AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR発表! SIGMAの150-600mm Sportsとスペック比較2015年08月06日 01時53分

Nikonの超望遠レンズとしては信じられないほど安い、まさに戦略的価格のレンズ、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRが発表されました。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

ナノクリスタルコートは非採用とし、価格を抑えた設計のようで、これまでのNikonにはない流れの望遠レンズです。
200-500mmという焦点距離のレンズは、かつてTamronから発売されていましたが、このレンズはf/5.6通しで、ズーミングにより開放f値が変動しないのが魅力です。
噂では、NikonとTamronの共同開発とも言われており、今回発表のレンズとは光学系や開放f値が違うものの、エンジニアの嗜みでもNikonとTamronが共同で特許を出願した200-500mmが紹介されているので、あながちない話ではなさそうですね。

さてこのレンズ、定価189,000円で、既に販売価格が15万円代前半となっています。
いくらf値の暗い望遠ズームとはいえ、この価格は従来のNikonでは考えられないくらい安く、モータースポーツ、鳥やヒコーキ撮りな方から相当人気が出るでしょう。

このレンズのライバルは、価格的にTamron SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USDやSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryが当てはまると思いますが、ここは今自分が所有しているSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sportsとのスペック比較をしてみましょう。
価格的には、SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sporstは実売20万円弱と高価になり、かつて安物レンズメーカーだったSIGMAも、今や純正と肩を並べるどころか、場合によっては超えるメーカーとなりましたね。

●MTF曲線比較 (SIGMAは波動光学的MTFを掲載)
▼WIDE側(Nikon 200-500mm)
Nikon WIDE側

▼WIDE側(SIGMA 150-600mm Sports)
SIGMA WIDE側

メーカーが違うので、表も異なり(SIGMAは波動光学的MTFを掲載しましたが、SIGMAのHP内の幾何光学的MTFはまた違ったグラフになります)、一概に比較できませんが、ここは明らかにNikonのほうがコントラスト、解像度ともに勝りそうな印象です。特にNikonは、10本/mmのラインがほぼ”1”に引かれていて、安価ながら性能面は良さそうです。30本/mm線も0.9以上の数値がNikonでは出ており、ズーム倍率がSIGMAより欲張っていない分、良好な性能が得られているのかもしれませんね。

ちなみに、SIGMAの150mmでの実写性能は解像度は申し分なく、MTF曲線はあくまで目安でしかありませんので念のため。
前述のとおり、SIGMAのHPにある幾何光学的MTFを見ると、もう少しグラフの数値は良くなります


▼TELE側(Nikon 200-500mm)
Nikon TELE側

▼TELE側(SIGMA 150-600mm Sports)
SIGMA TELE側

面白いことに、NikonもSIGMAも、TELE側のほうがMTF曲線が良好です。この手の望遠ズームは、望遠端側の使用頻度が多いため、このようにTELE側に性能を振った設計は納得がいきます。
Nikonは、安価なレンズにもかかわらず、TELE側でも10本/mmは"1"に近く、30本/mmも良好です。SIGMAも、この手の600mmレンズとしては良好ですが、それにも増してNikonが頑張っています。

SIGMAの150-600mmはなかなか評判の良いレンズで、品薄が続いていますが、Nikonのこの200-500mmの実写性能がSIGMAを上回ることが出来るか楽しみですね。

個人的に、SIGMAの150-600mm Sportsを使っていて気になるのは、OS(手ブレ補正)やAFスピードが今一歩かな、と思うところ。
Nikonの200-500mmは、VRが4.5段分となっており、最近出たサンヨン(AF-S 300mm f/4E PF ED VR)のVRが吸い付くような素晴らしい効きなので期待してしまいます。Sportsモードも有り、流し撮りにも効果的です。
一方AF速度は、実際に使ってみないと何とも言えませんね。
防塵防滴性能は、そもそもNikonはあまりカタログで謳わないので、このレンズでは未知数ですが、実際の防塵防滴性能は大いに気になるところです。

SIGMA 150-600mm Sportsより軽量コンパクトなAF-S 200-500mm、その性能によっては買い替えも…、いや、やっぱり600mmあると結構違うんですよね。悩ましいところです。ただ、純正レンズはやっぱり信頼性が違いますからね。

●スペック比較
   AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM 
 発売年   2015年9月17日   2014年10月24日
 レンズ構成  12群19枚 (EDレンズ3枚)  16群24枚 (EDレンズ3枚)
 開放f値  f/5.6  f/5-6.3
 最小絞り  f32   f22-29
 絞りバネ枚数  9枚(円形絞り)   9枚(円形絞り)
 最短撮影距離  2.2m(ズーム全域)   2.6m
 絞り方式  電磁絞りによる自動絞り   機械連結による自動絞り
 最大撮影倍率  0.22倍  1:5(0.20倍)
 フィルターサイズ  95mm   105mm
 AF動作方式  レンズ内蔵超音波モーター   レンズ内蔵超音波モーター
 手ブレ補正機構  VRII(4.5段 CIPA規格)  OS(補正段数不明)
 質量  2300g(三脚座含む)  2860g
 寸法  108mm(最大径)x267.5mm  121.0mm(最大径)x290.2mm
 フード  HB-71(バヨネット式)  LH1164-01(かぶせ式)

こうして比べると、やはりNikonの200-500mmのライバルは、SIGMAならSportsではなくContemporaryですかね。
大きさも重さも一回り違います。

いずれにしろ、Nikonの200-500mmの実写性能とAF性能は楽しみですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2015/08/06/7725873/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。