竹下製菓の「フローレット」2018年06月14日 06時33分

竹下製菓の「フローレット」

皆さん、フローレットというお菓子をご存知ですか?

Weblioによると、「卵白またはゼラチン加えて浮かし砂糖水飴の煮詰まったシロップを急激に撹拌しながら徐々に加えスタ-チの型に流し乾燥させたもの。任意の香料等を加えて味付けする。」
とあります。
お盆の時期には、かつては落雁に並んでそれなりにメジャーだったお供え物のお菓子でした。

ちなみにWikipediaにも記載はなく、かなりマイナーなお菓子に感じますが、昔は割とどこのお菓子コーナーにもおいてあったし、100円ショップにも昔は置いてありました。
ここ20年で製造するメーカーがどんどんなくなってしまい、気がつけば売っているお店もほとんどなくなりました。

個人的に好きなんですよね、カリカリしてて甘くて、落雁のように口の中の水分持って行かれる感もないので。
。人工的な甘味料と着色料が、近年敬遠されてマイナーになってしまったのかもしれませんが、世の中そうと思わせないで人工的な甘味料や着色料なんて、多く使われていますからね。


それはともかく、今回はたまたま栃木に行った際のスーパー、ベイシアに置いていまして、買ってきました。ベイシアやるなぁ。
製造は竹下製菓株式会社、主にアイスを中心としたお菓子メーカーで、「ブラックモンブラン」というアイスが主力商品のようです。
ただ、佐賀のメーカーだからか、あまり関東圏や私の地元の函館応りでは、あまり見かけた記憶がないです。

竹下製菓のフローレット、150円と今となっては良心的価格です。他にフローレットを販売するメーカーもいくつかあるようですが、主力製品でもなく、またHPを持たない昔ながらのメーカーも有るため、現在どの程度製造流通しているかは謎です。

Amazonではフローレットの流通なし、楽天で検索するとヒットしましたが、竹下製菓とおかし企画というところの2種類のみです。


売れないから撤退するメーカーが多いのでしょうが、昔ながらのお菓子として、残って欲しいものですねぇ。
何なら自分が作ろうか(笑

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2018/06/14/8893960/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。