百里基地18/12/14の記録 その22018年12月19日 06時26分

午後は太陽の位置が変わるので、また移動しての撮影。

●F-4EJ改(87-8407)
F-4EJ改(87-8407)

午前中に上がった407号機が帰投。

●春秋航空 A320-200(B-8435)
春秋航空 A320-200(B-8435)

でもってスプリング君離陸。ここからが本番(笑

カエルさんも帰投。

●F-4EJ改(97-8416)
F-4EJ改(97-8416)

●F-4EJ改(77-8395)
F-4EJ改(77-8395)

トリミングしてみると…

F-4EJ改(77-8395)

後席からお手振りいただきました! カメラ目線(笑
気温はかなり寒かったですが、やっぱり滑走路上は寒くても陽炎の影響は出ますね。

続いてウッドペッカーが上がります。

●RF-4E改(57-6909)
RF-4E改(57-6909)

909号機は久々に撮った気がする。
世界的にも希少なRF-4ですが、米軍は保有しなかったE型ともなると、現役使用しているのは、ギリシャやトルコ、イランくらいでしょうか?

●RF-4EJ改(67-6380)
RF-4EJ改(67

RF-4EJ改(67-6380)

午前も上がった380号機、TACポッドなど同じ構成でA/Bを炊いて上がります。なかなか活発ですね。

●RF-4EJ改(77-6397)
RF-4EJ改(77-6397)

午後も早い時間だと光線状態が厳しい…

RF-4EJ改(77-6397)


RF-4EJ改(77-6397)

397号機も、AIM-9LにAN/ALQ-131(V)を搭載しています。センターの偵察ポッドは、望遠レンズを搭載するKS-146Bを内蔵しているLOROPポッドです。1700mm近い焦点距離のレンズを搭載すると言われていますが、フィルム自体が135判より大きいフォーマットを使用するため、135判換算だと、どの程度の焦点距離に相当する画角になるのだろう?

ボーッとしていたら、旅客機らしき機体が降りてくる。
よく見たらKCじゃないか! ボーッとしすぎて着陸する瞬間は見ていませんでした。

●E-767(87-3602)
E-767(87-3602)

B767-200ERがベースの機体なので、そりゃぱっと見旅客機ですね。
写真の通り、元々民間旅客機では窓がある場所は塞がれています。
前方は普通の旅客機のように座席が配列されていて、隊員の輸送にも使われるのですが、窓がないので旅客機ほどの開放感はなさそう。それでも、C-1とかC-130H輸送機とかよりは快適なんでしょうけど。

E-767(87-3602)

百里タワーと垂直尾翼。空中給油プローブの形状も確認できます。部隊マーキングは控えめなサイズですね。

E-767(87-3602)

E-767(87-3602)

隊員の輸送任務だったようで、何名もゾロゾロ降りてきました。

続く…

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2018/12/19/9014158/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。