Xperia XZ(SO-01J)のUSB端子が陥没したので修理に出した2019年05月07日 06時28分

GW期間中に、手持ちのスマホ、SONY Xperia XZ(SO-01J)のUSB端子に違和感を感じました。
まず、USB Type C端子にいつもの充電用ケーブルを差し込んでも、クリック感がない。
ケーブルを変えても、クリック感があまりない、更に違うものを使ってもクリック感どころか、抜けてしまう。

このままでは充電できなくなってしまう…

Xperia XZのUSB Type C端子が陥没

よく見てみても、端子自体が壊れているようには見えない…

Xperia XZから採用し、Thunderboltなど今や標準的になりつつあるUSB Type C端子ですが、構造的にはどんなものかと調べてみました。

USB Type C端子の構造
http://makoro.hatenablog.jp/entry/2017/06/23/123257 ※画像引用させていただきました

USB Type C端子は、複数並んだ接点の左右に爪がかかることで、ケーブルを固定させる構造です。
構造的には、あまり強度はなさそうですね。ケーブルのコネクタによって、把持強度が変わるのも納得です。

今回、ケーブルを複数交換してみても、クリック感を感じないということは、ケーブル側の端子が問題ではなく、スマホ側に問題あり、ということになります。

一番上の写真を見てもはっきりわかりませんが、ケーブル側の爪を受ける、スマホ側端子のくぼみは問題なさそうに見えました。
ということは、USB端子自体が陥没している可能性があります。
つまり、端子が陥没し奥に入ってしまったことで、ケーブル側コネクタがしっかり差込できていないことになります。


自分で修理するのは、メインスマホである以上リスクが高く、すぐに修理したいので、ここは素直にプロにおまかせすることにしました。
今回は、スマホ修理王というところに修理に出しに行きました。
とあるビルの一室の小さな部屋に、従業員1人で修理対応しているようでした。ほぼ中国人しかいないビル…さすが池袋(笑
修理担当の方は日本人でした。

修理結果は、スマホ内部のUSB端子を保持するプラスチックパーツの破損で、それを交換したとのこと。
USBケーブル差込時はゆっくりと、負荷がかからないようにとのことでした。

Xperia XZはシリーズで初めてUSB Type C端子を採用した機種なので、このあたりの構造がこなれていないのかもしれません。
どうしても負荷がかかりやすいので、負荷がかからないように使っていくしかありませんね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2019/05/07/9069439/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。