昭和の風景そのまんまの桐ヶ丘中央商店街を歩く(2)2016年06月26日 23時50分

前回からの続きです。

今度は商店街の中心部に迫ってみます。ただ入ってみただけですけど。

桐ヶ丘中央商店街の中

日曜の午後なのに、この閑散っぷり。たまーに老人が通るくらいです。
なのに、商店街にはスピーカーでずっと音楽が流れていたりします。なんだか無駄ですね。


子育て支援店

現役の米屋さんの前には、子育て支援店の幟が出ていますが、子育て世代はまったくもって見かけません。


ほぼほぼシャッター閉じています

見ての通り、商店街中心部も、ほとんどがシャッターを閉じています。
そんな中、おもちゃ屋が開いていたりしますが…


レトロ遊具

これは動くのか!? 奥のロケット?飛行機?は、料金入れにカバーがついています。というか、よく見たらコンセントがつながっていませんでした。
幼稚園児までと貼り紙されていますが、21世紀も十数年経過した現在、これに乗る奇特な幼稚園児はいないでしょう。
自分が現役幼稚園児だった時代ですら、もう古臭い感じです。現存しているのは奇跡ですね。


レトロゲームとガチャガチャ

裏手にはガチャガチャがありますが、これは現役っぽいです。が、その左側に見えるゲーム機は、もはや昭和の古き良き古典です。昭和40~50年代ですね。奥のゲーム機はコンセントがつながっていませんが、ここに並べているからには、お店の方に言えばコンセント繋いでくれるのかも?
この場所だと雨ざらしなので、晴れている時だけ出してきてる感じですね。


美佳屋

前衛的すぎるフォントの「美佳屋」さんは、もう長いことシャッターを閉じたご様子。自家製和菓子と贈答用洋菓子と書かれていました。
「みかや」ではなく「みよしや」だそうで。


オーム電機

このアングルから見ると、美佳屋の看板には喫茶室とも書かれており、和菓子と洋菓子を売りつつ、喫茶店もやっていたようで、こういうスタイルの洋菓子店は今でもたまに見かけますね。
奥の「オーム電機」は、新し目の軽バンが停まっているので現役っぽく、日曜だったのでお休みなんでしょう。
オーム電機というと、ホームセンターを中心に販売している電機メーカーを思い出しますが、こちらは看板におもいっきり「ナショナルカラーテレビパナカラー/東芝カラーテレビ」と書かれているので、あのオーム電機とは関係ないんでしょうね。
時代は液晶の4Kに突入していますが、ここでは家具調のブラウン管カラーテレビを売っているのかな?


リサイクルショップ裏手

リサイクルショップ裏手。24時間防犯カメラ作動中らしいですが、盗まれるようなものは果たして…。


商品?

これは商品なのか、ゴミなのか。


店舗兼住宅だったっぽい

商店街外側。ここは長屋風に1階は店舗で、2階は住居スタイルのようですが、もはや現役の店舗はほとんどありません。
2階の柵の錆っぷりも半端ないです。


綺麗なお店の三益酒店

現役の店が殆ど無く、あっても古い店が多い中、突如現れた小綺麗なお店。
地酒を扱っているお店のようで、しかも奥にはカウンターがあってお酒が飲めるご様子。昼間から飲む酒の旨さと言ったら!
車で来ていなければ、一杯引っ掛けたいです。こういうお店が近所に欲しいです。


最後にまた共産党ポスター

が、ちょっと行くとまたこんな感じです。
共産党のポスターが、なんとも風景にマッチします。

この昭和な風景も、平成がもう少しで30年を迎える今、いつまで見られるか分かりませんからね。
急に再開発が始まれば、一気に風景が変わりますから。

コメント

_ まつけん ― 2016年06月27日 06時31分10秒

人の少なさが、なんとも言えない感じですね
あんな感じのゲーム機こどもの頃よくやりました。

_ やまろ(管理人) ― 2016年06月27日 21時53分26秒

まつけんさん

ここに比べたら、宇都宮のオリオン通りは十分賑わっていると思います。
僕も子供の頃にかろうじてあったかな、と言ったゲーム機でした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2016/06/26/8119388/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。