W31SAⅡ後継ケータイ選び2008年01月28日 21時12分

湯西川から
データ:Nikon D300 + AF Nikkor 35mm f2D Aモード(f2 1/20) -0.7 WB:晴天 RAW現像

湯西川から。デジカメには厳しい明暗差の大きい被写体です。14bitRAWでも再現しきれていませんね。ダイナミックレンジは今後のデジカメの改善点の1つでしょう。絞り開放ですが、画面周辺のボケも円形を保っています。コマ収差の少ない、なかなか優秀なレンズです。




さて今使っている携帯W31SAⅡも2年半近く使っているので、そろそろ後継機種を選定せねばと、auショップやら電気屋を見て回ってます。
ポリシーとしては、折りたたみ機種は買わないってことでしょうか。
折りたたみはどうしても片手で開けづらいし、かつてA5401CAを使って手使いづらかったので、それ以来いやなのです。
となると機種がかなり限られてしまうもので、ラインナップにすらない時期もあります。


そんな中まず候補に上がったのがソニーW52S
こちらは「ウォークマン携帯」ってのが売りで、ワンセグはないものの音楽携帯として特化していて、リモコン付きMDR-EX85SL相当のイヤホン、FMトランスミッタ、内蔵メモリ2GB(ATRAC領域は512MB)、ステレオスピーカー内蔵です。古い機種なのでイヤホン代だけを考えてもお得な価格設定。

W31SAのステレオスピーカーは意外と重宝していて、よくFMを聞いてます。なのでW52Sのスピーカーも魅力。内蔵メモリが多いのもいいですね。
欠点は今時ワンセグなし(必要ないといえばないんですが)、microSDカードではATRACが使えないことでしょうか。
音楽はSonicStageを使わなくても入るようで、ソニーのヘビーユーザー以外にはあまり意味がないような。

ところが、年末年始にかけて、出張だの帰省だの忙しく、気づいたときには店頭から消えていると言う事態になりましたorz
正確には昨日某電気屋にはあったのですが、色がピンクしかなく断念。いくらなんでもまもなく28になる独身男がピンクのケータイなど痛すぎますから。


次に白羽の矢が立ったのが東芝W54T
去年の夏前の機種で古いですが、ワンセグなど一通りフル機能が揃っています。FMに加えてデジタルラジオも受信可能など、機能的には最新機種にも劣っていないですね。ワイドVGA液晶、PCサイトビュアーも魅力です。Bluetooth内蔵で、ワイヤレスレシーバーも使えるので音楽ケータイとしても便利ですが、Bluetoothレシーバーは別売りなのが残念。内蔵メモリ1GBとまぁまぁ。
欠点はステレオスピーカーがないことですね。

さてこの機種も古いため、店頭からはほぼ消えてしまっています。なぜかより古いW53Tはまだ一部で残っているようです。
それでも1店舗、地元のあまりカメラを置いていないカメラ屋(笑)で発見しましたが、モックのステンレス外装が見事に凹みでボコボコな状態でして…。
耐久性と考えると普通のプラ外装のほうが有利かなと思いました。よく落とすんで、ボコボコになるのはちょっと困り者です。


そんなこんなで結局保留ですかね。
そんな中、まもなく発売されるサンヨーW54SAもスライド型なのでちょっと注目。デザイン的にW31SAとほぼ同じで、ワイドVGAのIPS液晶にワンセグ付き、さらにBluetoothも搭載です。デザインはシンプル、まあW31SAと同様そっけないともいえます。漆器をイメージしたとかいう外装カラーのネーミングがDQNっぽくてイヤだけど、モックを触ってきた限り悪くはありません。買うなら白でしょうが。もっとも値段も出たばかりなら高いだろうから、夏ごろ値が落ちた時がねらい目でしょうか。
さらに発売はもうちょっと先ですが、ソニーのW61S Cyber-shot、サンヨーW61SAなるものも気になります。これらもスライド型です。


今のところW31SAⅡはバッテリも問題なく、この前買った1GBのメモリがSDオーディオと相性が悪く使えなかった以外は、特に問題ないんですよね。
さてどうしようか。