レンズ考 新旧AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G VR2011年01月13日 22時43分

f4でもなだらかに綺麗にボケてくれます
データ:Nikon D300 + Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF2 Aモード(f4 1/80) +1.0


新宿っつーのは罪な街でして、知っているだけで中古カメラ店が6店あるわけです。
撮影しつつ全店廻ってみました。

物欲が刺激されるわけです(汗

特に気になったのが、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G VRの新旧レンズ。

旧70-200mmは03年発売。同クラスのレンズでは初めて手ぶれ補正機構VRを搭載したモデルです。
中古価格では既に13万円程度まで下がってきています。

一方、私が今使っているさらに1世代前のAF-S Nikkor 80-200mm f/2.8Dは8~10万円。私が買った時から意外と値落ちしていません。

つまり、今持っているレンズを売却して、数万円でVR付きが手に入るわけです。
結婚式や航空機撮影など、手持ちで使うケースの多いレンズなので、VRは強い味方になるわけです。
絞りリングはなくなるけど、もはやメインで使っているのはD300ですし、F90Xでも使えなくはないですし。


そして現行品のナノクリ搭載の70-200mm f/2.8G VRIIも新品価格で20万円、中古新同品で18万円強、良品最安値で16万円台のものもありました。

ナノクリスタルコートのレンズは非常に評判がいいですし、画質も1歩上を行くそうで。
どうせ買うならVRIIって気持ちが大きい。


うむむむ…。
手持ちのAF-S 80-200mmは画質面で全く不満はなく、むしろ旧70-200mm VRより良いとしてる人もいらっしゃるので、ここは現行VRIIかな。

などどよからぬ妄想をしてしまうわけで、ああ罪作りな街です新宿w