GITZO フルードジンバル雲台GHFG1を導入2019年06月14日 06時21分

人生初GITZOです。

GITZO フルードジンバル雲台 GHFG1

おおっ、GITZOだ。メイドイン イタリィですぜ旦那。

GITZO(ジッツオ)と言えば、頑丈な三脚の代表メーカー、特に大型のカメラ、望遠レンズユーザーは皆さんGITZOですね。
で、今回買ったのは、三脚ではなく、フルードジンバル雲台です。

ジンバル雲台は、ここ10年で望遠レンズ界でメジャーとなってきた雲台で、前後バランスを取ることで、重量級レンズとボディでも指一本で動かせるため、特にバードウォッチャーに人気ですね。

GITZOのこのフルードジンバル雲台は、その名称の通りフルード(オイル機構)を搭載した唯一のジンバル雲台で、なめらかな動作が可能ということで、スチル撮影のみならず、動画撮影にも威力を発揮します。
子供の運動会やお遊戯回、ずっと自由雲台や3ウェイ雲台で撮っていましたが、これらは当然スチル用なので、動画のように自然なパンやチルトができず、ガクガクになってしまいます。
これではイカンと思い、今年は雲台を追加してみた次第。

動画撮影にはビデオ雲台もあり、かなり迷ったのですが、まともなビデオ雲台は10万円を超えてしまいますし、かと言って安いものはそれなりです。またビデオ雲台は、構造上かなり大型で重いのが難点です。
それに比べると、ジンバル雲台は構造が単純で比較的軽量、ものによっては分解してコンパクトにできます(現場で分解できるかは別として)。

超望遠レンズ対応だけに大きい

GITZOのジンバル雲台は、他メーカーと違って、デザインが無骨でなくおしゃれですね。
その代わり、ジンバル雲台としては重い部類には入ります。

ジンバル雲台の欠点…と言ってよいのかわかりませんが、取り付ける相手が中型以上の三脚座付き望遠レンズ、またはフィールドスコープで、スチルカメラだと、カメラボディそのものを直接載せることはできません。雲台のアームに当たってしまいます。
L字プレートなど、何かしら経由で載せられなくはないですが。
したがって、標準レンズでボディを直接、となると、ビデオ雲台のほうが適しています。

パン棒付き

取り外し式のパン棒が付属しているので、動画撮影にも役立ちます。写真と逆側にもパン棒は取付可能です。
まだ三脚に取り付けてお試しはできていません。今週末にでもテストしたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2019/06/14/9086600/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。