NETGEAR ReadyNAS102 RN10200を導入2014年03月03日 23時59分

我が家に設置してあるコレガのNASも導入から4年、中古なので前オーナーの1年分を加算すると5年。
基本的に24時間365日稼働しているのがNASですから、民生機であることを考えると、そろそろ代替時期。

取り付けている2TB HDDも、使用率は8割近く。こちらのHDDも、WDのちょいと不具合が多いGreenシリーズで、今のところ大丈夫ですが、3年近く使用しているので、更新時期ではあります。

そんなわけで、次期NASを検討。NASケース+市販のHDDか、バッファローなどのHDD組込の市販NASのどちらかとなります。
前者は、HDDを自由に選べるのと、値段が安め。
後者は設定も簡単、かつ最近のモデルはDTCP-IP対応なので、テレビなどに録画したデータを移動することも可能。

バッファローのNASと迷いましたが、やはりコストパフォーマンス重視ということで、NASケースにすることに。
が、家庭向けNASケースは、意外と選択肢は少ないんですね。コレガは販売をやめ、QNAPとNetGearという選択肢のようです。
QNAPのNASケースは定評がありますが、若干高め。敷居も高そう。
NetGearは、2ベイケースで1万円台前半とリーズナブルながら、評判も良さげ。ということで、今回はNetGearのReady NAS102(RN10200)に決定。

ところが、いざ買おうとした矢先、それまで最低価格11500円前後だったのが、一気に14800円に値上がってしまいました(汗
消費税増税前の駆け込み需要か? さすがに3千円も上がると萎えます。

それでも、いろいろなショップを検索して、以前何度か購入したことのあるショップが、12000円弱の値付けだったので、在庫がなくなる前に購入を決めました。
HDDは、NAS用に設計されている、WDのREDシリーズ3GB(WD30EFRX)をチョイス。これをRAID1で運用する予定です。

NETGEAR ReadyNAS102とWD30EFRX

HDDは、購入時バルクと書いてあったけど、届いたのは箱入りのリテール品でした。
NASケースは、典型的なNASデザインですね。


2ドライブをネジ無しで取付可能

HDDは2ベイにネジ無しで取付可能。交換も容易で、ここは今まで使っていたCoregaのNASと根本的に違います。


とりあえずCoregaのNASと二段積み

とりあえず、CoregaのNASと二段積み。
隣においてあるUPSと、ReadyNASは、USB接続することで、停電時の自動シャットダウンも可能のようです。

これから環境を構築します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため、管理人のHN(Yamaro)をひらがな3文字で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamaro.asablo.jp/blog/2014/03/03/7236919/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。