EL-NIKKORレンズをFマウントカメラに装着する22018年05月30日 06時33分

M42-FマウントアダプタとM42ヘリコイド

よくわからんブランド名は、恐らくは中華製でしょうが、安価かつ見た目の仕上げも問題なさそうで、恐れ入ります。
ああ、こうして世の中の工業製品は、殆どが中華製になっていくのだろうか…

まずは、マウントアダプタを装着です。

F-M42マウントアダプタを装着

薄いこのマウントアダプタ、ちゃんと装着位置の指針の赤丸も入っています。
ちょいと心配でしたが、問題なく装着できました、取外しも、多少の引っ掛かりはあるものの、外れるので問題ないでしょう。
ボディ側のAIガイドにも当たりません。
精度的には問題なさそうです。

次に、ヘリコイドを装着します。スクリューマウントのM42マウントなので、ねじ込むだけです。
このヘリコイド、12~19mmで光路長を変化できます。7mmの変動幅なので、繰り出し量は極めて少ないです。

↓ヘリコイドを縮めた状態(12mm)
M42ヘリコイド 繰り出し量最短側

↓ヘリコイドを伸ばした状態(19mm)
M42ヘリコイド 繰り出し量最長側

うーん、薄いのでこれしか動かないのね。

今回買ったヘリコイドには、M42→M39(ライカLマウント)に変換するネジも装着されているため、それを外せば、M42マウントレンズも装着可能です。
ただし、世の中にある引き伸ばし機用レンズは、多くがM39なのだそうです。
嬉しいことに、このヘリコイド、リングの回転方向はNikonのレンズのフォーカスリングと同じ方向なので、フォーカスエイドを使ってフォーカシングする際も、ファインダ内のフォーカスの矢印表示の通りにリングを回せば良いです。

M42ヘリコイドを装着

何事もなくヘリコイドが装着できました。双方ともネジ精度に問題はなさそうです。


最後に、EL-NIKKOR 80mm F5.6を装着します。これもねじ込むだけです。
なお、このヘリコイドには、M42→M39(ライカLマウント)への変換アダプタも付属しています。

EL-NIKKOR 80mm F5.6をD810に装着

まずは試しに、PK-11を使わずにフォーカシングできるか見てみましょう。


…あれ、



…あれれ



使えます。普通に使えます。無限遠が出ますし、近接で1.5mまで合います。

中間リング、いらないじゃん(笑

計算では中間リングが必要なはずですが、まあ結果オーライでしょう。

作例はまた次回に。