れたいですね。
X30辺りがいいですね。

次期Civic TypeRが今秋日本でも発売だけど…2015年07月07日 23時47分

Civic TypeR 2015
https://www.facebook.com/hondauk/photos/a.428649257438.204226.133603052438/10153511913212439/

Honda UKのFacebookのページで、Civic TypeRが英国のスウィンドン工場から日本に送られ、ショールームでお披露目される(意訳)と発表しています。

日本でも今秋発売予定と、日本のHondaのFacebookにも掲載されました。


でもね、こんな高価な車、いくらFF最速だったとしても、その値段じゃ買えませんわ。

Civicって、本来大衆車で、手に届く値段で速い車だった歴代TypeRからすれば、今回のモデルは600万円近い値段と言われていて、これなら日本ならWRX Stiのほうが安価、海外に目を向けても、海外のスポーツハッチが色々選択肢に入る値段です。

これが、300万円くらいで、Siのようなそこそこ速いグレードがベースで、それでTypeRもある、というならいいのですが。

個人的には、もっと落ち着いた外観にした、300万円くらいのSi、馬力はせいぜい220~240psで、街乗りでも楽しいエンジン特性にして欲しいです。

FF最速モデルなんてのは、限定モデルでやってくれればよく、一般向けにはもっと手の届く値段にしてくれないと。
その前に、Civicを日本でも復活してくれませんかね?


久々の車ネタでしたが、いつか東京を出て栃木に戻った時に、買える値段の楽しい車を出していて欲しいですよホント。

DELL XPS M1210のHDDを750GBに改装しようとしたが…2015年07月09日 02時00分

XPS M1210のHDDを750GBに改装しようとしたが…

9年もののノートPC、DELL XPS M1210。
これまでCPUをCeleron MからCore2 Duo T7200に、メモリは512MBから4GBに、無線LANを11n化、HDDは160GB→ハイブリッドHDD 500GBとあちこち改装しながら使っています。
今は妻のPCになっていますが、特に買い替えは考えていないようで。

なので、先日、自分のサブノートPCをSSD化した際に外した、SeagateのハイブリッドHDD(750GB)に改装しようと、例によってEaseUS ToDo Backupを使ってクローン作成したのですが…。

うまくいかないです。
クローンの750GBのHDDを取り付けても、ブートレコードがないと言われてしまいます。
USB-HDDケースにつないでみると、きちんとクローンは作成されているのですが。

元のHDDもGPTでインストールしているわけではないはずなので、別の方法を検討しますか。

アートなオブジェを絞り開放で2015年07月09日 23時58分

川口市立アートギャラリーから
データ:Nikon 1 V1 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 Aモード(f/1.8 1/13000)RAW現像


最近よく行くアリオ川口のお隣にある、川口市立アートギャラリーの横にあるオブジェ。

撮ろうとしたら、シャッタースピードの表示が点滅。
そう、絞り開放f/1.8では、Nikon 1 V1のメカニカルシャッターの最高速1/4000秒でも明るすぎるらしい。
幸いというか、Nikon 1のVシリーズは、メカニカルシャッターとエレクトリカル(電子)シャッターを切り替えられるので、すぐにエレクトリカルシャッターに切り替えて撮影した。

この時のシャッタースピードは1/13000秒。中上級一眼レフでは、1/8000秒が限界だけど、エレクトリカルシャッターだと、V1は1/16000秒まで可能。

高速シャッターはめったに使わないけど、やはりこういうシチュエーションでの絞り開放には必要ですね。


今回はRAW現像はCapture NX-Dを使用。
この手の絵ではお決まりなモノクロ化をし、コントラストを若干下げた後、明瞭度を少し上げています。

V1なので従来のCapture NX2も使えますが、最近明瞭度を調整するのがお気に入りで、Caputure NX-Dを使う機会が増えました。もう少し動作がキビキビして、ゴミ取り機能が付けばいいのですが。

改めてVanguard Skyborne49の使い勝手を2015年07月10日 23時58分

Vanguard Skyborne49 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HMS Sports

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HMS Sportsが点検から上がり、やっとこさVanguard Skyborne49に収納して、何度か撮影に行ったので、その感想を。

まず収納力に関しては、150-600mm Sporstを入れると、かなりすぺーすをくってしまい、他に入るレンズはAF-S 70-200mm f/2.8G ED VRIIに尿順ズームまたは広角ズーム1本がせいぜいです。

ただ、それ以外に蓋の部分の大型ポケットにノートPCが入る構造なので、そこにテレコンバーターや小型の単焦点レンズであれば収納可能です。

写真の構成+蓋の部分にレンズ2本入れて背負うと、かなり肩に来ますね。
もう一回り大きいSkyborne53を買っても良かったのですが、収納が大きい分さらに重くなるので、ある程度妥協してSkyborne49は良い落とし所かもしれません。

横のポケットにはペットボトルも入りますし、バッテリ類や一脚、三脚も括りつけられるので、汎用性が高いです。
加えて、Vanguardらしい頑丈さも建材で、ここは安いリュックとは違います。


というわけで、あまりレビューのないSkyborne49の使い方としては、望遠レンズが70-200mm f/2.8クラスであれば、他の広角~標準レンズ数本は十分収納可能。
同じSIGMAでも、150-600mm ContemporaryやTamronの同クラスレンズなら、全長が短い分もう少しゆとりがあるでしょう。

150-600mm Sportsになると、写真の通りレンズが太いので余裕は全くありません。

150-600mmをメインに、70-200mmともう1本持つ分には調度よいでしょう。

これ以上は持ち運ぶのが疲れてしまいます。
このくらいが丁度良いのかもしれませんね。

加茂錦 越後仕込 微濾過酒 純米吟醸2015年07月12日 03時07分

加茂錦 越後仕込 微濾過酒 純米吟醸

よく行く、やたら酒が充実しているスーパーで買った1本。
このところ日本酒を飲んでいなくて、新規開拓です。
純米吟醸で千円程度なので、割とリーズナブル。

前から気になっていた、袋に入ったパッケージの微濾過酒。
無濾過の酒は好きですが、微濾過ってのは案外見ないですね。

買ってきて冷蔵庫に入れたのですが、十分冷えていない状態で飲んでみました。
あまり冷えていない状態では、なかなか米の味がしっかりしています。日本酒度は+3でやや辛口ですが、米の甘みとふくよかさを感じます。
生酒ではないので、微濾過でありながらフレッシュな感じはなく、ふくよかさを感じます。

完全に冷にして飲むとどうなるか楽しみです。
日本酒は温度で印象がガラリと変わるのも楽しいです。

http://kamonishiki.com/

ところでこの新潟のこの加茂錦酒造、製品情報がHPには詳しく出ていないんですね。どういうラインナップなのか気になります。