Panasonic GX7MarkIIがお値打ち価格に2019年02月06日 06時41分

普段持ちカメラとして、Twitterのフォロワーさんから安く譲っていただいた、Panasonic LUMIX GX7 MarkIIも導入から1年以上経過。すでに後継機のMarkIIIが登場していますが、大きな変化点はないことから、市場価格が下がりつつあるMarkIIはお買い得なカメラとなっています。

さて、メインカメラはフルサイズのNikon D850やD810ユーザーですが、普段持ちのスナップにそこまでは不要だったりするので、サブカメラは節操なく買い替えて使っています。
先代のOLYMPUS PEN E-P5でマイクロフォーサーズデビューしましたが、もちろんフルサイズと比べれば、センサが小さいので、高感度が辛いとか、階調表現で劣る場面もあったりもします。
でも、コンパクトなボディと強力な手ぶれ補正は、フルサイズ機では得難いものもあるのも確か。ようは使い分けなんですよね。
なので、同じ条件でドンピシャではまれば、そりゃフルサイズのほうが得られるものも大きいですが、常々持ち歩けるサイズはやっぱりマイクロフォーサーズがギリギリと思います。
APS-Cの優秀なミラーレスボディもありますが、レンズだけはコンパクトに出来ないですからね。

夜スナップ

例えばこれ。
どうです? ISO3200ですが、GX7MK2、割と健闘していると思いますよ。彩度はわざと落としています。感度を上げたから色乗りが悪くなるということではないです。
手ぶれ補正も効くので、もう少し感度を落としても良かったかなと思います。

ハイライトをトリミング

上記画像の等倍切り出し。
こうやって見てしまうと、ハイライト付近の階調が出ていないとか、周辺のノイズとか、ホットピクセルも出ているのがわかるかと思います。
でも、写真はこうやって重箱の隅をつつくだけが楽しみでもないので、これはこれで割り切ればいいんです。

レンズ付きだとこんな感じ↓。(アサブロだと画像が出ない…)


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2019/02/06/9032965/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。