入間基地航空祭2017ダイジェスト112017年11月19日 07時30分

長々と続けてきた入間基地航空祭の写真も今回でラスト。気がつけば今日は岐阜で航空祭(笑


ブルーインパルスの演目も終わり、やっと最前列の人混みから開放されブラブラしていると…

F-15J(72-8889)

F-15J(72-8889)

F-15J(72-8889)

望遠レンズをバッグにしまって帰ろうかなぁと思っていた矢先、第306飛行隊のF-15J(72-8889)が上がった!
慌ててレンズを出して撮ったので、上手く撮れませんでした。いい上がりだったんだけどなぁ。

続いて三沢第8飛行隊のF-2Aも。

F-2A(

F-2A(43-8528)

F-2A(43-8528)


埼玉県警ヘリ

埼玉県警も頑張っておりました。このあとその高速で上昇しながらバック。

続いて海自のSH-60K(8411)。

SH-60K(8411)

SH-60K(8411)

SH-60K(8411)


AH-1S(73463)も。この機体もあと何年見られるのだろう? AH-64Dは13機に過ぎず、後継機導入の話はもうなく、対戦車ヘリ自体が自衛隊では必要とされなくなってきている?

AH-1S(73463)

AH-1S(73463)


第401飛行隊のC-130H(85-1080)。

C-130H(85-1080)

この機体は、灰色の増槽とは異なる物が搭載されていて、これがヘリへ給油するための、プローブアンドドローグ方式の空中給油ポッドです。なので、KC-130Hと紹介している例もあります。
この改修が行われた空自のC-130Hはこの機体のみだったかな? 希少な機体です。

最後に米空軍が帰投します。

C-12J(86-0081)

通称キングエア、C-12J(86-0081)。パッと見は、民間機ですね。


UH-1N(69-6639)

UH-1N(69-6639)

ツインパックのヒューイ、UH-1N(69-6639)。自衛隊のUH-1Jのようなエンジン1基ではなく、2基搭載でパワフル。
もっとも、自衛隊もUH-1J後継機は、ツインパックのベル412EPベースで富士重工が改良する機体になります。


入間基地航空祭2017 終わり

結局、最後の帰投まで見て、ショップの方は見ることができなかったですね。

オマケ

埼玉県警のインプレッサWRX STI

埼玉県警、気合入ってる!
こちらも展示していたのかな?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2017/11/19/8730526/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。