つけ麺屋 やすべえ 池袋店に行ってみた2015年11月01日 23時58分

妻と子供が、栃木の妻実家に1週間ほど滞在ということで、今日から次の週末まで1人ぐらし生活です。

東京に戻る電車で、途中池袋に行くので、池袋といえばラーメン、検索して行ってみたお店がこちら。

つけ麺屋 やすべえ 池袋店

つけ麺屋 やすべえ 池袋店です。
駅近で評価の高いつけ麺屋を調べたらこちらでした。

つけ麺中盛

初めてのお店なので、スタンダードなつけ麺を、中盛で。ここは中盛も大盛りも同じ値段です。
更に辛味も無料で付けられますが、これはまた次回ということで。

いわゆる、最近どこにでもあるような濃厚豚骨魚介系とは一線を画す、魚介は程々に、野菜のうまみを出した、やや甘みを感じるスープに、極太麺という、昔ながらのつけ麺スタイルです。
正直、味が薄そうだなとぱっと見て思いましたが、いざ口に運ぶと、確かに味は少し薄めですが、野菜や魚介の旨味がしっかり麺に絡みつき、物足りなさは感じません。メンマとチャーシューが程よくしょっぱいので、少し薄味のスープに合っています。
濃厚系は食べている途中でしつこさで飽きが来てしまうものも多いですが、ここのスープは絶妙。飽きは一切来ませんね。おかげで、中盛でやや多めながらも、最後まで飽きずに食べられました。

テーブルには刻み玉ねぎと、魚粉のトッピングがあり、途中でこれを投入することで、魚粉は適度な苦味を、刻み玉ねぎは野菜の甘味をさらに引き出します。

なかなか絶妙なバランスで、また行きたいと思うお店でした。