掃除機の回転ブラシの修理2018年06月27日 06時00分

日曜から下の子供が体調不良、昨日も回復しなかったので、仕事を休んで病院に連れて行ったりしていました。
で、せっかくなので掃除もしていたのですが、掃除機の回転ブラシがギュイ~~~ンとけたたましい音をたてるので、分解してみました。

日立の掃除機のヘッドを分解

日立のCV-SK9という機種ですが、このタイプはヘッドの回転ブラシをモータで回転させていて、ベルトを介して伝達していますが、そのプーリー(写真中央の青い部品)の回転がどうも渋い。

プーリーの回転軸にゴミが…

回転が何故渋いのか…。よく見ると、回転軸に髪の毛が挟まっている様子。本来ここにゴミは入らないはずなんですが、長年使っているとあちこちから侵入するんですね。

部品も探してみました。今はネットでこうした細かい部品も探せて便利なんですが、残念ながら該当なし。
もしかしたら、日立のサービスに問い合わせれば分かるかもしれませんが、少なくともネットで探した限りは、この部品単体は見つけられませんでした。ベルトとか回転ブラシとか、部品単体であるようですが。
かと言ってヘッドそのものは1万円弱します。

仕方ないので、カッターナイフを隙間に入れて、削ぎ落とす作戦に。
といっても、回転軸に絡まった髪の毛は、本来プーリーを分解して軸だけにしないと、完全には綺麗にできません。
ただ、この部品は恐らく圧入されていて、分解は不可能な感じだったため、根気よくカッターナイフでほじくり返しながら、挟まったゴミ(主に髪の毛)を取り除きます。

完全には取れませんでしたが、摺動は軽くなったので、復元。
試運転したら、今までの騒音が嘘のように、静かに高速で回転してくれました。作業冥利に尽きる瞬間ですね。
ただ、交換したほうがもっと滑らかに回るはずなので、部品がないか根気よく探すことにしましょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2018/06/27/8904157/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。