Leica・Panasonic・SIGMAのアライアンスで混沌とするフルサイズミラーレズ2018年09月26日 06時35分


Lマウントアライアンス
2018年は、カメラ業界の大きな転換期なんでしょうね。
フィルムからデジタルに移行した時以上に、大きなインパクトのある転換期と思われます。

2018年9月25日、かねてから噂されていた、Leica・Panasonic・SIGMAの提携ですが、蓋を開けてみると、Leicaがすでに採用しているフルサイズミラーレスマウント規格のLマウント(L39スクリューマウントではない)を、PanasonicとSIGMAがライセンス提携を結んで採用する、といった内容でした。
恐らくLeicaだけでは、Lマウントの競争力がないから、というのもあるかもしれませんし、Panasonicは新規でマウント開発するのも難しい、SIGMAはNikonやCanonがマウントの情報開示をしないため、これまで以上に開発が難しい、そんな3社の思惑が一致したとも言えます。

LeicaとPanasonicは、デジタルカメラ時代となってから、早くから提携しているのは周知の事実で、光学系・メカ系に強いLeicaと、電装・デジタル処理に強いPanasonicの連携プレーで商品を出していました。
また、実はLeicaはSIGMAともレンズ開発で提携していたこともあり、これまで発売されたLeicaのズームレンズの一部は、SIGMAが設計したと言われています。

Panasonicは、早速新規フルサイズミラーレスボディの開発を発表しました。

Panasonic LUMIX S1R

なかなかかっこよさそうです。
そして、SONYやNikon、Canonでは何かしらが欠けている要素、XQD+SDのダブルスロット、レンズとボディ両方の手ぶれ補正Dual I.S.、4K60pに対応と、なかなかのスペックです。2400万画素のS1と、4700万画素のS1Rの2機種発表は、Nikonと同じ感じですね。
これまでのM4/3のパナ機のように、空間認識のコントラストAFのみでいくのか、像面位相差AFを使うのか、まだ何もわかりませんが、これまでSONY、Nikon、Canonのフルサイズミラーレスがいまいちしっくり来なかっただけあり、なんとなくPanasonicがそこにハマってくれそうな予感です。


SIGMAも、今後SAマウントのカメラは開発せず、Lマウントで行くようなので、フルサイズかAPS-CのFoveonセンサカメラが出るのでしょうね。
そうなると、SIGMAからNikon Zマウント、Canon RFマウントレンズが出るのは微妙そうで、両者向けには従来の一眼レフマウントで出して、後はマウントアダプタでお好きにどうぞ、となるかもしれませんね。

さあレンズメーカーTamron、Tokinaはどう出る!?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2018/09/26/8965178/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。